スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
パリ祭
2008 / 07 / 10 ( Thu )
parissaiicon.jpg

七夕。。の次はぁ~~~!!!
『パリ祭』でございますよぉ。。

2008年シャンソンの祭典「パリ祭」
東京公演「第46回パリ祭」は7月5,6日 NHKホール にて開催されました。
昨年は。。NHKの放映を見逃しましたがぁ。。

今年は。。しっかり観ちゃいましょぉ~!!!
シャンソンの夕べ ~第46回 パリ祭から~
NHK BS2 7月12日(土) 午後3:00~4:30

コテコテのシャンソンかもしれんけどぉ。。
桑山哲也さんも。。パトリック・ヌジェさんも。。出演しますぅ。

7月14日は、フランスの革命記念日。この日を、日本では敬意をこめて「巴里祭」と呼んでいる。
1963年、この「巴里祭」の日に、フランスを代表する歌曲「シャンソン」の魅力を楽しんでもらおうと、
シャンソン歌手・石井好子が、「パリ祭」と云うイベントを立ち上げた。
以来このイベントは、45年にわたって、日本中のシャンソン歌手が一堂に会する、
「シャンソンの祭典」として定着している。
石井好子・芦野宏と云ったシャンソン界の大ベテランから、
期待の若手までが集合してNHKホールで行われる「第46回パリ祭」。
この公演の模様を中継・収録し、華やかなシャンソンの魅力を日本中のファンに届ける。

【出演】 石井好子、芦野宏、菅原洋一 、キム・ヨンジャ、永六輔 ほか

音源だけですが【パリ祭 "À Paris, dans chaque Faubourg"】これもイイ!
スポンサーサイト
00 : 43 : 24 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ピアフの命日に・・
2007 / 10 / 11 ( Thu )


きょう・・映画『エディット・ピアフ ~愛の賛歌~』を観てきた。。
後でわかったことだが、今日はピアフの命日だった。

あまりにも悲しく・・激しく・・壮絶な・・ピアフの人生。
最初からそこここに流れるアコーディオンの音色。。

も~~う前半から小タオル銜えて号泣しっぱなしだったfoohtaさん。
映画が終わって、洗面所でもまたまた思い出して・・
ワンワン泣いちゃって・・チョッと恥ずかしかった。。

かなり重~~くなっちゃうカモですが・・ぜひぜひ見てみて欲しい映画です!
主演のマリオン・コティヤールのなりきり度もご注目!!
映画館で大音量「愛の賛歌」「バラ色の人生」「パダンパダン」「水に流して」などなどが
ピアフの声で聴けるのもうれじ~~ぃ!!

ピーコも・・foohtaも・・大絶賛!!


映画評論家は「ピーコ」じゃなくて「おすぎ」でしたねぇ~~~!
失礼しましたぁ。。
続きを読む
15 : 33 : 03 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
映画「エディット・ピアフ」
2007 / 07 / 22 ( Sun )
ph_rose-thumb.jpg

き・きましたぁ・きましたぁ~っ!!
今秋、全国拡大ロードショー
映画エディット・ピアフ~愛の讃歌~/La vie en rose
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全世界85カ国で歌い継がれている伝説の女性シャンソン歌手エディット・ピアフ
哀切と情熱が混在する名曲“愛の讃歌”誕生には、最愛の恋人を飛行機事故で失うという秘話が隠されていた。
47年間の彼女のドラマティックな人生を描いた、珠玉の“愛”の物語。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1915年12月19日、パリの下町ベルヴィル地区の貧しい家庭に生まれたエディット・ピアフ(マリオン・コティヤール)。路上で歌いながら生計を立てる母親とその日暮らしの生活、娼婦小屋で過ごした幼少時代、大道芸人だった父親との流浪の旅・・・貧しさといつも隣合わせだった生活を抜け出して生きるために見出したこと、それが「歌」だった。
オリジナルヒット曲「愛の讃歌」「バラ色の人生」「水に流して」などを織り交ぜながら、ピアフが世界的に有名な歌手になってゆくまでの成功や挫折、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュ-)、レーモン・アッソ(マーク・バルべ)、マレーネ・ディートリッヒ(カロリーヌ・シロル)との華やかな交友関係、そして、最愛の恋人マルセル・セルダン(ジャン=ピエール・マルタンス)との熱烈な恋愛が、この秋、スクリーンで甦る!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・アカデミー賞早くも最有力!だそうデス。。
公式サイトはこちら・・
http://www.piaf.jp/
00 : 10 : 41 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
『10年早っ!!』
2007 / 05 / 30 ( Wed )
いってきました。。シャンソン伴奏!!
昼食も喉を通らないまま、いざ出陣~~ん!

・・と言ってもすんご~くお上手なピアノ伴奏の方がついてきて下さったので、
本とに、アコーディオンの音色をチョッとつける・・という感じでの参加でしたが・・

でもでも・・それぐらいでよかった。。
やはり、シャンソン伴奏なんて『私には10年早い!』・・でした。

本日は雨模様・・やはり、シャンソン歌手の方の喉の調子はあまり良くないとのことで、
「パリ屋根」は一音ではなく半音下がりの・・A♭
さすがに、左手ベース・コードでブンチャッチャのみの参加だけにしてもらいました。

そして、このシャンソン歌手の方・・
あの戸川昌子さんのお店「青い部屋」で年数回歌われているという事お聞きして、
ますます・・緊張感は増すばかり。

私は、利用者のみなさんと歌う4曲のうち「花の街」「みかんの花咲く丘」の2曲、
そして、シャンソンは「パリの屋根の下」「パリ祭」の2曲を参加させてもらいました。

このほか、「サントワマミ」「バラ色の人生」「さくらんぼの実る頃」
利用者さんのよく知ってらしゃる唄を歌ってくださり、
ピアニストの方はソロで「パリの空の下」「ムーランルージュの唄」を演奏。
コレがまた、素敵だったぁ~!
ほんとシャンソン三昧!!でした。
私は自分の4曲以外のときはアコを抱えて、お二人の傍でず~と聴いていられたので、
それだけでも・・幸せでございました。

でぇ~~!伴奏の出来ばえは??・・というと。。
やっぱり難しい!当たり前だけれど・・
半音下がったことで、楽譜をかなりキッチリ見ることになってしまい、
必死になってるうちに、歌い手の方とテンポがズレている事に気づき、
今度は歌い手の方を見ながら合わせると、どこ弾いてるのか分からなくなる・・といった具合。

周りのみなさんは・・
「よかったよぉ~!foohtaさん、アコーディオンのいい雰囲気出てたよぉ。」
と言っていただいたが(お世辞だろうけど)・・
私としては不満足な出来でございました。

まぁ、「まだまだ!!」ということを突きつけられ感じです。
でも、楽しかった!「パリの屋根の下」「パリ祭」大好きになりました。

foohtaさん、コレに懲りず・・これからも当たって砕けてまいりたいと思いま~す。
(ホント懲りないよね。。。トホホ)
23 : 52 : 19 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ジュリエット・グレコ
2007 / 04 / 10 ( Tue )
greco2007_main.jpg

4月7日(土)にBunkamura オーチャードホール『ジュリエット・グレコ』のコンサートがあった。
ブログ上でも、コンサートに行った人の興奮冷めやらぬ感じで・・書かれた記事がいくつも見られた。
いやぁ~!聴きに行きたかったなぁ~!

スタンドマイクとピアノとアコーディオンだけの、シンプルな舞台。
御歳80歳詩の女神(サンジェルマン・デ・プレのミューズ)の情熱的なシャンソン・・
多くの人を魅了したのだろう。

・・と言うことでYou Tubeから
『ジュリエット・グレコ』さん、またまた沢山見つけてきちゃいました。

【アコーディオン】



【パリの空の下】

あぁ~!こんな風にアコーディオンでシャンソンの歌伴できたらイイなぁ~!


【枯葉】



【聞かせてよ愛の言葉を】



【ラ・ジャバネーズ】
http://www.youtube.com/watch?v=E4oErll8WD0

【ジョリ・モーム】
http://www.youtube.com/watch?v=PADLYPYE2Eo
続きを読む
00 : 30 : 59 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
こんな平和、見たことない!
2006 / 07 / 22 ( Sat )
今TVで流れているHEIWA(パチンコ関係の企業??)のCMご覧になりました?

あの・・・ライオンとシマウマが抱きあってるCMです。

以前から良く出来てるなぁ~・・・と笑って見ていましたが、
バックに流れているのは・・・
ナント!エディット・ピアフが歌う『愛の讃歌』ではないですか!!!

http://www.heiwanet.co.jp/co/enjoy/advertise/tvcm2004/index.html



そして私の大好きな「You Tube」サイトにも・・・
エディット・ピアフ熱唱の映像ありました。

愛の讃歌
http://www.youtube.com/watch?v=NjR5xFZxZK8&search=edith

バラ色の人生
http://www.youtube.com/watch?v=DUcJWaC-2Co&search=Piaf

群衆
http://www.youtube.com/watch?v=rbsl5_203Ms&search=Piaf

私の神様
http://www.youtube.com/watch?v=UG7jEEg2PFk&mode=related&search=Piaf

水に流して
原題の直訳は”いいえ、私は後悔していない” ・・・こっちの方がイイね!
http://www.youtube.com/watch?v=CzJjbHAlMVI&mode=related&search=CHANSON

12 : 32 : 52 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
ベレー帽おじさんデュオ
2006 / 07 / 20 ( Thu )
またまた・・・
『You Tube』ネタでございます。
みなさん、私みたいに暇人ではないので、
なかなか美味しい映像は見つけられないのでは・・・と思い、
コチラのユニットご紹介いたしますです。

赤のベレー帽おじさん(アコーディオン)と黒のベレー帽おじさん(コントラバス)のユニットです。
普段はJazzバンドのメンバーとして、
トリオやカルテットで演奏活動してるみたいなのですが・・・

このベレー帽をかぶった時は街頭に出て二人でシャンソン。(こっちが本業かなぁ~??)
ナンカい~い雰囲気なんですよねぇ~!


バラ色の人生
http://www.youtube.com/watch?v=Ux_Od2-0DWs&search=accordion

パダンパダン
http://www.youtube.com/watch?v=FI0qSagI2D4&search=accordion%20

ラ・メール
http://www.youtube.com/watch?v=HcqNls5-8N8&search=laurent%20fourgo%20jazz%20quintet

パリの空の下
http://www.youtube.com/watch?v=pOIPslEBKWg&search=laurent%20fourgo%20jazz%20quintet
01 : 09 : 46 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
加藤登紀子
2006 / 06 / 15 ( Thu )
加藤登紀子さんが歌手としての出発点、シャンソンを歌うアルバム
「シャントゥーズTOKIKO~仏蘭西情歌~」を出した。
40年余の音楽生活の中で成熟させてきた歌の数々を日本語に置き換え、
同じ世代を生きる人々に贈る。
アルバムでは「枯葉」「愛の讃歌」など、日本でも親しまれている曲に、
原詩のエッセンスを生かし新たな訳詩をつけた。

「シャンソンというと、劇的な気分に持っていかなければと身構えるところがあった。でも、そこに含まれるドキッとさせられるリアリティーを、今の日本で生きる人間として忠実にとらえ直してみようと考えた。」と登紀子さん。・・・・6月13日朝日新聞夕刊より。

曲目は・・・
1. 時には昔の話を
2. 聞かせてよ愛の言葉を
3. 枯葉
4. 懐かしき恋人の歌
5. 忘却
6. 行かないで
7. 暗い日曜日
8. さくらんぼの実る頃
9. 恋の花ひらく時
10. 百万本のバラ
11. 恋人が一輪の花をくれた
12. バラ色の人生
13. 帰り来ぬ青春
14. 愛しかない時
15. 愛の讃歌

でぇ・・・・・・
加藤登紀子さんが明日の6月16日(金)8時35分~
NHK「生活ほっとモーニング」に生出演
する。

「この人にトキメキっ!加藤登紀子~言葉にこだわり歌い続けたい」 
去年、歌手デビューから40周年を迎えた加藤登紀子さん。これまで発表した600曲の9割以上を自分で作詞してきた。題材は自分の心の中にあり、心のふたを開けて自然に出でてくる言葉を見つける。今年5月、35年ぶりに発表した自らの原点であるシャンソンのアルバムでも、納められたフランスの名曲のすべてを自分で翻訳した。「不安の時代だからこそ、うそや飾りのない言葉でみんなを勇気づけたい」と語る加藤登紀子さんをスタジオに招き、40年をかけて熟成された歌声を披露してもらい、歌に込めた思いをじっくり伺うほか、オフタイムの千葉・鴨川の農場での暮らしぶりなどもVTRで紹介しながら、その魅力と素顔に迫る。・・・・生活ほっとモーニングHPの記事より。

18 : 47 : 48 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エディット・ピアフ
2006 / 06 / 07 ( Wed )
img118.jpg

以前mariさんのブログで・・・
新宿タワーレコードで、シャンソン10CD・BOX、
ミュゼット3CD・BOX
をそれぞれ1460円で購入された記事が載っていて、
私もその少し後に新宿タワーレコードへ行ってみた。
そしたら、シャンソンBOXはなく、
エディット・ピアフ10枚BOXが同じ10枚1460円で売っていたので即購入。
でも・・・ご覧の通りのタイトル名全部おフランス語。
(しゃぁないわね。輸入盤ですからねぇ~。)
120~130曲からのチンプンカンプンのフランス語タイトル

今日、久々にカブトガニさんにフランス語でコメントいただき思いましたぁ~!
やっときゃ良かったおフランス語。

今日になって・・・
「La via en rose」が「バラ色の人生」
「Sous le ciel de Pariis」が「パリの空の下」

とわかり・・・
「ナンだなんだぁ~これがそうだったのぉ~!」
と今日になって初めて聴いた次第です。

フランス語わかんなくたってコレぐらいわかるわよ!
・・・って言われそうですけどネ!

それにしても・・・
やっぱ、エディット・ピアフの「バラ色の人生」「パリの空の下」イイですわぁ~!

23 : 32 : 57 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
石井好子
2006 / 06 / 06 ( Tue )
先程見終わったばかりの・・・
NHK「クイズ日本の顔」シャンソン歌手の石井好子さんが出演していた。
83歳の現在もリサイタルを開いている現役バリバリ!

4月に開かれた「朝日チャリティーコンサート」の模様も放映されて、
ナント日野原重明先生「パリの屋根の下」を歌ってましたよ。
シャンソンはいくつになっても歌えるところがいいですね。

最後にスタジオで石井さんご本人が「落葉」の詩を朗読、それに続いて「枯葉」を熱唱!
勿論フランス語。
凄くよかった~!チョッとウルウル来ちゃいました。

シャンソンはやっぱり歌がいいんですが・・・
最近の私のアコのレパートリー・・・完全にシャンソンだらけ!
「愛の讃歌」「枯葉」「パリ空」「オーシャンゼリゼ」「バラ色の人生」・・・
何か気持ちが込められるんですよねぇ~!
四分音符も八分音符も無視して、気持ち込めすぎで、ビロロ~~~ンって伸ばしちゃって、
チョッと聴くに堪えないカモ??
22 : 59 : 33 | シャンソン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。