スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ヱビス<ザ・ホップ>
2007 / 06 / 30 ( Sat )
ヱビス<ザ・ホップ>のCM
「グリーンベンチ夏」篇
item11_img_viewer_01.jpg
【青柳拓次(アコーディオン)/畠山美由紀(ヴォーカル)】

ヱビス<ザ・ホップ>のCM
「グリーンベンチ夏」篇
・・夏の浜辺でグリーンのベンチに座って、
まった~りビールを飲みながら音楽を楽しむ・・イイですねぇ~!!


この「グリーンベンチ夏」篇のCM・・何組かのアーティストさん篇があります・・がぁ~。。
なんと言っても・・
青柳拓次(アコーディオン)/畠山美由紀(ヴォーカル)
が一番でしょぉ~。。

動画はコチラからみれます。
http://www.yebisubar.jp/thehop/viewer.html#artist11
(ブロードで観れない方・・ナローバンドで観てね!)
コレは、たったの15秒ですが・・

コチラはメイキング映像とインタビュー(2分45秒)
http://www.yebisubar.jp/thehop/interview.html
アコーディオンのこと・・「第三の男」のアレンジについて・・などなど、
曲もたっぷり聴けて・・こっちの方が面白いですよぉ~!

コチラのCM・・paris-akoさんからの情報です。。
paris-akoさんありがとぉ~!
foohtaさんココんとこパワーダウンしてたから、このCM観て元気もらいました。。
青い海に・・冷たいビール・・そして、木陰でアコーディオン弾けたら・・
イメージしただけで、元気になれますわぁ~!
スポンサーサイト
10 : 36 : 37 | アコのCM | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
君をのせて
2007 / 06 / 29 ( Fri )
005.jpg
久木田薫(チェリスト)のアルバム『ジブリ・ザ・クラシックス』

「風の谷のナウシカ」から「ハウルの動く城」まで
夢と希望と感動がいっぱいのライトクラシック・アルバム。

この中で・・2曲目の収録曲
『君をのせて』(天空の城ラピュタより)
のバックでタンゴ調のリズムでアコーディオン演奏をしているのが・・
どうもcobaさんらしい!

なんか『君をのせて』がいつもと違って聴こえて素敵な雰囲気に仕上がってますよぉ~!

久木田薫さんHPトップのBGMに流れています。。
コチラから・・
http://www.kukita.jp/index.html
00 : 24 : 11 | coba | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ジャポネスク
2007 / 06 / 28 ( Thu )
cd20poch20vignette.jpg

おぉ~!これぞジャポネスクぅ~~~!!
パリ在住のアコーディオニスト伊藤浩子さんの
CD『はっぴぃレクィエム』のジャケットです。

素敵です・・イケてます・・
08 : 35 : 46 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
真珠貝の夜
2007 / 06 / 27 ( Wed )
arton216-300x450.jpg
上の写真は・・今年の『Nuits de Nacre』ポスター
チョッとオサレざしょぉ~~?

フランス南西部の町チュールで1988年から毎年9月中旬に開催されている・・
アコーデオンの国際フェスティバル
題して【真珠貝の夜】
フランス語では“Nuits de Nacre”(ニュイ・ドゥ・ナクル)
page_tulle.jpg


真珠貝はアコーディオンのボディの装飾やボタンに用いられる素材。
アコーディオンの重要なパーツのひとつである。
楽器を彩る美しい輝きは、フェスティバルのタイトルを飾るのにふさわしい。

チュールはフランスで初めて大規模にアコーディオンが製造された町。モジャン社が有名。
リシャール・ガリアーノも「最初の楽器はモジャンだった」と打ち明けている。

そして、You Tubeにも2005年の『Nuits de Nacre』の映像がありました。

【BELTUNER - Festival Nuits de Nacre 2005 (France)】
な~んか・・三日三晩アコーディオンの演奏と踊り三昧!!という感じで、
いいなぁ、いいなぁ~~!!
みんな幸せそうだぁ~!
00 : 19 : 52 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケロロ軍曹
2007 / 06 / 26 ( Tue )
「くるっと・まわって・いっかいてん」
VIZL-239.jpg
【きぐるみ】
テレビアニメ『ケロロ軍曹』のエンディングテーマ

アコーディオン音色入ってるんですわぁ~!!

コチラから試聴できま~~す♪
http://vemall.jvcmusic.co.jp/pages/EC1000?item_cd=VIZL-239
これは・・あきぼんからの情報提供でしたぁ~。。

先日、あきぼんがTVアニメを見ていて・・・この曲に遭遇。
「母さん、母さ~ん!アコーディオンやってるよぉ~!」
と、わざわざ呼びにきてくれました。
少し前に、昼間の奥様向け番組で桑山哲也さんがチョコっとだけ演奏してる時
うちの母までも、2階からドタドタ駆け下りてきて、
「チョッと、チョッとぉ~!アコーディオンやってるわよぉ~!」
と、教えてくれました。

こんなアコキチ母さんのために、
家族みんなでアコーディオン「ねた」にアンテナ張ってくれてて・・
ホント・・ありがたいことですわぁ~!!
08 : 14 : 45 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
キーパーの悲しみ
2007 / 06 / 24 ( Sun )
昨日の炎天下。。
今日のムシムシ天気。。
土日・・続けて、あきぼんのサッカー練習試合の応援でした。

foohta母さん・・他の母さん方より10歳ほど歳行ってまして。。
半日立ちっ放しで応援は・・かなりハードでございます。

あぁ~!それなのに、10対0負けました!!(サッカーなのにぃ~!10点ですよぉ。)
ゴールキーパーはうちの『のんびり王子』あきぼん君。
彼も彼なりに頑張ったんですけどねぇ~。

どうやって慰めましょ~ぅ??
親子してクタクタだしぃ~~。
今・・なんとなぁ~くドンヨリ空気のfoohta家です。

誰かぁ~1点ぐらい入れろよぉ~~~~!
(すみません。。みんなの前では言えなかったので・・ココで発散させてもらいました。)
ドンマイ・・ドンマイ・・ね。。
15 : 50 : 36 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ソフィー・カヴェ
2007 / 06 / 24 ( Sun )
kv.jpg
カーヴェー・エクスプレス『ルナ』

このベルギーの女性ディアトニック・アコーディオン奏者の名前はソフィー・カヴェ
彼女をリーダーとする新しいバンドの名前はカーヴェー・エクスプレス

ソフィー・カヴェは既にダジバオ(Dazibao)とユルバン・トラッド(Urban Trad)という二つのバンドの中心的存在でもある。
ダジバオは二人のディアト奏者ジョナタン・デ・ネックとソフィー・カヴェ、フラメンコ・ギター/ウード奏者のカリム・バギリ、そしてパーカッション奏者のジョー・ザンダースのクアルテットであり、2004年から活動している。
またユルバン・トラッドは2000年結成のトラッド~ニューエイジ系の8人組で、ストーンエイジ、ディープフォーレスト、アフロ・セルト・サウンドシステムなどと共通項のある、エスニック・アンビエント・バンドで2003年にはユーロヴィジョン・コンテストにベルギー代表として出場している。

この両バンドのディアト奏者であるソフィー・カヴェは、この二つのバンドがダンスバンドとして「バル」(大衆ダンスパーティー)に出ないことにフラストレーションを感じ、
自ら「バル」を中心とした活動をするダンスバンドを結成するのである。
それがこのカーヴェー・エクスプレスというトリオであり、メンバーはソフィー(ディアト)に加えて、エレクトリック・ベース奏者セドリック・ワーテルショット(from ユルバン・トラッド)とパーカッション奏者ジョー・ザンダース(from ダジバオ)が正式メンバーである。

カーヴェー・エクスプレスはディアトの若きヴィルツオーゾ、ソフィー・カヴェによるダンスバンドであり、トラッド&ファンキーなレパートリーを得意とするる。
ポルカ、スコティッシュ、ケイジャン、フォッホー、ワルツ、ジャヴァ...
年寄りにはちょっとできそうにないはっきりしたビートダンスになっていて、これは各地のフェスティヴァル会場を沸かせるだろうなと思わせる。(YTT e-boutique HPより・・)

試聴はコチラから・・
http://www.myspace.com/kvexpress
ナンか・・この試聴曲のノスタルジッ~クな感じぃが4曲とも・・
ググッ!!と来ちゃったわよぉ~!

そいでもってぇ~~!
こんな風にビロロ~ン蛇腹をパワフルにあやつって演奏してる姿も・・
カッコエエですわぁ~!

hi_13_1.jpg

14 : 55 : 32 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
レミーのおいしいレストラン
2007 / 06 / 23 ( Sat )
top_mainvisual.jpg
【レミーのおいしいレストラン・・7月28日公開】
物語の舞台は、グルメの都・パリにある“五つ星”レストラン《グストー》。
主人公はネズミなのに驚くべき才能を持つレミー。「シェフになりたい」という叶うはずのないない夢を抱えた彼は、運命的に導かれて《グストー》にたどり着き、料理の苦手な見習いシェフ、リングイニと出会う。それは、魔法使いにも神様にも起こせないような素晴らしい奇跡の始りでした・・・。

監督は、大ヒット作『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード。数々の名作アニメを生み出してきたディズニーとピクサー作品ならではの、細部にまで凝ったクオリティの高い映像は必見。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チョッと長いけどスペシャル映像はコチラからみれます。
http://www.disney.co.jp/movies/remy/index.html

私がなぜこの映画をご紹介したか・・といえば
映画自体も面白そうなのですが・・
アコーディオンの音色がそこここに流れているからなのです。

日本語版で紹介されている映像にはあまりアコーディオンの音色が入っていなくて・・・
???でしたが・・
やはり、You Tobe動画にはありましたありました・・




映像的にはコチラのの『クッキングCG映像』の方が面白いね。。


自分の限界を決めるのは、自分自身である。
誰にでも、料理はできる。
だが、勇気ある者だけが一流になれるのだ。
~~料理人 グストーの言葉より~~


10 : 56 : 58 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ミッシェル
2007 / 06 / 21 ( Thu )

ヘビ・メタでハードにいっちゃいましたので、
次はビートルズ・ナンバーしっとり・・いってみましょ!!
ポールマッカトニーが歌う・・『ミッシェル』

アコーディオンの音色がイイ感じで参加してるネ!

00 : 54 : 59 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
おばさん、二の腕自慢!
2007 / 06 / 20 ( Wed )
IMGP0249.jpg

きゃぁ~!本邦(奔放)初公開!!のfoohtaさんの水着姿。。。(とうとうココまでいっちゃたよ)
アコーディオンの腕前自慢が出来ないので・・
上腕筋自慢に走りましたぁ~。。
エェ~!ぶよぶよ二の腕で筋肉なんか見えないって??
ぶよぶよに隠れてるけど・・
けいぼんを抱えたり・・アコーディオン弾いたりで・・鍛えてるから
チャ・チャンと筋肉ありま~す。

写真は昨日の発達センターでの水泳療法でのワンショット。
このあと、けいぼんは「潜り」に挑戦!
10メートルを成功して皆から拍手をもらい・・満足顔でした。

実は・・私、水着姿になりたくないのですが、
けいぼんはプールが大好き!
この笑顔を見ると・・嫌々ながらも、おばさん、頑張って一肌脱ぎます。

お母さんの方が、楽しそうだって?
foohtaさん、昨日はやっぱり張り切り過ぎて・・
今朝、起きれずスクールバスに乗り遅れました。。トホホ
16 : 15 : 09 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
バイキング・メタル~~ぅ??
2007 / 06 / 19 ( Tue )
昨日に載せたYou Tube動画がもう観れなくなっているようで・・
もうチョッと詳しく調べてまいりました。。

フィンランド出身のヴァイキング・メタル・バンド『TURISAS』
1174390580.jpg

ヴァイキング・メタル・バンド『TURISAS』
試聴はこちらから・・
http://www.myspace.com/turisasofficial
試聴1曲目がアコがメインで、けっこうイイのよ!(雄叫び付きだけど・・)

アコーディオンの出番は少ないですが・・
『TURISAS』がどんなライブをするか、動画で観たい方のために・・コチラ。。
バイキング的雄叫びに・・おばさんもぶっ飛びました。
音量は小さめに!!心臓の悪い方はご遠慮ください。

2日続けてやるほどのネタではなかったね。。。

00 : 07 : 37 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヘビ・メタにアコ??
2007 / 06 / 18 ( Mon )

ヘビ・メタアコーディオンが入っているなんて・・
やっぱり、いかにアコーディオン一般的な楽器か!・・ということですよね。
00 : 35 : 52 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エディ・リーダー
2007 / 06 / 17 ( Sun )
【Dolphins】

『エディ・リーダー』
柔らかなアコースティック・サウンドで人気を集めたポップス・グループ“フェアーグラウンド・アトラクション”のヴォーカリスト。バンドでは88年にアルバム『ファースト・キッス』を残したのみだが、解散後はソロとして活動。
ファースト・アルバム『エディ・リーダー』から一貫して、
トラッド・ソングのようにナチュラルな体温を感じさせる渋い作品を作り続けている。

この動画では・・アコースティックギターとアコーディオンエディ透明感ある声
しっとり絡んで美しいサウンドを作りあげている。

エディ・リーダー・・なんと!私と同い年!!
私もガリ勉メガネをかけて「アンジェラ・アキ」風で迫ってみようかしら・・
えぇ!!私がかけると「光浦靖子」風になるってぇ~~!
16 : 54 : 47 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
おばさん、3枚におろされる!
2007 / 06 / 16 ( Sat )
なんでしょぉ~~!!梅雨入り宣言翌日のあの『どぴ~かん』はぁ~!
paris-akoさんの神通力は・・やはりタダモノではありませんでした。

さてさて、昨日は・・
業界(?)きっての辛口コメンテーターparis-akoさんの公園デビューに
お付き合いさせて頂く事となっていました。

paris-akoさんはご自分の演奏のことで頭がいっぱいだったでしょうけれど、
私はparis-akoさんの前でアコを弾くという緊張感で何日も前からドキドキしていて・・
内心・・「雨が降ってくれないかなぁ~」などとも思い始めていました。

下手くそなくせに・・
ここのところ、いい気になっていろいろな所で弾き出し、
とうとう代々木公園にまで進出してしまったfoohtaさんですが・・

paris-akoさんのようにばっさりコメント戴けることは、とても貴重なことです。

foohtaさん、思い切ってparis-akoさんの胸に飛び込んでまいりましたぁ~!
そしてぇ~!ばっさり3枚におろされてまいりましたぁ~。。。

まぁ、私のことはさておき・・
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、paris-akoさんは「アコーディオン定食」と名づけた
3曲セットしたものを5セットほど(もっとあったかも・・)用意されて、
そのメニューをお洒落なメモにフランス語(?)でサラサラと書かれたものをベンチにおいて、
かろやかに・・やわらかに・・演奏されていました。
素晴らしかった!!
やはり、辛口コメントが出来る・・ということは、ご自分も相当の腕前でなければならないのです。

あんなにお上手な方が、人前で弾くのが初めてだそうで・・
なんと勿体ないことかぁ~!!
アタシみたいのが公園で弾ちゃっちゃ逮捕でしょ!・・という感じです。


paris-akoさんが3曲1セットで弾く、合間に私が時々1~2曲弾く・・といった感じでしたが、
それだけに・・奏法の違いがハッキリと分かってしまいました。
私のはブ~ブ~と長く引きずる「オルガン奏法」なのです!
アコーディオンは蛇腹で弾くもの・・「蛇腹づかい」が肝心。・・とわかっていましたが、
ここまで自分がベタベタ弾きをしていたことを突きつけられ。。。
只今愕然としているfoohtaさんであります。

paris-akoさんからもアドバイス戴きましたが・・
じ~と見ていても、
ベローイングのテクニック。。
消音のテクニック。。
私には・・どうやったらあの音がでるのか分かりませんでした。
基本的な音出しの問題なので・・すぐ、直せるものではないのですが・・
地道にこの高ぁ~~い壁を越えなければなりませんね。

foohtaさん、昨日はかなり凹みましたが・・
今は「美しい音を出せるようになりたい」・・という想いです。
06 : 32 : 58 | 公園日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
御喜美江さんデュオライブin原美術館
2007 / 06 / 14 ( Thu )
御喜美江(acco)×池上英樹(マリンバ/perc) デュオライブ2007
公演日:9/29(土)~10/2(火)
会場:原美術館 ザ・ホール (東京都)


クラシック・アコーディオン奏者の第一人者、御喜美江
若手パーカショニスト池上英樹によるデュオコンサートの開催が決定しました!
アコーディオンとマリンバという稀有な組み合わせでお贈りするコンサート、
プログラムは1930年代~40年代を生きた作曲家の作品を披露する予定だそうです。
会場は、演奏家の息遣いが聞こえてるほど親密な空間の「原美術館」


プレオーダー:6/14(木)12:00~6/19(火)18:00
一般発売日 :6/25(月)10:00
詳細はコチラ・・
http://click.eplus.jp/?4_357856_18882_2

原美術館ってのが・・また素敵なトコみたい!!
閑静な住宅街にたたずむお洒落な洋館。
原美術館は1937年に原邦造氏が建造したアールデコ調の邸宅を改造して、
1979年に開館したモダニズムの面影をとどめるすてきな私立の美術館。。
アートだけでなく・・展示スペースやお庭、そして、カフェもとてもお洒落!!
その原美術館で御喜美江さんのアコーディオンが間近で聴けるなんて・・
素敵・ステキ・すて~~きぃ~♪
l_00000356IMG2.jpg

l_00000356IMG1.jpg
00 : 07 : 22 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
うたたね
2007 / 06 / 13 ( Wed )
てるおさ~~ん!!
沖縄民謡に・・三線に・・アコーディオンってやっぱり合いますね!!
三線とアコーディオンとウクレレのユニット『うたたね』

【♪てぃんさぐぬ花】
21 : 36 : 19 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
シルク・ドゥ・ソレイユ
2007 / 06 / 12 ( Tue )
アコーディオン弾き小春ちゃん。。
6歳のときに・・
サーカス団のアコーディオン弾きと目が合って・・
それで・・アコーディオンで生きることを決意したらしい。

ブログの自己紹介にも書かれてるし、
昨年のアコ合宿の時にも、じかに本人から聞いた。

小さい時から、アコーディオンなんか習ってる人っていったら、
cobaさんにしたって・・桑山哲也さんにしたって・・
お父様の影響があったわけだし、
ガリアーノのワークショップでレッスンを受けていた丸茂睦くんだって、
おじいちゃんだかおばあちゃんが弾いてて・・
その影響で4歳から習い始めた・・らしい。

小春ちゃんは違う!!タダモノではないとは思っていたが・・
6歳の時に自らが運命的な・・衝撃的な・・アコーディオン弾きとの出会いがあったのだ。

でも・・
私のイメージだと、サーカスといえば「キグレサーカス」「ボリショイサーカス」。。
いやぁ~!もっと古いイメージかもしれない。。

だから、サーカスといえば・・なんか古くて、暗めのイメージがあって、
「小春ちゃんもお若いのに・・変わってるなぁ~!」ぐらいに考えていた。

そしたら・・先日の小春ちゃんのブログで衝撃的な出会いをしたサーカス団というのが
「シルク・ドゥ・ソレイユ」だった・・というのを知った。

【シルク・ドゥ・ソレイユ】
You Tube動画にありました。コチラです。。
アコーディオン音色は最初から聴こえてきますが・・
アコーディオン弾きさん登場は3分半ぐらいからです。

やはり、私がイメージしていたサーカスとはかなり違っていましたぁ~!
オサレで~~~す!
アコーディオン弾きさんも素敵で~~す!
00 : 38 : 25 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
全国ナイスミドル音楽祭
2007 / 06 / 10 ( Sun )
text.gif


きゃぁ~~~~!
『ナイスミドル』ミュージシャンだって!
(「ナイスミドル」って・・いったい、いくつ??)
グランプリにはソニー乃木坂スタジオで本格レコーディング!賞金100万円だってよぉ~~!!
締め切りは7月13日(金)
大人同士の豊かな関係づくり・・「セッション」・・がテーマなので
ソロは不可でバンドユニットじゃないとダメらしい。。
2曲入りのMD・カセットなどの音源メンバーの写真と応募用紙で受付されるみたい。

あぁ~~!今年はもう間に合わ~~ん!
しょうがない。。来年に向けて・・やっぱり、サックスのおじさんナンパしてこなくっちゃ!!

なんか・・ギターの人が圧倒的に多いみたい。
全国のナイスミドルアコ弾きさ~~ん!!
アコーディオンの素晴らしさをアピールするためにも誰か出場してぇ~~!

テクニックも・・も・・なくても、気持ちさえあればいいんだって~~!!

全国ナイスミドル音楽祭HPはこちらから・・
http://www.toyopet-ms.com/meaning/index.html
15 : 48 : 04 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
Kalinka
2007 / 06 / 09 ( Sat )
昨日はアコーディオン・レッスンの日
いま、練習中なのが・・
ロシア民謡・・Kalinka(カリンカ)です。

ロシア民謡は
ときに優しく・・ときに激しく・・
ゆっくりと始まり・・徐々にスピードを上げて・・超早弾きへ。

この上がったり下がったりジェットコースター人生みたいな・・感じが。。
うぅ~~~!!まるで私にピッタリぃ~~♪

始まりは・・四分音符フェルマータで「E」一音のみ
ピアニッシモからフォルテッシモになりまたピアニッシモ
蛇腹を少しずつ膨らませ・・フォルテッシモに高めて行き・・
丸めて止めて縮めていく・・(いいんかぁ~?こんな表現で??)
foohtaさんのパッションを思いっきり蛇腹に注ぎ込みます!(なんちゃってぇ~~!!)

・・・ということで
本物も聴いて観ましょ~~う!


それにしても・・
このお化けみたいなバラライカは何ざんしょ?
バラライカにも・・コントラバスがあるそうです。
こんなデカイ三角形・・どうやって運ぶのかしらん?
00 : 25 : 47 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
上妻宏光「生一丁!」
2007 / 06 / 08 ( Fri )
上妻宏光「生一丁!」Tour2007
~古典曲、そしてアコーディオンとのコラボレーション~

津軽三味線奏者の上妻宏光さんの全国ツアー(全国18箇所20公演)が始まった。

上妻宏光さんは伝統楽器津軽三味線の新しい可能性を追求し、
他ジャンルとのセッションに数多く参加、注目を集めている。

今年はナント!・・アコーディオンとのコラボレーションが売り物。
ゲストは桑山哲也さん。(7/13岐阜、7/16三重公演は田ノ岡三郎さん)

昨日は松戸で初回があったようだが・・
上妻宏光さんと桑山哲也さんのアドリブ演奏もかなり盛り上がったようで、
ぜひ、聴きにいきたいですねぇ!

上妻宏光さんのHPは・・こちら
http://agatsuma.tv/index.html
ページの上のほうの、プロフィールやコンサート情報・・が書かれたバーの部分を上下に弾くと三味線の音が出るのも面白いです。上妻さんとセッション出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 津軽三味線は元々、“門付け”(かどつけ)という家々の前で三味線を弾いたり、唄ったりして、お金や食べ物を貰ったりする芸から始まったと言われている。新潟に、ゴゼという盲目の女性達が“門付け”をしながら津軽に流れて行き、津軽で唄や踊りを取り入れた民謡の一座を組まれるようになったことから、各地で演奏が行われるようになった。それまで伴奏楽器であった三味線の前弾きが、(唄の前奏に入るアドリブ)聴衆の心を掴み、ソロ楽器として認められるようになった。
 現在、伝統楽器の演奏もスピーカーを通し聴かせるのが大半であり、“生音”で聴く機会もほとんどなくなってしまった。上妻宏光は、“洋楽器と三味線の融合による進化の可能性”を追求すると反面、三味線の歴史を考えたときに“生音にこだわる自分”がいてもいいとの思いから、このツアーを行っている。今回は、古典楽曲の他、アコーディオンとのコラボレーションを展開。「臨場感溢れる“生音”の迫力を体感してもらいたい!」 そんな思いを間近で感じられるプレミアムツアー!
(上妻宏光さんHPより・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生一丁!」“生音にこだわる自分”・・イイですね!!
09 : 13 : 28 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
天使の一座
2007 / 06 / 07 ( Thu )
compagnie_big.jpg
ステファヌ・ドリック【天使の一座】

《収録曲》
1.ヴィーヴル(生きる)(5拍子ワルツ)
2.きみがいなければ二人にならない(ワルツ)
3.ナディエジュダ(マズルカ)
4.8歳の時(8拍子ワルツ)
5. マリオのワルツ(カスタニャーリさん)(ワルツ)
6.大理石の女(マズルカ)
7.マネット(ロンド)
8.マネット(5拍子ワルツ)
9.不意の女(マズルカ)
10.エストレラ(ワルツ)
11.マジョルカ島の娘たち(タンゴ・ハバネラ)
12.ラ・ニーニャ(8拍子ワルツ)
13.ナントの女(ワルツ・マズルカ)
14.ヴィエラ(ワルツ)
15.マリー=ピエール(アン・ドロ)
16.ジェヴージュカ(マズルカ)
17.拒まれた人々(ワルツ)

琴線を震わすアコーディオンの音色。美しい旋律と心に染み入るリズムのハーモニー。クラシック出身のドリックが奏でるアコーディオンの音色は、どこか切なく、憂愁を漂わせ、懐かしささえ感じさせる。ドビュッシーやラヴェルを聞くように楽しめるアコーディオン室内楽。優雅なマズルカ、そしてマイナー・ワルツの調べに心奪われる。ミュゼット・アコーディオンが飽きた人には絶対のお薦めです。(メタカンパニーHPより・・)

『天使の一座』試聴はコチラから・・
http://www.delicq.org/albums.html


ステファヌ・ドリックではないが・・【天使の一座】の中から『Estrellas(エストレラ)』
動画でありましたのでご紹介しときます。

何だか・・疲れたカラダが癒されちゃ~う優しいメロディー!
00 : 20 : 20 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
レ・プテイット・シャンソン
2007 / 06 / 06 ( Wed )
【レ・プテイット・シャンソン】
472.jpg
難病と闘うマルク・ペロンヌさん・・
完全に機能が戻ったわけではないが、音楽で自分を表現しようとするパッションは衰えることなく、
3年ぶりにCDをリリース。
その思いに共感して、
★アルチュール・アッシュ★マルセル・アゾーラ★ドミニク・クラヴィック他豪華ゲストが参加!
"ミュゼット""シャンソン"が一体となった心暖まるアルバム。

コチラで試聴できます。
http://www.ytt.fr/e-boutique/index.php?main_page=product_music_info&cPath=11&products_id=84
指と腕の機能劣化を補うために彼は出来る限り装飾を削って奏法を単純化した。
たくさんの音符よりもひとつのキー音にマルクのパッションは込められている。

00 : 25 : 42 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
マルク・ペロンヌ
2007 / 06 / 05 ( Tue )
ビデオ「パリ・ミュゼット2」の話が出たので・・
マルク・ペロンヌの話題も。。
【La Partida】マルク・ペロンヌ

マルク・ペロンヌダイアトニック・アコ奏者として有名であるが・・
90年代より難病と闘っており下半身の機能を失い、一時は両腕も上げれなかったが、
懸命の努力で克服してアコーディオンを弾き続けているという。

凄い凄~~い・・アコーディオンを弾きた~い!という気持ちが機能を回復させたんですね。


これもマルク・ペロンヌさんだと思うのですが・・

お宝アコーディオンに囲まれご満悦で、弾いて語って・・弾いて語って・・
幸せそ~うなマルク・ペロンヌさん
23 : 38 : 09 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アンディフェランス
2007 / 06 / 05 ( Tue )
こりゃ~お宝映像だべさぁ~!!
【アンディフェランス】

ベルナール・リュバ(アコーディオン)
アンドレ・マンヴィーユ(ヴォーカル)

のコンビで聴かせてくれちゃいま~~すよぉ!

これ確か・・ビデオ「パリ・ミュゼット2」の一番最後の部分のような気がしますが・・

ベルナール・リュバの・・そのまんま「呑んだッくれおじちゃん」風がイイんだよなぁ~!
00 : 05 : 14 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
エマールCM
2007 / 06 / 04 ( Mon )
もうイッチョ・・いっちゃいまひょ!

なんで「アコのCM」こんなに多いんでしょ~~う!
次から次へと・・見つけてこれちゃいますぅ~。。
お洒落なカンジに仕上がってますです!!

17 : 15 : 40 | アコのCM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エルセーヌCM
2007 / 06 / 04 ( Mon )
RIKAKOさん出演のエルセーヌCM『RIKAKO登場篇』
バックに流れるフランス映画っぽいBGM。
40歳とは思えぬ・・健康的なうしろ姿。。
実際のCMでは上半身脱いじゃってますっ!!

コチラからCM動画ご覧になれます。

http://www.elleseine.tv/tvcf/index.html
00 : 27 : 30 | アコのCM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タンガリア
2007 / 06 / 03 ( Sun )
『PARIS JAZZ FESTIVAL 2006』でのリシャール・ガリアーノの演奏。
【タンガリア】


先日の来日コンサートの時に買い求めたCD「ルス・ネグラ」の収録曲の中で一番好きな曲です。
このノリがたまりましぇん!!
左端のヴァイオリニスト・・先日の来日の時もいいコンビネーション見せてました。
14 : 58 : 52 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アコーディオン楽譜
2007 / 06 / 02 ( Sat )
アコーディオン楽譜・・どこの本屋に行っても殆どナイ!!

ご存知の方もいるかもしれないけど、
コチラのサイト・・アコーディオン楽譜ずら~~り!
http://www.fujiura.com/lessonsoft/style/accordion.htm?gclid=CMf2h7DCuYwCFQ-WbgoduXRfSQ
ジャズに、ミュゼットに、ポルカに、ビートルズに、クリスマスソング・・
欲しいな欲しいなぁ~・・みんな欲しいなぁ~!

どなたか・・ココから注文された方います?
私・・ネットオークションネットでの海外への注文も未経験です。。。

それにしても・・楽譜こそ世界共通語!!
英語やフランス語できなくても、楽譜読めちゃうってのは嬉しいよね!
22 : 55 : 51 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「生まれてきてくれて、ありがとう」
2007 / 06 / 02 ( Sat )
今日はけいぼん兄ちゃん誕生日・・
ということで・・
昨年の記事を再び、載せたいと思います!



今日はけいぼん兄ちゃんの誕生日!
ということで・・・
葉祥明さんの「生んでくれて、ありがとう」
少し長いけど・・・一部抜粋して紹介します。


ママ、ボクがうまれたとき、
ボクのカラダのことをしって
おどろいたでしょう?
ごめんね。ボクがみんなと
すこしちがっているいるんで、
しんぱいしたんだね。

・・・・・・・・・・・・・

ボクは、しっていた。
ママのおなかのなかで、このカラダが
できるまえから……。
ボクが、どんなふうにうまれてくるかを。
それだけじゃなく、これからさき、
ボクがどんなせいかつをし、
どんなじんせいをおくることになるのかも
ぜんぶわかっていたんだよ。


すべてをわかったうえで、
ボクはママをママにえらんだ。
なぜって、こんどのじんせいで
ボクがチャレンジしようとしていることに
もっともふさわしいカラダのボクをうけいれる
おおきな、おおきなあいが、ママにはあったからだよ。
ママもこころのどこかで、そうかんじていなかった?

・・・・・・・・・・・・・

うまくいえないけど、
このカラダは、ボクじしんが
のぞんだものなんだよ。だからママは、
もうじぶんをせめたりしないでね。
むしろボクは、ありがとうって、いいたい!
こんなふうにうんでくれたママに、
こころから、ありがとうって……。

・・・・・・・・・・・・・

ママ、ぼくをみて!
これがボク、ありのままのボク。
だけど、ママ、これからさきのことをかんがえて
おそれないで!あきらめないで!
なにがあってもだいじょうぶ。
このよにおこることには、すべてにいみがあり、
むいみなことなんか、なにもないんだ。
おおきな、おおきな、みえないちからをしんじて、
あんしんして、このことをうけいれればいいんだよ。

・・・・・・・・・・・・・

ボクのねがいは、
ママがだれにもひけめをかんじることなく、
むしろほこりをもって、いきてほしいってこと。
きそいあったり、くらべたりするせかいとはちがう、
おだやかで、おもいやりにみちた、やさしいせかい。
それが、ボクのいきているせかいなんだ。
ママも、みんなも、すこしずつ、
そのことがわかってくるはずさ!


たいせつなのは、ボクもママも
いま、いきているってこと。
すぎたことをくよくよかんがえたり
さきのしんぱいなんか、しなくてもいいんだよ。
ボクといっしょに、このいちにち、いちにち、
いっしゅん、いっしゅんを
ひたむきにいきようよ!



00 : 11 : 24 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
明日は・・けいぼんの誕生日
2007 / 06 / 01 ( Fri )
このブログを始めた時に、
けいぼんのこととアコーディオンのことと半々ぐらい載せようと思っていましたが・・
実際はご覧の通り・・アコーディオンの話題がメインの「びたみんAcco」になりました。

明日でけいぼん17歳になります。
けいぼんが生まれて15年くらいは・・
「障害児を抱えた頑張る母」肩書きでひたすら突っ走ってきたように思います。
ココ2年はその肩書きを置いて、「アコキチおばさん」肩書きかな??)

勿論、最初の2~3年は泣いたりわめいたりもあったけれど・・
あるがまま「けいぼん」・・その母としての「自分」を受け止めてしまえば・・
普通の家族となんら変わりない!!
そりゃぁ~、「大変じゃない」・・とは言わないけれど・・

私はこんな性格だから・・いつも、何だか楽しそうにニコニコ・・へらへら・・
してるもんだから・・
「あなた、お偉いわねぇ~!いつも明るく頑張ってらして・・」と何回も言われてきた。

よっぽど、不幸のどん底に思われているんだろうなぁ~。。
けっこう幸せなんだけど・・これでもぉ~。


それで、ブログには・・
重度の障害児を抱えていても、こんなにイキイキ輝けるんだぞぉ~!
・・ってこと伝えたかったし、けいぼんの素晴らしさも伝えたかった。。

でもでも・・
「障害児の母」のスタンスで書いちゃうと・・
なんか重くなっちゃうのよね。。。

だからだから・・
やっぱり「アコキチおばさん」のスタンスで書くことにしました。
私が「イキイキ輝いて(?)突っ走っている」ことはわかって戴けていると思います。

けいぼん素晴らしさについては・・まだまだ伝えられていない気がしますが・・
少しずつ・・わかってもらっていると思っています。

もちろん、けいぼんが生まれてきてくれた、おかげで、
今の自分がある・・私をここまで成長させてくれた・・と感謝しています。

けいぼん、生まれてきてくれて・・ありがとう!!

明日はけいぼん誕生日ということで・・
おもたい話をおもいきって書いてみました。

23 : 56 : 48 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。