スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マヌーシュ・スウィング
2007 / 03 / 30 ( Fri )
AlsaceJK_b.jpg
ノート・マヌーシュ with チャボロ・シュミット
CD「ジプシー・スウィング・フロム・アルザス」


コチラで試聴できます・・
http://www.plankton.co.jp/203/index.html

ノート・マヌーシュ with チャボロ・シュミット
You Tube動画もありました。

マヌーシュ・ギターがずらりぃ~と並んで、軽快にギター掻き鳴らしてるのがカッコいい!
もちろん、盲目の天才アコーディオン奏者、マルセル・ロフラーの演奏もめっちゃ・・素敵!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ノート・マヌーシュ】
盲目の天才アコーディオン奏者、マルセル・ロフラーと、映画「僕のスウィング」出演し、チャボロ・シュミットの相棒として知られるギタリスト、マンディーノ・ラインハルトが中心となったカルテット。
彼らの大きな魅力は、軽快なギターと華麗なアコーディオン。パロ・ミュゼット風、はたまたピアソラ風!思わず唸る激ウマのアコーディオンをフィーチャーしたお洒落な感覚のマヌーシュ・スウィングを聴かせる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
00 : 05 : 05 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
絵本『ユックリとジョジョニ』
2007 / 03 / 29 ( Thu )
20070324_312766.jpg
絵本『ユックリとジョジョニ』荒井良二著

「ユックリとジョジョ二」は、著者の荒井さんが、
壊れそうになった時に自分自身を癒すおまじないの言葉だったそうだ。
だから、荒井さんの絵本には、頻繁に使われる言葉らしい。
”自分は絵本で呼吸している”って。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森に住んでいる”ユックリ”は歌が上手で、アコーディオンをひきます。
町に住んでいる”ジョジョニ”は、ダンスが得意です。

ふと気づくと
ユックリとジョジョニは
いっしょに
おどっていました

ふとした出会いは、偶然ではなく必然だったのでしょう。
ユックリはジョジョニの中に、ジョジョニはユックリの中に、
別の自分を・・見つけたのかな。

違う世界に住む2人だけど、ユックリが得意のアコーディオンのメロディで、
ジョジョニがおどって、2人は2人の世界に溶け込んでいく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ココのところ・・チョイとしゃかりきになってアコーディオン弾いちゃってる私。

原点に返りましょう!
けいぼん兄ちゃんが音楽に合わせて、首をフリフリ・・
そのニコニコ笑顔の横で楽しくアコ弾く幸せ!


あせらずに・・・ゆっくりとじょじょに行きましょう!
00 : 25 : 37 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
徹子の部屋
2007 / 03 / 29 ( Thu )
さて本日3月29日(木)の『徹子の部屋』のゲストは・・

アコーディオニスト cobaさんですよぉ~~!!!

徹子さんがご自分の「お葬式に使いたい!」・・と言ったという
coba即興の「黒柳徹子のイメージ」のアコ演奏も楽しみ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「黒柳のテーマ曲を即興演奏で…」

 アコーディオン音楽の可能性を広げ、世界で認められているアコーディオン奏者のcoba(コバ)さんがゲスト。昨年10月にアコーディオンの世界最高の栄誉である「ヴォーチェ・ドーロ賞」をイタリアで受賞した。その理由が「あなたの音楽はすでにアコーディオンを越えている。アコーディオンのイメージを壊して欲しいから」というもので、cobaさんにとっては最高に嬉しいものだった。その授賞式が行われた場所は、アコーディオンゆかりの地・イタリアのカステルフィダルド。cobaさんが留学生活を送った土地で、市長さんは彼が学生の時から注目していたのだとか。その時の模様をVTRでみながら、懐かしい再会とイタリアの思い出に話が弾む。今日は、即興で「黒柳徹子のイメージ」をアコーディオンで演奏。短い曲だったが、聴いた黒柳は「この曲を私のお葬式に使いたい!」というほど感激する場面も。
                     (TV朝日番組HPより・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はお仕事なので・・
録画予約をチャンとしなっくっちゃ!!
00 : 06 : 08 | coba | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
アコーディオン博物館
2007 / 03 / 28 ( Wed )
先日コチラでご紹介した・・
カステルフィダルドにある【アコーディオン博物館】Museo Internazionale della Fisarmonica

現代に至るまでの発展の歴史を150個の様々なアコーディオンを見ながら学ぶ事ができる・・・
とあって。。。

どんな博物館なのかぁ~~!すご~~く気になっていた。
写真・・ありました!ありました!
クリックで拡大します!
accordion1.jpg

accordion2.jpg

またぁ~!こんなの勝手に借りてきて・・
いつかきっとお縄になってしまいそうな・・foohtaさんであります。

そしたら。。
こんなのも・・
http://www.comune.castelfidardo.an.it/
Visitatori/Fisarmonica/museo_fisa.htm

こんなのも・・
http://accordions.com/museum/
あって・・博物館の中の様子もわかります。

それにしても・・これはも~~う美術品!!
実際に行って間近で見てみたいですネ。勿論、音色も聴きたい!!
00 : 12 : 33 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
スヴェング
2007 / 03 / 27 ( Tue )
img_cover2.jpg
【スヴェング】
スヴェングはフィンランドのハーモニカ・カルテット
メンバーの4人のうち3人がシベリウス・アカデミー所属。
残り一人は根っからのロード・ミュージシャン。
2つのソリストに加え、ハーモネッタと低音ハーモニカによるグルーヴィなリズムも聴きどころ。
スウイングするこの音楽は、すでにドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、オーストリア、ハンガリー、アメリカ等で、大好評を得ている。


スヴェング来日公演2007●
超絶フィンランド、スウェーデンの伝統音楽に加え、哀愁街道まっしぐらのロシアの伝統音楽、バルカン・ジプシーものに、アメリカのオールドタイムフィドルもの、そしてラグ・タイムスタイルまでありとあらゆる音楽を演奏する超雑食系ハーモニカ・カルテットついに日本登場!!

『スヴェング』をメインアクトに・・
大阪・梅田シャングリラにて5月18日(金)open 18:00 / start 19:00
【り~ど楽器フェスティバル!!】が開かれる。
ゲストには・・かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン) with 笹子重治(ギター)、はじめにきよし。

5月20日(日)東京・武蔵野スイングホールでの公演はすでにSOLD OUT 。

スヴェング動画はコチラ・・
http://www.youtube.com/watch?v=agYGuaQ904E

ハーモニカと思って馬鹿にしちゃぁイケない。。
コレが結構イイんだわさ!!

スヴェングのHPは・・
http://www.svang.fi/
00 : 19 : 13 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イノウラトモエ
2007 / 03 / 26 ( Mon )
middle_1129107988.jpg
【イノウラトモエ】
大阪を中心に活動する、ガールズ・クレズマー・バンド『イノウラトモエ』
2003年に井上智恵(アコーディオン)と浦朋恵(クラリネット)が
クレズマーを演奏するデュオとして活動開始。
翌年、ドラムスの加納佐和子が加入。

東欧をルーツとするダンス音楽=クレズマーを独自の手法で聴かせる異色トリオ。
その演奏、パフォーマンスは各方面で話題に。
活動内容もさることながら、彼女らのビジュアルも、注目されている。


そして先日、イノウラトモエに興味を抱いたイラストレーター達が12人が集合。
それぞれの視点でイノウラトモエを描いた展覧会が大阪であった。
inoura.gif
コレはその時のポスター。魅力的なキャラしてるんでしょうねぇ~!
今度は東京目黒trayにて3月29日(木)~4月3日(火)「イノウラトモエのエ 展」が開催。初日はライブもあるようです。

イノウラトモエHPは・・
http://www.geocities.jp/inouratomoe/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クレズマーとは
ユダヤ人のフォークロア・ミュージックがルートであるクレズマーは、もともとドイツや東欧で生まれたものである。クレズマーは、ハートをぎゅっとつかまれるようなスローなバラード、もしくは速い動きを伴うダンス音楽である。クレズマー奏者はクラリネットやヴァイオリンを使うことが多く、それらの楽器はこのジャンルの典型である技巧的で素早いテンポを余裕で生み出せるほど、用途の広い楽器だといえる。一部doina (自由に演奏されたイントロ)から始まることもあるが、たいていは強調部分に白熱した即興演奏が集結している。ユダヤ人移民によって19世紀後半から20世紀初頭にアメリカにもたらされたクレズマーは、有名な「屋根の上のバイオリン弾き」のような曲で具現化されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(goo音楽より)



そして・・
You Tubeクレズマー音楽いくつか載っていましたのでご紹介。
3つともそれぞれ違う雰囲気ですね!
http://www.youtube.com/watch?v=DkmFgQ9fM94
http://www.youtube.com/watch?v=g-iseqCOATk
http://www.youtube.com/watch?v=AKQNs50p73A
アコーディオン・クラリネット・バイオリンがそれぞれいい味出してて・・
何かクレズマー音楽イイねぇ~!
00 : 10 : 06 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
桜ソング特集
2007 / 03 / 25 ( Sun )
桜の開花のニュースもチラホラ・・ということで
桜ソング特集です。
全部聴いてると、スゴイ時間かかるから・・お好きなのからチョッとずつ摘み食いして下さい!


今、な方・・と言えば
【サクラ色】アンジェラ・アキ


スタジオ・ライブもイイので・・コチラも載せておきます。



【SAKURA 2007 version】いきものがかり

この唄・・私好きなのよぉ~。


【桜】コブクロ
http://www.youtube.com/watch?v=1LAv1z3iotI&eurl=http%3A%2F%2Fblog28%2Efc2%2Ecom%2Ffoohta303%2Fadmin%2Ephp


【さくら】ケツメイシ
http://www.youtube.com/watch?v=rYsohMTTVt0&eurl=http%3A%2F%2Fblog28%2Efc2%2Ecom%2Ffoohta303%2Fadmin%2Ephp


「さくら」・・と言えば、のこの人。
【さくら 独唱】森山直太郎
http://www.youtube.com/watch?v=OMrzpn-65wo&eurl=http%3A%2F%2Fblog28%2Efc2%2Ecom%2Ffoohta303%2Fadmin%2Ephp


この曲もイイですよねぇ~!
【桜】河口恭吾
http://www.youtube.com/watch?v=SLVxv64TUzk 


【桜坂】福山雅治
http://www.youtube.com/watch?v=DstnjGhrFG8


最後に・・
やっとこさっとこ、アコーディオンねたに持ってきた!
【桜チラリ】℃-ute
http://www.youtube.com/watch?v=c_EYdinK1vI
モーニング娘だってよくわかんないのに・・
ココまで来ると・・まったくわからん!!
アコーディオンの音色はイイね


そしてそして・・
アコ界からは、やはりこの人。
【$akura】coba
CD「ディア モデストマン」の3曲目に収録。
コチラから試聴できます。(ココだけ・・音源のみです)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1096850



画像貼付けだと・・長くなっちゃってゴメンなさ~~い!
00 : 02 : 26 | アコーディオン | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
ザッハトルテ
2007 / 03 / 24 ( Sat )
5858-thumbnail2.jpg
【ザッハトルテ】
京都のカフェをホームグラウンドに活動をしている・・
アコーディオン、ギター、チェロのアコースティックトリオバンド。
クレズマー、アイリッシュ、ジプシー音楽などのヨーロッパの民族音楽や、
古き良き時代のフランスのミュゼットなどの大衆音楽に魅せられた3人。
彼等のオリジナル楽曲は、新鮮さと郷愁を合わせ持ち、
老若男女問わず多くの人たちを魅了する、新世代のヨーロッパ風スィートミュージックだ。
ザッハトルテHPは・・
http://za-ha.hp.infoseek.co.jp/

試聴はコチラから・・
http://www.fujimach.com/radio.htm
1stアルバム「お茶の間ヨーロッパ」、2ndアルバム「貴方とワルツを踊りたい」から・・
視聴用に4曲をセレクトしたもので、少し長めに聴けます。

4560247830021.jpg
2ndアルバム「貴方とワルツを踊りたい」のジャケットも可愛い!



08 : 01 : 53 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
おばさん、悔し泣き!
2007 / 03 / 23 ( Fri )
本日はアコ・レッスン日!!

今週は珍しく月・火・木とお仕事で、
21日の休日も早起きして家族全員で遠くにあるお墓へお参り。
超ハードな1週間であったが・・・
『ドナウ河の漣』だけは毎日弾いていた。

でも・・今考えると・・
練習というより・・自分を癒すための演奏だった。

かなり弾き込んでいるので、譜面を見ずに弾けるようになってきている。
譜面を見ないで、立奏で何も考えずに弾く方が気持ちイイ!

レロレロに疲れた体も・・1回2回と弾いていくうちに元気になっていく。

この曲・・家でも、公園でも、施設でも、まずまず、弾けているのだけれど・・

本日、先生の前で弾くと・・やっぱりボロボロ演奏!
あまりにひどいので・・
いつものようなスタイルで弾けばイイかも~~!と思って、
楽譜見ないで、立奏で、も一度やらせてもらった。

結果は同じ!!ボロボロォォォォォォ~~~!!

悔しい、悔しい、ぐやじぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~!
マジで涙出かかりました。(心の中は・・ デス!)

何で、何で、ナンでなのぉぉぉぉぉぉぉ~~!


それは・・楽譜を見ないで練習していたからなのです。
私が考えていた『暗譜』とは「体に覚えこませる」・・ということで、
「楽譜が頭に入っている」・・ということではなかった。

先生曰く、『暗譜』するなら・・
今弾いているところの2~3小節先を常に頭に思い浮かべられるようにしておく・・との事。

私の場合、体で憶え込んでるだけなので・・
途中で途切れると、次のコードは?・・次のメロディーは?・・何を弾いていいか??
真っ白になってしまう時がある。

その状態で、先生の前で、
苦手な・・短前打音・付点四分音符の後の八分音符の長さ・一音一音をしっかり押し込む・・
などを急にキチッと弾きこなそうとするから、撃沈するのである。

foohtaさん、結構イケてるかと思ったけど・・まだまだでした。

最初から、細かい箇所をやり直しです。
しっかり、楽譜を見て・・ゆっくり・・
短前打音・付点四分音符の後の八分音符の長さ・一音一音をしっかり押し込む・・
右手だけ・・左手だけ・・から、練習しますです。

foohtaさん、自分らしい演奏が人前で弾けるのはいつのことかぁ~~??
20 : 32 : 50 | おばさんシリーズ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
coba凱旋記念ライブ at 名古屋
2007 / 03 / 23 ( Fri )
t_s.jpg
3月31日(土)21時~BSフジ「MUSIC:S」
『coba tour '06-'07ヨーロッパ凱旋記念ライブ at ZEPP名古屋』
が放映されます。
・・・コ・コ・コレはぁ~!
見逃せません!!



そして・・明日は・・
NHKBS-2「あなたが主役~音楽のある街で」
3月24日 (土) / 18:00~18:50
ゲスト:森 麻季(ソプラノ歌手)
http://www.nhk.or.jp/shuyaku-ongaku/
cobaさん・・この回が最後の司会となるようです。
cobaさんの演奏は1曲だけですが・・
コバケン先生の指揮で「アグア・モネグロス」を演奏。
00 : 29 : 00 | coba | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アコーディオン発表会
2007 / 03 / 22 ( Thu )
ある方のブログに「アコーディオン発表会」についての記事がありました。
発表会のあり方・とらえ方・・発表会での演奏する姿勢・・・
有料にする・・ということの意味は?
改めて・・考えさせられました!!
ご本人の許可を得て・・一部抜粋して載せさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とある教室のアコーディオンの発表会に行ってきました。

他の方の演奏を聞くと、いろいろと勉強になります。

今回の発表会は有料でした・・・

お客様から(たとえ小額でも)お金を頂いて演奏する緊張感というか、
お客様を楽しませなきゃ、という気合というか、
まずお客様ありき、という姿勢と
アマチュアでも、何か自分をアピールするパフォーマンスが欲しかったと思います。

発表会の件で、
譜面を見るのは認めてもいいと言う方もいますが、
出来れば暗譜したほうが、
客の立場からすると見ていてもきれいです。
それと、演奏の途中で
あきらかに間違えて、曲が止まってしまうのは
お金を取る以上どうかと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うぅぅぅぅ~~~~~!!
耳が痛い!!


私自身が4月に初めてのアコーディオン発表会に参加します。
それがなぜか・・有料!!
確かに、私の他の演奏される方はみな素晴らしい腕前の方々なので、
有料の価値あり!なのですが・・
自分の演奏に対してお金が取れるかといえば・・とんでもない!という状態なので・・

『お客様を楽しませなきゃ、という気合というか、
まずお客様ありき、という姿勢と
アマチュアでも、何か自分をアピールするパフォーマンスが欲しかったと思います。』

あらためて、このお言葉・・ココロしたいと思います。

この方はご自身の師匠から・・
「練習すれば技術は後からついてくる、
いくらテクニックがあっても、“感動を与える”演奏とは、別です。
下手でもいいから、お客様の“心に響く”演奏をすることが大事です。」

と、常々言われているとの事。

『下手でもいいから、お客様の“心に響く”演奏』
これは益々プレッシャーかかってきたぞぉ~!
でも、自分らしさ・・自分の表現したいもの・・が出せない演奏なら・・
人前で弾く意味がない!!

勿論、ミスタッチなしで、リズムや強弱やベローイングも楽譜どおりに弾けることが前提だが・・
少しでも、自分らしい演奏・・が出来て、聴いている方に何かを感じてもらいたい


きゃぁ~~!こんなところにこんな事書いちゃったら・・
「な~~んだ、こんなもんかぁ~!!」って言われちゃうよねぇ。
あぁ~~!ドキドキしてきたぁ~!
00 : 01 : 57 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
世界一高い橋
2007 / 03 / 21 ( Wed )
テレビ朝日の「題名のない音楽会」
2週にわたって放映された、【団塊の世代が選ぶ映画音楽】ですが・・
3月18日(日)は、いよいよ・・
「団塊の世代が選ぶ映画音楽ベスト10」発表でした!

1位 タラのテーマ(風と共に去りぬ)
2位 ムーン・リヴァー
3位 慕情
4位 シェルブールの雨傘
5位 アラビアのロレンス
6位 時の過ぎゆくまま(カサブランカ)
7位 ひまわり
8位 荒野の七人
9位 男と女 
10位 ベンハー


今回は・・アコーディオン登場しませんでしたね!

今、私、「男と女」を少しずつアコでチャレンジしているのでありますが・・
「ひまわり」もアコーディオンで弾いたらイイ感じですねぇ~~!

どちらにしても、映画音楽って素晴らしい曲ばかり。。。
いままた・・全部の映画観てみたくなってしまいました。



・・・ところで

こうやってアコネタばかりをしゃかりきになって探しているfoohta母さんの横で、
あきぼんくんが「お母さん、これ凄いよ!」
と番組終了後の出光のCMを目を真ん丸くして見ています。
20070224bridge.jpg
フランス、マシフサントラル山にあるミヨー橋高さ343m
パリのエッフェル塔と同じくらいの高さ。
東京タワーが何本も立ってるようなもんですね。雲海を下に見て走るのが幻想的

出光のCM「更なる高みへ編」・・動画はコチラ
http://www.idemitsu.co.jp/tvcm/flash/cm02_64.html

20070224bridge5.jpg
CMにはないけど・・花火の画像も凄い綺麗です!
00 : 04 : 02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
agua monegros
2007 / 03 / 20 ( Tue )
先日の・・「クイズ日本の顔」での
cobaさんの演奏「agua monegros」
早速You Tubeに載ってました!!見逃した方はどうぞぉ~~!

08 : 00 : 39 | coba | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
mama!milk
2007 / 03 / 20 ( Tue )
img530_aba.jpg
mama!milk
生駒祐子 ( アコーディオン ) 清水恒輔 ( コントラバス ) による室内楽ユニット。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これまでに「Gala de Caras」をはじめ6枚のアルバム作品を発表。また、このユニットの独自の姿勢・考え方を示すべく、世界各地の様々な空間ーー古い劇場、美術館、廃墟となった建物、カフェ、石畳の広場、港に停泊する船の上、寺院、ギャラリーなど、ある種の質感を肌で感じとれるような場所での演奏を重る。
それぞれの空間の空気を絡みとりながら丁寧に音を紡ぎだしてゆくそのたおやかなパフォーマンスは、聴くものの内に様々な世界を描きだし、リスナーはもちろん、音楽、舞台、映画、写真、絵画、映像、ファッションなど幅広い分野の人々から支持されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・mama!milkさんHPより

mama!milkさんのHPはコチラ・・
http://www.mamamilk.net/

そして・・ライブのYou Tube動画

京都:法然院での演奏のようだが・・
バックの日本庭園蝉の声がなんとも・・イイねぇ~~!

あとぉ~!今日は記事に直接You Tubeの動画画面を表示・・というモノにも挑戦!
成功したようで~す!・・前からコレやってみたかったんだぁ~!
00 : 07 : 34 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
世界一大きいアコーディオン
2007 / 03 / 19 ( Mon )
middle_1173874380.jpg
世界一大きいアコーディオン
ボディーには・・「カステルフィダルド」と書いてある!

カステルフィダルドはイタリアにあるアコーディオンの町。
アコーディオン製造では、最も主要な街として国際的にも有名。アコーディオンの故郷。

パオロソプラーニの町、といってもいいほどだった・・というのは、もう20数年前。
工場は閉鎖、一時は500名を越える工員を擁していた。
アコーディオンの黄金時代といわれる1960年代は、アメリカ向けだけで、毎月40000台ものアコーディオンが、カステルフィダルドから輸出されていたという。

昨秋、coba"voce d'oro"(ヴォーチェ・ドーロ)~金のリード賞~を授与されたのも
・・この町。

この町には「アコーディオン博物館」もある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【国際アコーディオン博物館】Museo Internazionale della Fisarmonica
1863年、この街で初めてアコーディオンを造り始めた職人(パオロソプラーニ)の店から始まり、現代に至るまでの発展の歴史を150個の様々なアコーディオンを見ながら学ぶ事ができる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カステルフィダルドにある有名なアコーディオンメーカー、パオロソプラーニの歴史は、聖地マドンナ ディ ロレート(LORET)を訪れたウィーンの宣教師が持っていたアコーディオンを 、その時世話になった、貧しい農家ソプラーニ家にプレゼントしたことから、始まった。当時、19歳だった長男パオロは、その音色に魅せられ、アコーディオンの虜になってしまう。そして・・小さな工房からアコーディオンを作り始めた。

パオロソプラーニといえばほぼアコーディオンの代名詞だった時代があった。
まさにアコーディオンの歴史そのものがパオロソプラーニだった。 
17 : 41 : 14 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
昨日が美人で・・今日は妖怪??
2007 / 03 / 18 ( Sun )
tour.gif
STEFAN KOJI IANCU(ステファン皓司イアンク)profile.gif

ルーマニア人の父と日本人の母を持つイギリス生まれの世界各国育ち、ニューヨークで三年間アコーディオンで活躍。昨年来東京に在住。アコーディオン歴は11年でジプシー音楽を始めとする民族音楽への興味から多才なスタイルを習得。NY時代から多数のバンドで演奏し、アメリカ、ヨーロッパ、インドネシア、日本で500回を越えるフェスティバルに出演しているジプシーミュージック界の注目株。

ステファン皓司イアンク』のHPはコチラから・・
http://www.dolomitesmuzik.com/

You Tube動画もありました。
http://www.youtube.com/watch?v=4uy_hl3UYIA
かなりサイケな感じなので・・心臓の弱い方はご遠慮ください。

でも・・彼のライブに行った人は・・
「凄い。凄い人だった…とにかくアコーディオンの演奏がたまらなくいい。なにかが込み上げてくる。あまり音楽は分からないけど魂に響く音ってなかなか出会えない。」
・・・などと感想を述べているようで、
何かチョッと怖いもの観たさで・・彼のライブも観てみたいです。
00 : 28 : 04 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ピエロ「チャカポコ」
2007 / 03 / 17 ( Sat )
photo_8.jpg
ピエロ「チャカポコ」さん・・可愛ぃ~い~~!

yucom_1.jpg
アコーディオン奏者「yu-com」さん


九州福岡を拠点にパフォーマンス活動をくりひろげている・・お二人
・・って、イエイエ
「チャカポコ」さんと「yu-com」さんって同一人物??・・らしい。

いずれにしても・・
顔は美しいし・・アコーディオンはお洒落!!
やっぱり・・ヴィジュアル的にイケてないとねぇ~。
天は二物を与えちゃってる。。のね。
美人なのに・・道化やっちゃいますかぁ~!

ちゃおさ~ん!北九州のアコ弾きさん粒ぞろいねぇ~!
00 : 05 : 47 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
満月倶楽部
2007 / 03 / 16 ( Fri )
今回のインフルエンザ+おたふく・・ダブルパァ~ンチ!の看病で、
疲れたfoohtaさんのココロを癒してくださいましたのが・・
img196.jpg

満月倶楽部のデモCD!!すみませんコレは非売品だそうですが・・
無理を言って、送っていただいたものです。

収録曲は・・
1.カノン/パッヘルベル
2.ケセラセラ
3.AKISORA
4.芸術の旅人
5.冬至
(3~5は佐藤心さんのオリジナル曲です。)

満月倶楽部ハープ(平見理津子さん)とアコーディオン(佐藤心さん)のデュオ
透明感のある優しい・・やわらかな・・音色でココロ癒してくれます。

満月倶楽部HPはコチラ・・
http://www.eonet.ne.jp/~shinsato/

クラシック曲やポップスのスタンダード曲の他、
オリジナル曲は、しっとりと落ち着いた少し和風のテイストのある曲を演奏。
大阪のレストランなどを中心に演奏活動中。


その中でも・・パッヘルベルのカノン!!
アコーディオンで奏でると、凄く素敵になってしまうのでした。
特に高い音がとても綺麗で・・何度も聴いてしまいました。

勿論・・さんのオリジナル曲も凄くよかったです!!



パッヘルベルのカノンばかりを収録しているCDというのがあって・・
こちらは、多彩な楽器で演奏したカノンが聴ける、まさに、【カノンを楽しめる】CD
image.jpg
カノン100% fiore

ピアノ、パイプオルガン、アコーディオン、ギター、アカペラ、
ハンドベル、クラリネット、マリンバ、和楽器(尺八&箏)まで!
全14曲入りで、様々な音色のカノンを堪能できる!
試聴はコチラで出来ます。
http://www.bmgjapan.com/_artist/item.php?item=4402

13曲目のカノンは・・
榊原大(ピアノ)with桑山哲也(ボタン・アコーディオン)
ジャズ・アレンジでおススメです!!




続きを読む
00 : 26 : 05 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
異邦人たちのパリ
2007 / 03 / 15 ( Thu )
2月7日から5月7日まで、新設された六本木の国立新美術館にて
「異邦人たちのパリ」展が開催される。
http://www.asahi.com/pompidou/
パリのポンピドゥーセンターの所蔵作品展で、
ピカソ、シャガール、モディリアーニ、藤田嗣治、カンディンスキーなど、
20世紀に活躍したパリにゆかりのあるアーティストの作品を取り上げた展示。

何と言っても・・
e034350c.jpg
モディリアーニ「デディーの肖像」

dd0020fc.jpg
マルク・シャガール「エッフェル塔の夫婦」

そして・・
6b4abe6f.jpg
藤田嗣治「カフェにて」

が有名ドコロだろうが・・

聞くところによると・・今回のコレクション
藤田嗣治「アコーディオンのある静物」という絵があるらしい。
アコ・フェチfoohtaさんとしては・・有名ドコロより、コレが見てみたいんだけど・・
コレってかなりアコ馬鹿??

見に行けない人は・・
テレビ朝日系列で特番再放送されるらしい!
●テレビ朝日にて:
3/24(土)27:40~
●CSテレ朝チャンネルにて:
3/21(水)9:00~
番組タイトル
「六本木☆パリ新発見! アート街を遊びつくす」
出演者
柴田理恵&パンツェッタ・ジローラモ、他。

私もたぶん行けない!
まさか・・特番で「アコーディオンのある静物」は映らないだろうなぁ~!
00 : 03 : 54 | アコーディオン | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
リュクサンブール公園
2007 / 03 / 14 ( Wed )
inunko.jpg

1998年に大阪を拠点に活動をスタートさせた、
6つのアコーディオンとパーカッションによる女性7名のアコーディオン楽団
“リュクサンブール公園”

カフェやレストラン等でアコースティック・ライブを精力的に行うほか、
数々の音楽イベントなどにも参加。
オリジナル曲を中心に映画音楽やミュゼットなどをリュクサンブール公園風にアレンジし、
既製に捕らわれない独自のスタイルで演奏を繰り広げる。

リュクサンブール公園のメンバーのプロフィールアコーディオンの写真はコチラ・・
http://www003.upp.so-net.ne.jp/akinel/menu/profile-p.html
6台のアコーディオンは圧巻!

リュクサンブール公園動画はコチラ・・
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48002971/48002971peevee18690.flv
リュクサンブール公園HPはコチラ・・
http://www003.upp.so-net.ne.jp/akinel/menu/main_Frameset-73.html

6人でアコーディオン弾いてるのって・・すんご~~く楽しそうよぉ~!

22 : 43 : 37 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ミュゼット・ジャズ・バンド
2007 / 03 / 13 ( Tue )
Musette-Jazzband.jpg
ミュゼット・ジャズ・バンド
http://www.geocities.jp/musette_jazz/

ボタン・アコーディオン(津田兼六)、マカフェリ・ギター(川瀬眞司)、コントラバス(廣田昌世)というフランスの伝統的なミュゼット音楽の編成で、即興演奏のもつ臨場感も追求しているユニークなユニット。2001年と2002年に「ル・バビロ」「ステュディオ・デ・イズレット」「フレッシュ・ドール・カフェ」などパリ市内のライブハウスで演奏し、好評を博す。関西を中心に年間50~60本のペースでライブを展開中。

ファースト・アルバムは・・
cd_jackets.jpg


収録曲はコチラ・・ですが
http://www.jam-enterprise.co.jp/musette/cd.htm
何か・・ほっこり、温かな大人のバンドって感じで・・凄くイイ!
「ミュゼットの女王」もあるぞぉ!・・聴いてみたいです。
続きを読む
22 : 49 : 12 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
銅版画家「つよしゆうこ」
2007 / 03 / 11 ( Sun )
何があろうと・・元気で突っ走ってる・・

foohtaさ~~ん!

でもでも、チョッと疲れてきたよぉ~~ぅ!

そんなときは・・
こんな・・ほっこりアートを見せていただくと
じんわぁ~~り癒されてきます。
tsuyosi19ch.jpg
写真拡大していただくと・・チャンとアコーディオンです。

20070213_292118.jpg

絵本作家であり銅版画家「つよしゆうこ」さんの作品。
どちらも、アコーディオンがらみの作品を選んでみました。
20 : 50 : 43 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
題名のない音楽会
2007 / 03 / 10 ( Sat )
テレビ朝日『題名のない音楽会』
3月11日(日) 午前9:00より放送
(BS朝日 3月14日(水) 午後9:00より放送)
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/html/onair.html

「団塊の世代が選ぶ映画音楽(1)」

映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランさんの登場。
2週にわたって、団塊の世代が選ぶ映画音楽特集!

●出演者●
【ミシェル・ルグラン】
通常より4年も早くパリ音楽院を首席で卒業。編曲・ピアノ・指揮と多方面で活躍し、映画音楽へ。
1963年「シェルブールの雨傘」が大ヒット。1971年「おもいでの夏」はアカデミー作曲賞とグラミー賞を受賞。

【サーカス】(ヴォーカルグループ)
1978年「Mr.サマータイム」でレコードデビュー。以来、オリジナル曲以外にジャズはもちろん、クラシック、ビートルズ、J-POPまでをサーカス風にアレンジし、洗練されたハーモニーで高い評価を得ている。日本を代表するコーラスグループとして活躍。

【TOKU】(ヴォーカル・フリューゲルホーン)
1973年新潟生まれ。日本人唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレイヤー。大学卒業後ライブハウスで歌っているところをアメリカのラジオ・パーソナリティがスカウトし、2000年にメジャーデビュー。若い女性を中心に人気を集める。

指揮: 曽我大介
ピアノ: 羽田健太郎
ドラム: 市原康
ベース: 荒川康男
テナー・サックス: 渕野繁雄
マンドリン、ギター: 松宮幹彦
アコーディオン: 鈴木正将
ツィター: 河野直人
演奏: 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(番組HPより)

アコーディオン: 鈴木正将
って載ってるという事は・・
「シェルブールの雨傘」かなんかをアコーディオンで弾いてくださるのかしら??
いずれにしても・・映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランだけでも必見ね!
21 : 47 : 26 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
なにも・・頭に乗せなくても・・
2007 / 03 / 10 ( Sat )
img_952787_10805816_0.jpg

コロンビアの民族衣装??
16 : 45 : 51 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
DIXIE CHICKEN
2007 / 03 / 09 ( Fri )
8ed09489e3cb807ce8dcd02da58d119a.jpg

リトル・フィートのCD『DIXIE CHICKEN』のお洒落なジャケット
21 : 22 : 55 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
けいぼん、おたふく・・に!
2007 / 03 / 09 ( Fri )
今度は・・
けいぼん兄ちゃんが・・
「おたふく」になった~~~~~~~~~~~~~!
なんでぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

もいちど・・
気合らぁ~!気合らぁ~!気合らぁ~!
ヘロ・ヘロ・ホゥ~!(エイ・エイ・オゥ~!)

しばらく・・しょうもない記事になるカモぉ~です。
17 : 10 : 44 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
浅草ジンタ
2007 / 03 / 08 ( Thu )
08.jpg
どこか懐かしいのに新鮮でコミカル、浅草のにおいがする。
ロックバンド『浅草ジンタ』!!

浅草の気質にひかれたリーダーの和尚が「地域に根ざす新しい音楽」目指し、前身のバンドを結成したのが7年前。浅草にはロックができるライブハウスはなく、野外ライブがメイン。『浅草ジンタ』という名は噺家バンド率いる三遊亭小遊三との出会いから命名してもらう。(「ジンタッタ、ジンタッタ」ってリズムから・・)

和尚はジンタの音楽を「エジャニカ」という。
「体から自然にしみ出してくるビートやメロディー」を指す。

美大予備校の講師の経験が長かったことから、メンバーの大半は旧知の美大出身者
・・・ということもあり楽器は自分達で改造?装飾?してあってそれがなかなかイケている!

特にアコーディオンなんかは元は、私のアコでもある黒のエクセルシアなんだけど・・・
写真のようにボディにはゴールドきらきらをほどこし、
蛇腹カラフルにペインティング。

写真では分かりにくいので『浅草ジンタ』のオフィシャルサイトにて・・
HPトップのアコーディオンの写真見てね。
http://www.asakusajinta.com/

チョッと写真がアップできないのですが・・・
もう一つのアコは黒のボディに赤や青や白の花々
をところ狭しとペインティング(?)してあって、とても素敵!
http://blogs.yahoo.co.jp/sizuka098/14928098.html
アコーディオンのヒロ姉さん・・美人な上にカッコエエです!


な~~んか!アコーディオンって『黒』のデザインが多い中、
コレぐらいお洒落なのもイイなぁ~!と思うわけですが・・
foohtaさんの場合、その前に腕磨け!っちゅう・・話ですわな。

そして・・『浅草ジンタ』You Tubeに動画ありました。
http://www.youtube.com/watch?v=elMlmNYgJ4Y
このときのアコは黒鍵がラメ入り緑だよぉ~!
00 : 06 : 57 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Groovy Accordion Night Tour
2007 / 03 / 07 ( Wed )
VIBL-376.jpg

本日3月7日・・いよいよ
cobaのDVD『coba groovy accordion night tour』が発売になりました。\4,725(税込)

イタリアでの金のリード賞受賞記念ライヴを皮切りに行われた
cobaのヨーロッパツアー『coba groovy accordion night tour』
イタリア、フランス、ベルギー、イギリス全9公演の中からLondonのSPITZ、PARISのLe Triptyqueを中心に、厳選された白熱のLIVE DVD作品。ヨーロッパツアーの映像に加え、11月からの凱旋帰国ライブ(全国30公演)よりZepp NagoyaでのLIVEも収録。
そしてボーナストラックとして、金のリード賞受賞直後のcobaのインタヴュー、カステルフィダルド市長のインタヴュー、カステルフィダルドのライヴダイジェストも収録。
22 : 48 : 50 | coba | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アコーディオンとどっちが大事?
2007 / 03 / 07 ( Wed )
アコ試験の日、帰ってきたら、あきぼんに・・・
「おかあさ~ん!ぼくとアコーディオン、どっちが大事ぃ~??」・・って聞かれちゃいました。
間髪いれず、
「そりゃ、あきぼんに決まってるじゃなぁ~い!」と答えたら
「だって、ぼくが熱あるのに、アコーディオンの試験に行ったじゃないのぉ~!」

熱っぽい、潤んだ瞳で、そんなこと言われましたぁ。
ううぅ~~!ゴメンなしゃい、あきぼん!

・・・・という訳で、
foohta母さん、寝ずに看病しています。

今話題の『タミフル』も飲んでますしね。。。


あぁ、それなのに、またお調子に乗って、
「子守唄代わりに、お母さんがアコーディオン弾いてあげるね!」とか言って、
枕元でアコーディオン担ぎだしたら・・
「おかあさん、弾かなくていいよぉ~」って。。。
そりゃそうだぁーねぇー。
アホなかあちゃん・・重ねて・・ゴメンなしゃい、あきぼん!

私がインフルエンザに罹っては大変!!
一日何回も「気合だぁー!気合だぁー!気合だぁー!」
をマジ、大声で叫んで、気合入れてますが・・・
アコーディオン弾いたほうが・・免疫力上がりそうなんだけどなぁ~!
ほんと『タミフル』より効くよ・・きっと!
06 : 27 : 59 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
おばさん、殺気立った雰囲気に呑まれる!
2007 / 03 / 06 ( Tue )
日曜日はアコーディオンの検定試験がありました。
私は初心者ですのでグレード試験は受けられないのですが、
オーディションの方だけ受けさせてもらいました。
もちろん初参加です。
・・・といっても何のオーディションなんだか分からない状態で受けている私も私。

まぁ~、でも何事も経験!場数踏んで、度胸付けましょい!
・・ということで『ドナウ河の漣』ひっさげて挑んだわけですが、
スタジオへ入るや否や・・
グレード試験を受ける先輩方の殺気立った雰囲気に・・
「おぉぅ~~~!!なんだぁ?このヤバい空気はぁ?」

プラス思考で緊張もせず、かなりいい感じでスタジオに入っていったんですがねぇ~。
あの殺気にジワジワァ~~!とやられて、自分の演奏の番までには心臓バックンコ状態

アレ・・体に悪いってぇ~!あんな激しい動悸・・更年期障害でもなかったよん。

最初から、初めてなんだし・・多くは望んでいなかった。
毎日毎日弾きこんでいって、先生に注意されたところも少しずつ直してきて・・
ワンフレーズだけでも・・自分らしいところを出そうと思ったのに・・

見事に撃沈!!

自分らしさどころか・・ガチンガチンのまま終わった。
速さも・強弱も・蛇腹の開閉もめちゃくちゃ・・音も外れる外れる・・
何と言っても・・途中で止まってしまった。(Amが見つけられなかった)

あんなになっちゃうもんなんだね。それだけでも・・いい勉強かぁ~!!

8人の審査の先生方が目の前にずらぁ~りと並び、
事前に提出した自分演奏する曲の楽譜に何やら書き込んでくださっていたらしいが・・

審査員の先生の顔もなんも記憶がない。。真っ白やぁ~!
情けなやァ~!cobaさんの「成功体験インプット」とは裏腹に
失敗体験が深~~く!深~~く!刻まれたのでありました。

かなり凹んでうちに帰ると・・
祖母ちゃんが「その腕前で、そんなのに出場しちゃうって気が知れないよぉ~!」
と・・ボディーに、もう一発
おまけに、朝微熱だったあきぼんがインフルエンザに罹っていて・・
foohtaさん見事にノックアウトでございましたぁ~~!
00 : 03 : 01 | おばさんシリーズ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。