スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
やるべきことをやったら。。あとは、どうにかなる
2013 / 12 / 26 ( Thu )
9wari1301.jpg
新聞広告でこの表題見ただけで
今自分が一番欲しい言葉だ!…と思って
すぐ本屋に走って買ってしまった。

そうなのよね。。
心配事の9割は妄想なのだ


きのうもけいぼんが38.5℃の高熱を出し
うんうん…唸る中
昨年の事がよみがえり
悪い方悪い方へ考えてしまう。。

ココのトコロずっとそうだ
けいぼんの具合がちょっと悪くなるだけで
一喜一憂して夜も眠れない


この本。。
まだサワリしか読んでいないけれど…

<<<<<<<<<<<<<<<<

世の中には自分ではどうにもならないことがある。
その自分ではどうにもならないことは、
そのまま、あるがままに受け入れる。
じたばたしようが、しまいが、それしかない。

病気になってしまったと悔やんでみたところで
病気になったという現実はくつがえらない
そればかりか、自分を責めたり、嘆いたりすることで
気持ちはどんどん後ろ向きになる。

心を向けるべきはそこではなく、
「どうにかなる」ことのほう
(一部抜粋)
<<<<<<<<<<<<<<<<


あぁ、ホントにそう
じたばたしようが、しまいが現実は変わらない
受け入れるしかない。。

そして。。
どうにかなるのだ


昨夜けいぼんが熱を出しながらも
ココを読んでこの言葉が
心にストンと落ちたら
何か心が軽くなって…
けいぼんへのケアを
やることだけやったら
ぐっすり眠れた。。


著者の枡野俊明氏は
禅宗のお坊さんで美大の先生
そして「庭園デザイナー」でもある
ちょっと変わった経歴を持つ素敵な先生ね

スポンサーサイト
20 : 55 : 50 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パラパラ漫画
2011 / 06 / 06 ( Mon )
金曜夕方。。
歯医者で神経を抜き、久々の歯痛

土曜日のあきぼんの運動会に
今年もまた行けなかったぁ
担任の先生とも相談して
駐車場の確保やらしてもらって
けいぼんも連れて行く計画で進んでいたのに。。

勤務の変更やら…ヘルパーさんの曜日変更やら…
お友だちのお母さんにも手伝ってもらう予定で…
いろいろ手配してて。。

出来ないと…ガックシ~ぃ

と。。
本屋でこんなモノが~ぁ
パラパラ漫画『うさみみ』

これ…何度も見てたら
何だか癒されたぁ
06 : 08 : 52 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
じいさん・ばあさんの愛しかた
2009 / 12 / 02 ( Wed )
老人介護『じいさん・ばあさんの愛しかた』
三好春樹 著
jijibabanoaisikata1.jpg
これは。。笑えます~すよォ!!
私。。珍しく本読みながらゲラゲラ大笑いしちゃった!!

三好春樹さんのお人柄のせいもあるけど・・
介護の場面で。。
愛すべき「じいさん・ばあさん」三好さんとの
面白おかしく心温まるエピソードがたくさん描かれている!

ご存知に方も多いと思うが・・
三好春樹さんは、もともとは特別養護老人ホームで生活指導員をされていたが、
31歳で学校に入りなおして、理学療法士の資格を取得
介護の世界では・・知らない人がいないくらい有名な方で、各地で講演活動もされている。

この本は専門書ではなく・・
一般の方が読んでも十分楽しめるので
ご興味のある方はぜひ読んでみてくださいネ!!
15 : 19 : 30 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エディットピアフ ~愛の讃歌~
2009 / 01 / 04 ( Sun )
本日。。お昼にぃ~~!!
なな~んと!

2007年秋上映されて。。
footaさんがぁ~映画館で小タオル噛みしめて号泣しちゃったぁ・・
あの映画「エディットピアフ ~愛の讃歌~」
テレビ東京「新春シネマスペシャル」で放映されますよぉ~!!

「エディットピアフ ~愛の讃歌~」
2009年1月4日(日) 午後1時25分~午後4時00分



***************************************************
数多くの名曲で知られるフランスの偉大なシャンソン歌手、
エディット・ピアフの波乱万丈な生涯を描いた感動の伝記ドラマ。
(2007年/フランス・イギリス・チェコ)


貧しく孤独な子ども時代から47歳で死に至るまで愛を歌い続けたエディット・ピアフの人生を、
オリヴィエ・ダアン監督がドラマチックな映画に仕上げた。
20歳から晩年までのピアフを全身全霊をかけて表現したマリオン・コティヤールの演技は
各方面から絶賛され、アカデミー賞主演女優賞をはじめ数々の映画賞を獲得した。

出演者
マリオン・コティヤール、シルヴィー・テステュー、パスカル・グレゴリー、
エマニュエル・セニエ、ジャン=ポール・ルーヴ
続きを読む
09 : 04 : 54 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オドレイ・トトゥ
2008 / 01 / 26 ( Sat )
先日映画『アメリ』関連ののYou Tube動画載せましたが・・
pict9.jpg
んん~。。やっぱカワイイ!
http://www.albatros-film.com/movie/amelie/
コチラで映画『アメリ』でのアコーディオン音色も聴けます。

そいでもってぇ~~。。
この間、『ダ・ヴィンチ・コード』のDVD借りて観てたら・・
アメリ役「オドレイ・トトゥ」が出ててビックリ~~!!
雰囲気ぜんぜん違うんで・・わからんかったぁ。。
20060525000ec00000viewrsz150x.jpg
16 : 07 : 31 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
無印良品CD「BGM12」
2007 / 12 / 09 ( Sun )
200712032056292.jpg

xyzさん、ピノさんの情報をもとに・・またまたfoohtaさん突っ走ってしまいました。
といってもチョッとそこまで、西友無印良品。。。

いやいやぁ~。。さっそく買ってきてしまいましたぁ!
無印良品CD「BGM12」・・よいですわwwwww!!

パリの代表的な音楽、ミュゼット。地元のミュージシャンによる現地録音。

【収録曲目】
1.Le Denicheur
2.Fascinaition
3.Reproche
4.Excentrique
5.Frou Frou
6.Les Yeux Noirs
7.Musette
8.Je Te Veux
9.Plaisir D'Amour
10.Je Cherche Apres Titine
11.Les Deux Guitares
12.Les Triolets
13.La Valse Brune


天候の変わりやすい季節の2007年9月中旬、パリは若き日のエディット・ピアフが路上で歌っていたという第20区メニルモンタンにあるスタジオ・フェルベールでのレコーディングセッション。
フランス・アコーディオン界の新鋭リオネル・シュアレズと彼の率いるウッドベース、ギター、ドラム、ピアノ奏者たちは、《愛の喜び》《ジュ・トゥ・ヴー》《フルフル》《ティティーヌ》《ファシネーション》などの伝統的シャンソン、《ルプロッシュ》《エクセントリーク》《ミュゼット》《レ・トリオレ》などの古いミュゼットや《ル・デニシュール》《ヴァルス・ブリューヌ》などのヴァルス・ミュゼット・シャンテ、そして《黒い瞳》《二つのギター》などのマヌーシュたちの曲を新感覚で仕上げていく。
演奏曲は、庶民的生活から生まれ、生活に密着して慕われてきた歌や曲、永く人々に元気を与え続けてきたものを視野に入れ、あえて一般公衆の財産となったパブリック・ドメインの曲が採用された。
女流アコーディオ奏者のサンドラJも加わり、レコーディングは夜遅くまで4日間続けられた。
・・・・・・・・・解説は、かの渡辺芳也さん。

上の解説はごく一部で、分厚い解説書にはパリの街並みの写真や渡辺芳也さん著の『パリミュゼット物語』を思わせるアコーディオンやミュゼットやシャンソンの歴史などがタップリ書かれてある。

ピノさんのコメントくださったように・・
《ティティーヌ》はピアソラ風アレンジでチョッとぉ~。。いちど聴いて頂戴よ!ってな感じ。
《愛の喜び》《ジュ・トゥ・ヴー》もアレンジが凄く素敵。
MMもイイんだけど、Mのシングルで演奏されている曲も多く、
そこがBGMとして押し付けがましくなく、優しく感じる所以かな。

ミュゼット好きには・・間違いなく、お買い得なCD。。
(解説書も含めて・・よ。ホンとに!)




20 : 49 : 36 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ぼくのミュゼット
2007 / 11 / 02 ( Fri )

桑山哲也さんのデビューCD『ぼくのミュゼット』
これって今は入手困難らしい。
私もこれはもう手に入らないだろうと諦めていたんだけど・・
以前、新宿のヨドバシカメラにチョッとよった時に覗いてみたワールドミュージックのコーナー。
ホンと公民館の図書コーナーよりも狭いスペースに
全然ジャンルの違うCDたちと並べられてひっそりと置かれてあった。
その時の私の反応・・「ぎょえ~ぃ!こんな所にこんなCDがぁ~!って叫んでましたぁ。

ずぅ~~っと探していたモノとの出会いは・・そんなもんです。。

このCDがぁ、またイイ曲入っててねぇ。。ミュゼット好きにはたまりましぇん。
収録曲
1. レディ・カプリス
2. ブルー・ミュゼット
3. マジック・フィンガー
4. アコーデオン
5. タンゴ・プール・クロード(クロードへのタンゴ)
6. レ・フォィユ・モルト(枯葉)
7. ラ・ルロット(旅芸人の馬車)
8. バンドネオンの嘆き
9. アンディフェランス
10. オブリビオン
11. フランベ・モンタルバネーズ (モントーバンの火)
12. レ・トリオル(3連符のポルカ)
13. スタイル・ミュゼット
14. インティミダット
15. バラジョー


バンドネオンの小松亮太さんが5.8.10で参加してタンゴの名曲を聴かせ、4.ではプロデュースのパトリック・ヌジェさんがあの「あこ~るでおん!あこ~るでおん!」を歌っている。

こちらで試聴できま~~す。。
http://www.shinseido.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Catalog.woa/wa/detail?r=MECA-28101
11 : 25 : 13 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ベルヴィル・ランデブー②
2007 / 07 / 16 ( Mon )
『ベルヴィル・ランデブー』の中で・・
見どころは映像もさることながらジャンゴ・ラインハルト風ジプシー・スウィング
ベルヴィルに住む三つ子老婆リズム感がすごい。


画質もイマイチで・・
中国向けのPVらしく、字幕に中国語が出ていますが・・
良くまとまっているので・・まずはコチラの動画から・・

【佳麗村三姐妹】


『ベルヴィル・ランデブー』【佳麗村三姐妹】と訳されてて・・
ん~~!ある意味わかりやす~ぃ!

その三つ子老婆とおばあちゃんのセッションがまた素晴らしい!
おばあちゃんが叩く自転車の車輪をスチールドラムのように音楽に採り入れ、
新聞紙冷蔵庫掃除機とのリズム音楽を奏でてしまうのだ。
ちょっと長めですが・・4人のセッションは4分過ぎあたりから・・

コレ観てると・・人生は音楽!生活の中に音楽は常にあって・・
何でも音楽に、楽器になりえる・・
私も老婆になっても音楽つづけるぞぉ~~!
寝たきりになってアコーディオン弾けなくなっても、壁とか、ベッド柵とか叩いて、
スウィングするぞぉ~~!
10 : 49 : 10 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ベルヴィル・ランデブー
2007 / 07 / 16 ( Mon )
518X7R5H97L.jpg
『ベルヴィル・ランデブー』のことは昨年のaccomamaさんのブログで取り上げられていて・・
http://accomama.blog51.fc2.com/blog-entry-25.html#comment-top

デフォルメされたキャラクター・・全体的にセピアトーンの映像・・
ジプシー・スウィングのサウンド・・
凄く興味があって、観たいなぁ~~!と思っていました。
昨日の「イエロー・ジャケット」の記事にshihoからコメント戴き、
あらためて、調べてみました。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ストーリー>は・・
戦後まもないフランス。内気で友達のいない孫のシャンピオンに、三輪車を買い与えたおばあちゃん。シャンピオンは夢中になり、来る日も来る日もおばあちゃんの指導のもと厳しいトレーニングを重ね、ついに世界最高峰の自転車競技の祭典、ツール・ド・フランスに参加するまでになる。しかし、レースの最中にシャンピオンが謎のマフィアに誘拐されてしまう・・・。最愛の孫を救うため、海を越えて摩天楼そびえ立つ巨大都市“ベルヴィル”に辿り着いたおばあちゃんと愛犬・ブルーノ、そして偶然出会った陽気な三つ子の老婆達による不思議な大冒険が始まる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よく知らなかったのですが・・
「ツール・ド・フランス」が舞台になっていたとはぁ~!
20040829_bellville_bike.jpg


「ベルヴィル・ランデブー」の音楽は、ジャンゴ・ライハルトへのオマージュになっていて・・
20040829_belleville_django.jpg
ジャンゴ・ファンには見逃せません。ジャンゴの3本指奏法がアニメで再現されてます。


20040829_bellevillecd.jpg
「ベルヴィル・ランデブー」サントラ盤が試聴できるトコ見つけました。
コチラ・・
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B000168ACI/102-0548815-8989716?v=glance
アコーディオンの音色も何曲か入ってます。

『ベルヴィル』ねたは・・ナンかけっこう、いっぱい拾ってきちゃったので、
You Tube動画も含めて、何回か続きますので・・お楽しみにぃ~~!!
09 : 34 : 36 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
きままなジャン
2007 / 07 / 12 ( Thu )

出ましたよぉ~~!ジャン・コルティのセカンドアルバム!!
ジャケットもかわゆ~~い!

ジャン・コルティ 『きままなジャン』
ERPCD7995.jpg
(2007年6月24日発売)

収録曲は・・ 
1. リフレのロマンス
2. ジャンゴのワルツ
3. 俺の可愛いシャンソン
4. ジョーエ・カルトン
5. 枯葉
6. 僕の伯父さん
7. イタリア女
8. 変幻自在
9. ピカルディーのバラ
10. ジーノ
11. ラ・ジャヴァネーズ
12. スタンダール・ヴァルス
13. モンマルトル広場
14. 俺の可愛いシャンソン
15. ブルジョワたち

2001年に発売したアルバム『クーカ』が、
5,000枚を超えるロングセラーを記録しているフランス・アコーディオン&ミュゼット界の伝説、
ジャン・コルティ78歳にして発売する奇跡のセカンド・アルバム!

72歳の時のファースト・アルバム『クーカ』の記事も以前書きましたが・・
コチラ・・
http://foohta303.blog28.fc2.com/blog-date-20061009.html
03 : 26 : 28 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
愛の賛歌
2007 / 07 / 11 ( Wed )
【愛の賛歌】
VACM-1309.jpg
リシャール・ガリアーノ(Accordion)・トリオ&ゲイリー・バートン(Vib)
(2007年6月20日発売)

10曲中5曲がアストル・ピアソラの曲。
エディット・ピアフの曲、バッハ、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」、映画音楽まであって多彩。
アコーディオンビブラホンがメインで、柔らかく、静かな雰囲気。タンゴ色のジャズです。

試聴はコチラから・・
http://www.videoartsmusic.com/ap/?mod=m02&act=a02&iid=972
00 : 14 : 12 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パトリック・ヌジェ
2007 / 05 / 08 ( Tue )
最近よく聴いているCD・・
cd07.gif
【パトリック・ヌジェ】
CD『シャンソンファボリット』(MES CHANSONS FAVORITES)

収録曲は・・
1.ジョリ モーム
2.ぼくの回転木馬
3.ア パリ
4.ラ ボエム
5.パリ野郎
6.パリの空の下
7.行かないで
8.地下鉄の切符きり
9.あなたの目よりも青く
10.愛の賛歌
11.ラ ジャバネーズ
12.詩人の魂
13.ヴィ ヴィオロンス
14.さくらんぼの実るころ

コチラで試聴できます。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=602992&GOODS_SORT_CD=101

コレまた・・アコーディオンでの伴奏というより共演といった感じで、
アコの音色が凄くお洒落!
ヌジェさんの甘い声に後からかぶさるように
半音階であがったり・・下がってきたり・・
何だか、メロディーラインより素敵に聴こえてしまう。。

全部イイんだけど・・
「ア パリ」「ラ ジャバネーズ」「ヴィ ヴィオロンス」最高!


ジャケットにはアコーディオニストとしてマルセル・アゾラさんと桑山哲也さんの名前が載っているが、
たぶん、ほとんどが桑山哲也さんの演奏と思われる。

シャンソンの伴奏がこんなに素敵だなんて・・
私、この世界にも惹かれつつあります。。。
00 : 22 : 26 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
アコーディオン愉し
2007 / 02 / 14 ( Wed )
img193.jpg

ブログ上でお知り合いになったhinaさん・・
すぐ近くに住んでいたことが分かり、先日お邪魔してきました。
ボタン・アコを触らせてもらったり・・
hinaさんの「黒い瞳」の演奏を聴かせてもらったり・・

金子万久先生のお弟子さんということで・・金子先生のお話にも花が咲き・・
とても貴重な先生の著書「アコーディオン愉し」を貸してくださった。
この本を読んで、ますます金子先生のファンになっていっているfoohtaさんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「下手くその原因を探る」の項では・・
①「速い所が難しくて・・・」と言う人は「細かく音の動く部分」「指を細かく運ばせる部分」を「速い所」と勘違いしていて、弾く上で大変支障をきたす。
②アコーディオンという楽器が、音が安易に出るのが裏目に出て、音に対して無神経。声楽家のごとく(アコの)ボディーへ響かせる発声の基礎を忘れている。
③「ボン」とか「ブー」とかひとつの音を弾く場合、(ピアノやギターのように)音が自然に消えてゆかないので、平板音量で残ってしまう。アコの場合、この音の減衰が出来てはじめて一人前。

「悪い癖をクリーニングする」の項では・・
・楽器を視覚に頼って弾くつもりになっている人。
・ブンタッタをブンチャッチャーと弾いて平気な人。
・なんでも速く弾けば上手いんだと勘違いして、テンポを押さえて正確にに弾くことの出来ない人。
・先生の範奏の終わるのを待てないで自分が弾きだしてしまう人。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
などが書かれていて・・

おぉ~~!耳の痛いことばかり!

それと、「曲を材料に何を学びとるか」の項では・・
今まさに私が練習中の「ドナウ河の漣」・・
金子先生が習った時代、ヨハン・シュトラウスのワルツと比べれば易しいとされていたいたが、
とんでもない・・と。

この曲は、これあってこそという短前打音のような装飾音を残さずクリアすること。
・・・と書かれてあって
先日のW先生のアコレッスンで、この短前打音をしつこく何べんもやり直しさせられて・・凹んでいた私ですが・・・やはり、ここが肝心!の所だったのですね。


金子先生は「一音一音、正確に弾くことより、その場の雰囲気を大切にされる」と聞いていて、
自分勝手に解釈してしまっていたところがあったが、
それは基礎をガッチリ固めてからのこと。大いに反省しました。


それはそうと・・
今日は凄~~い人に会います!!
次回のびたみんAccoをお楽しみにぃ~~~!

09 : 30 : 30 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Luz Negra
2007 / 01 / 31 ( Wed )
luz_negra.jpg

あったあった!2月5日リリース
リシャール・ガリアーノのNewアルバム「Luz Negra」
収録曲06番に「グノシエンヌ第3番」

01. Tangaria
02. Luz Negra
03. Guarda Che Luna
04. Chat Pître
05. Fou Rire
06. Gnossienne 3
07. Escualo
08. Indifférence
09. Sanfona
10. Des Voiliers
11. Barbara
12. Sertao
13. Flambée Montalbanaise
14. Les Forains

や・や・やぁ~~?よく見ると・・
「Indifférence」「Flambée Montalbanaise(モントーバンの火)」まであるでないのぉ~!
コレは買い!でしょ。
01 : 00 : 54 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
聖なる前に
2006 / 12 / 08 ( Fri )
20061208225927.jpg
イギリス人絵本作家、ピーター・コリントン『聖なる夜にA Small Miracle』

・・・・・・クリスマスの朝だというのに、食べ物もお金もない一人暮らしの老女は、アコーディオンを肩にかけ、慌しいクリスマスの街に出ます。その歌声に足を止める人はなく、老女には生活の糧である楽器を売るしか方法がありません。そうして得たお金も若い男に奪われ、老女は雪の中に行き倒れてしまいます。そこへ駆けつけてきた小さい人たち――それは、善良な老女が若いひったくりの男から守った教会の「クリブ=キリスト降誕人形」たちだったのです!マリアとヨゼフ、三人の博士と羊飼いは、各々に与えられた才能を生かして老女に素晴らしいクリスマスの一夜を贈ります。・・・・・・

文字が一切なく、繊細で緻密なコマ割の絵が、そっと静かに、小さな奇跡を知らせてくれる温かい物語です。


日本で言う・・「笠地蔵」のようなお話らしいが・・

「老女には生活の糧である楽器を売るしか方法がありません。
そうして得たお金も若い男に奪われ、老女は雪の中に行き倒れてしまいます。」


きゃぁ~!この辺は、なんだかぐぐぅ~っと来ちゃうよぉ~!
foohtaさんが好きそうなストーリーでしょ。
近くの本屋さんで探しているのだけれど・・・なかなか見つかりません。
コレは注文するしかないかなぁ!

私も老女になってもアコーディオン担いで街角で弾いていたいなぁ~!
でも、行き倒れにはならないように・・しないとね。
23 : 04 : 42 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岸辺のふたり
2006 / 11 / 15 ( Wed )
TOBH-7091.jpg
短編アニメーション映画・・
「岸辺のふたり」 Father and Daughter(2000年・英国・オランダ合作)
2001年米・英国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞。

少女の時に離ればなれになってしまった父を一生涯想い続ける娘。
時はめぐり、そのひたむきな強い想いはある奇跡を起こす。
繰り返される四季、移りかわる自然を背景に、永遠の愛を、
わずか8分の物語の中で豊かに謳いあげる珠玉の短編アニメーション

本編では一切セリフを用いず・・
アコーディオンとピアノによる哀愁漂う「ドナウ川のさざ波」が流れる。

8分間・・チョッと長いけどコチラで観れます。
http://www.youtube.com/watch?v=hf__52sDe4U
00 : 28 : 26 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
ショコラ
2006 / 11 / 06 ( Mon )
『マイナー・スウィング』といえば・・・映画『ショコラ』
429.jpg
チョコレートによって、閉鎖的でしきたりや宗教に縛れてる冷め切った村を暖か~く包み込む・・
とても幸せな気持ちにさせられる作品。

川辺でみんながダンスを踊るシーンでジプシーのルーがギターで演奏するのが・・
この曲title-001.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=H6HK370sabc&mode=related&search=

映画『ショコラ』で注目はジプシーのルー役のジョニー・デップ
エキセントリックな役柄の多いデップだが、この作品ではきわめて“まとも”に二枚目を演じる。とくに印象的なのがギターを弾くシーン。ミュージシャンでもある彼は吹き替えを使わず実際の演奏もこなしている。コレがめっ~ちゃカッコよくてご機嫌な演奏を聴かせてくれている。
この映画では、アコーディオンの音色もバックに沢山流れていて・・
ストーリーも・・音楽も・・GOODですね。

21 : 51 : 29 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マイナー・スウィング
2006 / 11 / 06 ( Mon )
cd.jpg

シエスタCD『ディモンシュ・アプレ・ミディ~日曜日の午後に~』
実際のパリの様々な街の音・・カフェの雑踏、公園のざわめき、
街角のおばさんの歌声なども混ざって、シエスタの演奏と見事に調和している。

シエスタは、バイオリン(高橋じゅん)とアコーディオン(山口あかね)によるユニット。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/
活動場所はコンサートホール、ライブハウスをはじめ、フレンチレストランから美術館、カフェにいたるまで多岐にわたっており、海外においても、フランスやスペインなど、ヨーロッパ各地で演奏。ここのところ野毛大道芸などにも参加している。
profile5.jpg


収録曲は・・・
ミュゼットの女王
つばめのワルツ
ケ・セラ・セラ
パリの空の下
チム・チム・チェリー
街角
あかねの練習曲
オリジナルワルツ
ラストダンスは私と
仔象の行進
黒い瞳
ばら色の人生
マイナー・スウィング
愛の讃歌
モンマルトルの丘

んん~~!私の好きな曲ばかり・・私のイチ押しCDで~す!
なかでも・・『マイナー・スウィング』はも~~う!ノリノリになっちゃうご機嫌な一曲
この曲は、ジャンゴ・ラインハルトの名曲でギターで演奏されることが多いが、
アコーディオンで弾いてくれているのが嬉しい!
21 : 12 : 47 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
牝犬『クーカ』
2006 / 10 / 10 ( Tue )
img157.jpg

ジャン・コルティのアルバム『クーカ』の第2段!!
アルバムのタイトルとなっている『クーカ』とは・・・
上の写真のアコーディオンの傍らにちょこんと座り込んでいる牝のワンちゃんのことだそうです。
ナ~ンか心和む写真ですね。8曲目「クーカ」が彼女のための曲。

そ~ぉだったんだぁ~!愛犬のために作った曲だったのね。
00 : 08 : 56 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャン・コルティ
2006 / 10 / 09 ( Mon )
20061009160120.jpg

くどうえりさんのブログで紹介されていた・・・
エム・イン・フランス(シャンソン・フレンチポップス関連CD通販)に注文しておいた
ジャン・コルティ『クーカ』が届いた。いい・・いい・・全曲いいよぉ~!

上のジャケットはあまりにも有名だと思うが・・img158.jpg
コチラの写真イイでしょぉ~!ジャン・コルティさん可愛いぃ~!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若者達からも支持されるカリスマ・アコーディオン奏者、ジャン・コルティ72歳にして初のソロ・アルバム『クーカ』ミュゼット~スウィング・ジャズ~ボサノーヴァなど、抜群のテクニック、そして含蓄ある演奏の数々。表情豊かなアコーディオンの音色に、ただただ聞き惚れてしまいます。(解説:向風三郎)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1曲目はカルテットによる「アマゾン」に始まり、最後は同じ曲をアコーディオン・ソロで終わる。それぞれ違った雰囲気ながら、どちらもいい!!ジャズもイイけど、「さくらんぼの実る頃」入ってて素敵!1曲1曲が丁寧に仕上げられている。
 ジャン・コルティという素晴らしいアコーディオニストの、決して押しつけがましくない音色に酔うばかり!
16 : 15 : 27 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。