スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マルセル・アゾラ
2006 / 03 / 30 ( Thu )


以前にも少し書いたが…ビデオ「パリ・ミュゼット」

いきなりマルセル・アゾラが船に乗ってセーヌ川の上でアコ演奏しながら登場!
も~う!右手が上へ下への見事なボタンアコテクニック

内容は『パリ・ミュゼット物語』映像版という感じで、
ミュゼットの歴史を映像・音をフランス語での語り…で楽しめる。


この中でマルセル・アゾラとディ・ディ・デュプラ(ギター)が初めて作曲したのがマズルカ風の曲「ラ・シーヌ通り」だったという話になり、ラ・シーヌ通りとはチャイナ通りのことで二人がそこで生まれ育ったことからその名をつけた…と。「あそこから全てが始まったんだ~!」とアゾラがしみじみ語っていた。軽快な始まりの素敵な曲。

マルセル・アゾラのラ・セーヌ・去り行くはしけ・イタリアのマズルカ・パリのミュゼット…みんなよかったですが、いつも幸せそ~うに弾いているアゾラさんの表情が印象的でした。

マルセル・アゾラのほかにもドニ・テュヴェリ、ダニエル・コランなどベテランアコーディオニストが素晴らしい演奏を聴かせてくれている。

収録曲はパリのミュゼット・スウィングワルツ・ラ・シーヌ通り・ピコリーナ・北ホテル・マリア・マリ・イタリアのマズルカ・ミュゼットの女王・コリネット・心乱れる夕べ・パッション・モンマルトルの女・さくらんぼの実る頃・ラ・セーヌ・ルルー・去り行くはしけ・ソンブレロとマンティーリャ・スウィング41・ソフィスティケーテッド・レディー・パリで・・・

スポンサーサイト
00 : 45 : 57 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ビートルズ・ランキング
2006 / 03 / 29 ( Wed )
今朝の朝刊の情報コーナーに
『心に残るビートルズ曲は?』ネクストエージ・ランキングTOP10が載っていた。

ちなみに、ネクストエージ世代とは50歳以上の世代の事だそうです。(知らなかった~!)

1位…レット・イット・ビー 2位…ヘイ・ジュード 3位…イエロー・サブマリン 4位…抱きしめたい 5位…ラブ・ミー・ドゥ 6位…ヘルプ 7位…プリーズ・プリーズ・ミー 8位…涙の乗車券 9位…シー・ラブズ・ユー 10位…愛こそはすべて


参考のためか…49歳以下のTOP10も載っていた。

1位…レット・イット・ビー 2位…ヘイ・ジュード 3位…ヘルプ 4位…イエロー・サブマリン 5位…ラブ・ミー・ドゥ 6位…ア・ハード・デイズ・ナイト 7位…ストロベリー・フィールズ・フォーエバー 8位…ゲット・バック 9位…シー・ラブズ・ユー 10位…プリーズ・プリーズ・ミー

わたし今アコーディオンで「イエスタデー」練習中なんですが…
ランキングに入ってないですねぇ~
いい曲だけどなぁ~
ビートルズナンバーをジャズっぽく弾けたらカッコいいだろぅなぁ~~
11 : 59 : 54 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
NHK-FMにてオンエア
2006 / 03 / 28 ( Tue )
昨年のクリスマスに横浜で行われた、cobaさんプロデュースの
『ベローズ・ラバーズ・ナイト2005』
NHK-FMにて、26日午後11・10~深夜0・45に放送されました。


ナヴィガトーレさんのブログでギリギリにオンエアを知り何とか聴く事ができました。
ほんとにナヴィガトーレさん感謝感謝で~す。

夜のコンサートに行けない私としてはこのような情報は貴重で、実際の演奏も聴けて凄く嬉しいです。

番組タイトルは ディープ・アコーディオン
番組のなかではcobaさんの解説もはいり95分間たっぷり楽しませてもらいました。

実際に「ベローズ・ラバーズ・ナイト2005」に行かれた方はご存知かと思いますが、
このコンサートは2002年に始まり2022年、20年間続ける予定だそうです。
cobaさんは40代半ば(?)…だから60代、50代のおじ様たちが
「ベローズ・ラバーズ・ナイト2022」
で燃え上がってるはず。是非見てみたいです。
20年先でも15歳のバンドネオン奏者の三浦君は35歳だから若いっていいなぁ~!
ちょうど脂が乗って来てますね。

チャールダーシュ・ドマーニ・カミニート・クレイ・雨に唄えば・ハンガリアンダンス・ヴィーナス誕生・
過ぎ去りし永遠の日々・吠えろ ベローズ…ほか
、の演奏がありました。

最後の「吠えろ ベローズ」では総勢11名のバンドネオン・アコーディオニストが、まさしく吠えまくってました。
(佐藤 史朗 、デイヴィッド・ファーマー 、モレーノ・ブソレッティ 、田ノ岡三郎、檜山 学 、早川 純、
川波 幸恵 、三浦 一馬、coba、アコるデノンノン、都丸智栄 (ザッハトルテ))

実際に見に行かれた方、これ圧巻でしたでしょうね。


普段私はあまり聴けないジャジーな演奏、バンドネオン奏者の方のオリジナル曲、
「これがアコーディオンの音?」と思わせる高度なテクニックの数々…いろいろ楽しませてもらいました。

「やるせなす」の中村豪くんの『星に願いを』
初心者っぽい不自然な間、チョロッ…と一音外すあたりが、
他人と思えず何か凄く嬉しかったです。でも、とても素敵な演奏でした。
芸能人とはいえ、凄い人数のお客さんの前での演奏あがっただろうなぁ~!

演奏が終わって…「うちでは上手なんですけどねっ!」とポロッと一言
これスゴ~ク気持ちわかるなぁ~!
                    
11 : 36 : 34 | coba | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ジャジャ~ンな5枚組
2006 / 03 / 27 ( Mon )


…という事で
この『やさしいシャンソン曲集』を買った数日後、
新聞広告の通販にちょうど横森良蔵先生のこの5枚組CDが載っていた。

横森良蔵先生といえば…昭和歌謡でしょ!と思っていましたが、
演奏活動50周年という事でこの『巴里の空の下アコーディオンは流れる』の5枚組CDをだしたらしい。

何と!シャンソン・タンゴ・フランス映画音楽など80曲!!

「うぅ~まさか~!」
と思ったけれど…その数分後には電話に手が伸びていた。

これで、お手本のようなシャンソンのアコーディオン演奏が聴けるぞぉ~…と思って…
買ってしまった~~~!
このジャジャ~ンな5枚組

さすがに横森良蔵先生のの演奏は素晴らしく、
エキセルシャーコンチネンタルの美しい音色も楽しむ事ができた。

でも、お手本のようなラ・クンパルシータを聴いていたら、
すご~くクセのあるラ・クンパルシータを聴きたくなってしまった。

そして、この後私は無駄使いできなくなり図書館CDを借りるようになったのでした。
00 : 39 : 19 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
やさしいシャンソン曲集
2006 / 03 / 26 ( Sun )


昨年の暮れに、やっぱりシャンソン曲集ぐらい持ってないと…
と思って本屋さんで探してきた初級者ピアノ用の楽譜です。

愛の讃歌・アコーディオン弾き・オー・シャンゼリゼ・枯葉・聞かせてよ愛の言葉を・バラ色の人生・パリのお嬢さん・パリの空の下・パリの屋根の下・バルバラ・街角・ムーラン・ルージュの唄・モンマルトルの丘・ラストダンスは私と・ラ・メール・パダン・パダン…全50曲

ワ~イ!いい曲ばっかり!
コードもチャンと載っている。
アコでも弾ける!アコでも弾けるぅ~

っと喜んだものの…私ってシャンソンほとんどサワリの部分しか知らなかったのでした。

アコーディオンで弾いてるシャンソンちゃんと聴いて勉強しなきゃ!
という事で……
14 : 07 : 27 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
メローディー・スイッチ
2006 / 03 / 25 ( Sat )


写真わかりにくくてスミマセン。

メロディー・スイッチはたくさんあるほうが高級なアコーディオン
と思っていますが…
11個とか13個とかついてるのありますよね。

私のアコはスイッチの数としては5つです。
種類はMM・ML・MMLの3種だけです。

M単音・L単音もあればいいのになぁ~と思いますが、
このメロディー・スイッチ、どれとどれにするかは何が基準なんでしょうね?
(まぁ~たくさんあっても、使いこなせないけどね…)

やっぱり、ミュゼット(MM)がお気に入りでこればかり使ってますが、いろいろなリードを使った方がアコーディオンのためにはいいんですよね。

MMMもHLもHMLも聴いてみたいけど
重くなるし、お高くなりますネェ~

私のアコにはバス・スイッチ(?)が付いてないんですが、
これは何のためのスイッチか未だにわからないのです。
21 : 41 : 55 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
ララバイ
2006 / 03 / 24 ( Fri )
日本の抒情歌や愛唱歌なんかもアコーディオンで弾いてみたくなって楽譜を買ってきた。

日本の心を歌う 日本の抒情歌(野ばら社)

楽譜といえば大判で値段も3~5千円するものが多い中、B6版でコンパクトお値段も520円とお安かった。

早春賦・朧月夜・青葉の笛から地上の星・島唄・世界にひとつだけの花まで幅広く載っていて、小さいけどいろいろ使えそうな楽譜です。

その中で、子守唄がまとまって載っている所があった。

ゆりかご・江戸子守唄・五木の子守唄・島原地方の子守唄・竹田の子守唄・中国地方の子守唄・揺りかごの唄・眠りの精・シューベルトの子守唄・ブラームスの子守唄・モーツァルトの子守唄
子守唄ってこんなに在ったんですね。

たぶんもっともっと在るんでしょうが…子守唄っていい曲がイッパイ在りますね。

私は今「竹田の子守唄」が気に入ってしまい、所々に和音のアレンジなんか入れちゃったりして、ゆったりまったり弾いてます。

♪も~りもい~や~が~るぅ、盆からさ~き~ぃにゃ~♪
これって、むかしフォーク・グループ「赤い鳥」がヒットさせた曲ですよね。
何と!「竹田の子守唄」のB面は「翼をください」だったってご存知でした~!!両方ともい~い曲ですね。
07 : 05 : 17 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
卒業式
2006 / 03 / 23 ( Thu )


けいぼんの卒業式お蔭様で無事に終わりました。

卒業生十数名というアットホームな卒業式でしたが、
とても心のこもった暖かいお式でした。

在校生の言葉卒業生の言葉先生方のコーラスもみんな素敵でした。

けいぼん兄ちゃんはとてもいい表情でニコニコ笑顔。
私といえば、今までの想いがグーッと込み上げて来て、
やっぱり、謝辞の途中で言葉につまってしまいました。

お兄ちゃん卒業おめでとう
01 : 26 : 14 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
厚木チェリーズ♪
2006 / 03 / 21 ( Tue )


アコーディオンと親戚の…
ハーモニカのアンサンブル演奏グループ…『厚木チェリーズ』(ハーモニカの妖精たち)のみなさんです。

なぜ、厚木チェリーズ…か?
彼女たちは”ハーモニカの街あつぎ”を代表する存在でもあるそうです。厚木ってハーモニカの街だったんですね。

日本にアコーディオンの街ってのはないのかしら…

中央奥左の太長い(?)ハーモニカはコード・ハーモニカ
中央奥右のブロックのようなのはバス・ハーモニカ
お二人ともお上品な小さなお口で、こんな大きなハーモニカ、
いったいどうやって吹くのでしょうか??
コード・ハーモニカってどうなってるのでしょうか??
興味津々です。
22 : 00 : 38 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
桜のつぼみも膨らみ・・・
2006 / 03 / 21 ( Tue )
明日はけいぼん兄ちゃんの卒業式

先日の謝恩会での度胸が見込まれたのか…
卒業式で謝辞をよみあげることになってしまった。

度胸…は付いてきたが、文才が無い!!

「桜のつぼみも膨らむ陽春の本日…」

って、今頃こんなの考えてて間に合うかしら~
13 : 59 : 12 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アコのテキスト
2006 / 03 / 20 ( Mon )


個人レッスンが始まって、新しいテキストをもらった。

この写真、イイでしょ~っ!!
ドイツ語(たぶん)だらけで何が書いてあるんだかわからないが…
こんな写真がところどころに載ってて面白い。
それも、この写真みたいに生活に密着したかたちで…
田舎のおじいちゃんがカッコいいボタンアコ弾いたりしちゃってる。
いくつものアコーディオンが出てくるのでそれを見るのも楽しい。

それに♪の上と下に別々の運指の番号がふってある。
ところどころに鍵盤とボタンの両方の図が出てきて、矢印入りで説明されている。
これは、鍵盤とボタンアコと両方出来るテキストのようだ。

素敵な曲がいっぱい入ってそ~う!
パラパラめくっているだけでワクワクしてきた。
00 : 47 : 05 | レッスン・メモ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
お洒落なアコケースや~いっ!
2006 / 03 / 18 ( Sat )
先日お兄ちゃんの謝恩会に、アコーディオンを担いで行った時、
「どうしたの?その大きな荷物。お兄ちゃんお泊り?」って、
何人ものお母さんたちに聞かれてしまった。

えぇ~誰もアコーディオンって分からないのぉ~

私のアコケースはグレー?深緑?っぽい暗めの色の布製ケース。

それじゃあ今まで電車やバスに乗ってる時とか、
富山の薬売りか行商のおばさんにしか見えなかったんだろうか~っ!

「アコーディオンの本」(佐藤芳也著)にも、
アコーディオンのケースをもっとお洒落にして、
中に何が入っているんだろう…って
ワクワクさせるようなケース
があってもイイと思う。…と言うような事が書かれてあった。

私もそう思いま~す。日本でのアコ自体が黒・赤が殆どだし、
せめて、アコケースぐらいはもっとお洒落なのないかなぁ~!
花柄とかキラキラ系とかダメ~?

先日、メタリックのワインカラーのチェロケースを持ち歩いてる人を見かけた。
何とど真ん中に「かとちゃん、ぺ!」のシールが張ってあった。
それでもカッコよかった~!
19 : 33 : 18 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グラスホッパー物語
2006 / 03 / 17 ( Fri )


チョッと堅め話題が続きましたので…
今日はもうひとつ柔らかめの話題も行っちゃいます。

こちらご存知かとは思いますが、
NHK「みんなのうた」『グラスホッパー物語』
私、DVD買っちゃったんです。

NHK「みんなのうた」史上最高の35万件の検索があったとか…
結構人気あったようですね。

アコーディオンで弾くにはピッタリの曲
はやく、楽譜が出ないかなぁ~

作曲は松本俊明さん。実際にロンドンで遭遇した小さな事件から生まれた曲だそうです。
編曲は教育テレビ「クインテッド」でお馴染みの宮川彬良さん。
映像はクレイアニメの魔術師、プチプチアニメ「ニャッキ!」で有名な伊藤有壱さんが手がけた、可愛いバッタのクレイアニメ作品。
14 : 10 : 36 | アコーディオン | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
コードの勉強~その2
2006 / 03 / 17 ( Fri )


このまま逃げてしまおう…かとも思いましたが

私と同じコードが良くわからない方のために…

少しはわかりやすいかと思われる表が載っていましたのでご紹介します。表をクリックすると大きくなります。
…って、私もまだ良くわかってないんだけど…

右のCdim7がディミニッシュ・コードの4和音です。
アコーディオンの場合のdimはこの4和音の丸印の減5度が省略された形です。

「ケ・セラ・セラ」でのfoohta選手4回転ジャンプ(C→C#dim)の挑戦はあきらめ、
イナバウアー(カウンターベースC#+Gdim)で大成功をおさめたのでありま~す。

これらのコードの知識を踏まえた上でやはり実際に演奏しながら、自分での「イイ感じ!」を見つけていけばいいんですよね。
前奏部のC#dimは「カウンターベースC#+Gdim」じゃないと合わないのですが、主流部(?)のC#dimはGdimで代用しても全然問題なかったです。
12 : 57 : 08 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コードのお勉強
2006 / 03 / 15 ( Wed )


ディ・ディ・ディ・ディミニッシュ~~~!
アコーディオンのdimは4和音の減5度が省略されている形だそうです。

と・と・と・とりあえずコード表だけ載せて記事は後で書きますね。
一番下の列がdimの減5度省略の和音です。
スペースが足りず一部カットです。

コード表クリックすると大きく見られます。

今日は先輩方からdimについて詳しくアドバイスを頂き、
凄くためになりました。
っが~~~~!
コードのお勉強してたら…頭痛くなってしまった。
ギブアップで~す!
22 : 28 : 25 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
4回転ジャンプのつもりが一回転・・・の気持ち
2006 / 03 / 14 ( Tue )
フィギュアスケートで4回転ジャンプを飛ぶつもりが3回転や2回転ジャンプしか飛べなくて、
観客が「あぁ~!」ってため息を漏らす。って場面よくありますよね。
昨日人前でアコ演奏してみて、あの時の選手の気持ちスゴ~クわかっちゃいましたね~!

たとえば、「ケ・セラ・セラ」で前奏でC→C#dim→Dm→G7C#dimがくせ者。
前奏だから、ここのC→C#dimはすご~くゆっくりで飛んでDmへの着地も何とかでジャンプ成功!
その後、ドレミ・ソーミ・ソーミ・ソ~を
C→CM/B→CM/A→CM/G→CMでつないで、またC→C#dim→Dm→G7が出てくる。
ここはさすがにゆっくり弾けない。
C→C#dimのジャンプはまだ7割がたの成功率。
それに着地Dmもきれいに決めるためには、もっと成功率は低くなる。
決まれば凄くきれいな流れになるが…転べばメチャメチャ!
んんっ~!foohta選手4回転ジャンプに挑戦するかぁ~???
段々C→C#dimの場所が迫ってくる~!
行くか?行かぬか?…
あぁ~!やっぱり一回転ジャンプになってしまいましたぁ~!
foohta選手C→C#dimをあきらめ、無難にC→CM/G→CMで流しました~。

C→C#dimの直前まで行くか、行かぬか…悩んで結局無難にいきました。
んんっ~!フィギュアスケートの選手の気持ちがよ~くわかったぞ。

安藤美姫さん、オリンピックの大舞台で4回転ジャンプに挑戦したあなたは偉い!
23 : 51 : 02 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ついにデビュー!
2006 / 03 / 13 ( Mon )
昨日は幸せな事に…えりさんとお互いのアコに対しての想いを熱く語り合ってしまいました。
その中で「人前で弾く」という事は一歩前に踏み出す、という事で、そこから先はまた違う世界が広がっている…という話になりました。
そこで今日(13日)お兄ちゃんの謝恩会でアコを弾こうか迷ってる…ってお話したら、

「思い切って、一歩前に踏み出しなさい!」って背中を押してもらいました。

そして、ついに今日デビューしてきました。
って言ってもお食事の時間に子供たちや先生方の赤ちゃんの時の写真をスライドで見せて誰だかを当てるという出し物のバックでBGM的に流していただけで、みんな聴いてるんだか、どうなんだか??という状況でした。あまり音が大きいとインタビューの声も聞こえないので小さめに弾いていました。

曲目は「ケ・セラ・セラ」・「パリ空」・「アメリ」・「ハウルの動く城」・「ライムライト」・「スウェーデンのマイナー調ワルツ」
エンドレスに小さく何回も繰り返して弾いていたので、
あまり緊張もせず、いい練習にもてなって、弾いてるうちに段々間違いも少なくなり、凄くいいデビューでした。

最後に、あるお母さんのリクエストで「ハウルの動く城」をみんなの前で演奏して、お開きとなりました。

なんだか、場違いだったかなぁ~!みんな迷惑したかなぁ~!…なんてチョッとブルーになっていたら…

あるお母さんが、子供の赤ちゃんの頃の写真とアコーディオンの音色が凄くマッチしてて、なんだか昔を思い出してジーンと来ちゃった。凄くよかったわよ~!…って言ってくれたんです。
嬉しい~!

何か癖になりそ~う

さ~!一歩踏み出したぞ~
18 : 57 : 19 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
家族サービスは疲れる?
2006 / 03 / 11 ( Sat )
今日はあきぼんの達ての願いで映画「ドラえもん・のび太の恐竜」を一緒に観に行った。
あきぼんはとても面白かったらしく、最後に「おかあさん、もう一回見ようよ!」なんて言うもんだから、「冗談じゃぁ無いわよ~!」と母は怒り顔。久々の人ごみ、何だかとても疲れてしまった。

そしてうちに帰ってくると、母はまたアコーディオンを弾き始めました。
集中して1時間ぐらい弾いたでしょうか…何だか疲れが取れているのであります。
これはアコ演奏による脳内モルヒネ放出でありましょうか?

要するに、自分の好きな事やってるときは疲れないのよねぇ~

たまの家族サービスの時ぐらい、怒り顔なしで優しいお母さんしましょ~うね!あきぼんゴメンナサ~イ!m(__)m
20 : 10 : 55 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
合奏たのし~い!
2006 / 03 / 10 ( Fri )
最後のグループレッスンに行ってきました。

今日は合奏曲メインの日。「アメリ」「ケ・セラ・セラ」の合奏を5人で練習しました。
「アメリ」では私はベースを担当。独奏ではDm/Am/F/Cブン・チャッチャの繰り返しだけでしたが、
合奏用のアレンジではD→Dm/A→Am+Em(二つ同時押し)F→FM/C→Emブーン・ジャーと長めに伸ばすところがあり~の、他のパートではシンコペーションで、ずっとつなげていくところあり~の…となんかイイ感じなんですよねぇ~!合奏たのし~い

4月以降に予定している合奏曲もまたイイ曲なんですよ。アコ教室の仲間と楽譜をコピーしあったり、情報交換したりも楽しいし・・・あぁ~なんだか辞めたくな~い!

個人レッスン、グループレッスンどちらもそれぞれイイところがありますよね。
23 : 39 : 02 | レッスン・メモ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
個人レッスンスタート
2006 / 03 / 09 ( Thu )
私のアコーディオンレッスン…月2回のグループレッスンから個人レッスンに変えました。

グループレッスンでは月1回は合奏練習がメイン。もう一回は個別練習メイン。だから、個人的に見てもらえるのは月10~15分位。

夏までは一週間に1~2回位しかアコに触らなかったので、それ位でちょうど良かった。でも昨年秋からアコにハマってしまった私、ほとんど毎日弾くようになりました。
今の私の燃え上がり度(笑)からいくと、一生懸命練習して「よ~し!」と挑んでたった10分しか見てもらえないと物足りなく、逆に10分しかないと思うと異常に緊張して完璧のはずの課題曲もボロボロ。いつも不完全燃焼でありました。

アコ教室の仲間と会う事や合奏も、とても楽しかったのですが…
先生にもご相談して個人レッスンをスタートする事にしました。

個人レッスンでたっぷり40分見てもらえると、
自分の悪い癖や弱いところ、どこをどうすればきれいに聴こえるか…
やっと納得できる答えが見えてきた気がします。

私の場合ベローイングが大きな課題。キチンとベローストップしてから鍵盤の指を離し、次のフレーズに入る…ということがしっかり出来ていないので、きれいな流れ・繋がりにならず、音を引きずってしまう事がある。この辺がしっかり出来るとやはり曲がとてもきれいに聴こえる。マスター出来るかは次回までの練習しだい。
22 : 24 : 10 | レッスン・メモ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
キッザニア
2006 / 03 / 07 ( Tue )


今年10月東京ウォーターフロント豊洲「キッザニア」と言うところが出来るらしい!
キッザニアはこどもたちが営み、こどもたち自身の手で作りあげる、エデュテインメントタウン
道具やつくりも本物そっくりに用意された50以上のお仕事パビリオンで、こどもたちはなりたい職業にチャレンジできます。…とのこと。
ちなみに、「エデュテイメント」とは楽しみながら学ぶというエデュケイション(教育)とエンタテイメント(娯楽)の造語だそうです。
ピザショップ・宅配センター・警察署・消防署・銀行・歯科医院・ラジオ局・トラベルセンター・デザインスタジオ…などが出店(?)予定。
新し物好きのfoohtaさん今からワクワクです。

みなさん、もし今からなれる職業があったら何になりたいですか?

やっぱり、アコーディオン弾きかなぁ~
でも私の場合は、アコーディオン版「かしまし娘」かも~

♪わたしゃ~陽気な、かしまし娘~~~
それでは皆さん!ご機嫌よ~~~お♪
23 : 30 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
は~るがき~た~!
2006 / 03 / 06 ( Mon )


 ♪は~るがき~た~、は~るがき~た~、ど~こ~に~きた~!
…って写真は伊豆の河津桜

菜の花でピンクと黄色の春の競演です。
両方一緒に楽しめちゃうなんてなんて幸せ!
東京でも今日春一番がふきました。もうそこまで、春が近づいて来ていますね。

春になって暖かくなったら、絶対「公園デビュー」するぞ~!
 
実は先月、度胸を付けようと思い、近場の大きめの公園にアコを車にのせて乗りつけ、まず、公園を歩いてぐるり廻って様子をうかがい、イザ!!出陣!と思うが…やっぱり勇気が出ず、
「まだこんなに寒いしなぁ~」とか理由をつけて、そのまま帰ってきてしまいました。情けな~い(-_-;)


22 : 13 : 15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ジャッケトがイイんだよなぁ~その2
2006 / 03 / 05 ( Sun )
ミュゼット2

ご存知CD『パリ・ミュゼットVol.2』のジャッケト。こちらも素敵です。
一曲目の「ナニー」とはジャン・コルティーの愛称だそうで、友人のジョセフ・コロンボジャン・コルティーのためにプレゼントしたマイナー調のスイング・ワルツ。「旅芸人の馬車」はアタック感のある素敵なミュゼット。「無関心」はここではコントラバスの重厚な始まりで、ジャズっぽいのがまたイイですね。

23 : 35 : 52 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
猫のアコーディオン弾き
2006 / 03 / 04 ( Sat )


とうとう、ビデオ『パリ・ミュゼット』も図書館へ返しに行ってきました。
何か寂しいなぁ~と考えながら、図書館に向かって緩やかな坂道をゆるゆると登っておりますと、途中に小さな花屋さんがあり店頭に猫の楽団が並んでいました。ホルン・ティンパニー・サックス・フルート・指揮者…のなかに

いました…いましたこの猫のアコーディオン弾き

このお目めクリクリで見つめられて…チョッと「ジブリ」の世界?

買っちゃいました。300円だったんですよ。何かラッキーな気分!

チョッとピンボケですネ、お許しを…
18 : 26 : 41 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
花より団子
2006 / 03 / 03 ( Fri )


高貴な容姿、きらびやかな衣装や髪飾りの典型的な「京雛」。
でも、女雛(高さ)17.5cm、男雛14.5cmと小さめ。

江戸時代に華美な装飾のものがもてはやされる様になり、贅沢を禁止する幕府の命によって、人形作りは厳しく取り締まりを受けた。そんな中、抑制への反動から生まれたのが、この小さめの雛人形である。

逆境が生んだ細密の美…人は厳しい状況の中でこそ知恵をこらし工夫に工夫を重ねて素晴らしいものを創り出すのですね。

ところで、こちら和菓子の「虎屋」さんが所蔵なさっていて、この雛人形のほか、高さわずか4.5cmの極小雛や長さ13.2cmの牡丹唐草文唐机など細工を凝らした極小の雛道具などを含め約300点が、4月9日まで根津美術館にて展示されているそうです。


美しい京雛を眺めながら「虎屋のようかん」をいただく~~なんて想像しただけでも幸せ~
…ってやっぱり私は「花より団子」かぁっ~!
10 : 01 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
絶妙な配列
2006 / 03 / 02 ( Thu )
あまりにも基本的な事だからあまり触れられてないんだけれど…

ベースボタンが隣同士で5度、対位ベースが3度差で並んでいるって
絶妙な配置ですよね~。
も~~う、この配列誰が考えたの~ぉ!ホント凄いわぁ~
うーむ…アコーディオンってやっぱり面白いなぁ~!

交互ベースで上から下へず~と弾いていくだけでも、なんか自分が凄く上手くなった感じがして結構気持ちよくずっと遊んじゃってます。
02 : 31 : 25 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
アレンジの楽しみ
2006 / 03 / 01 ( Wed )
「アコーディオンの本」とうとう図書館に返してきちゃいました。

その中で…
「曲がロックであろうと、エイト・ビートであろうと、ベースとコードで『ブン・チャ・チャ・チャ』と弾いている人もいる。左手の古くさい伴奏一本調子で通していることが多い。」…と。

あちゃ~~!私のことだぁ~

そして続けて…
「確かに、市販されている譜面でアコーディオン用のモダンな曲の編曲やピースは少ない。しかし、ピアノや電子オルガンやギターなどの楽器の楽譜を持って来れば十分足りるのだ。自らがアレンジャーとなり、オルガン譜などを自分なりにアコーディオン用に編曲していく楽しみは格別なものだ。何でも自分でアレンジできるようになるという意気込みと挑戦が一番大事であろう。」
…だってさぁ~~~

早く『ブン・チャ・チャ』から卒業しなくては…
でもアレンジってどうやって勉強するの~???
00 : 46 : 10 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。