FC2ブログ
シラノ・ド・ベルジュラック
2007 / 09 / 07 ( Fri )
市川右近さんの「シラノ・ド・ベルジュラック」観劇。
青山円形劇場
に行ってきました!

当日券購入でDブロックの最後尾の席だったので心配しましたが・・
最後尾といっても前から5列目、円形劇場のため中央の舞台上で、
役者さんがクルクル歩き回ってくれるので、すぐ近くで表情もハッキリ見えました。

しかし、全方向から観られているということは、役者さん的には厳しいですね。。
休むところなく体の全てに神経を張り巡らし演技をしなくてはいけない・・ということですものね。

劇場内はなぜか歌舞伎幕が壁一面を取り囲み…
拍子木が鳴り…
右近さんの語り口も、なんとなく歌舞伎調。

全て正面の円形舞台、舞台装置なし。
役者は予告なく四方八方から飛び出し、臨場感たっぷり。
衣装は温かい色調のロココ調、
流し風のアコーディオンとヴァイオリン弾きが芝居小屋気分を盛り上げる。


キャストは・・
恋と冒険に生きる道化師、シラノ 市川右近
辛辣な舌で男を翻弄する美女、ロクサアヌ 安寿ミラ
嫌味で気障なド・ギッシュ伯爵から浮気女まで、 加納幸和
シラノの親友から侍女まで、 坂部文昭
酔っ払いの詩人から腕白坊主まで、 たかお鷹
二枚目クリスチャンからミーハー娘まで、 桂憲一
寝取られ男から修道女まで、 市川猿弥

この出演者7人で、50名近い出演者を演じているらしい・・。
歌舞伎役者さん、劇団の役者さん、元宝ジェンヌだから・・早替わりはお手のもの。。

そしてそして・・
今回、演劇も歌舞伎もまったく詳しくないfoohtaさんが何故「シラノ」を??

それは・・演奏が
アコーディオン 大田智美
バイオリン 廣川抄子

だったからで~~す♪

小劇場だからこそのアコーディオンとバイオリンの生演奏は凄く効果的!

それに、この若いお二人の演奏家が、
あるときは、役者さんと一緒に演奏しながら登場し・・
またあるときは、舞台そでで自然な感じでBGMを奏で・・
劇の進行に重要な役割も果たしていた。


DブロックってAブロックの反対側なので裏といえば裏なので、
たまたま、その通路側に座っていた私のすぐ横で、
大田智子
さんがホーナー(たぶんゴラだったと思う・・でも軽々抱えてたよ)を弾いてくれっちゃってて、
私としては・・ホント絶好の場所で聴けた(観れた)のでした。

エドモン・ロスタンが生み出した永遠の“愛に殉ずる男”シラノ・ド・ベルジュラック
詳しくはこちらのサイトで・・
http://www.majorleague.co.jp/stage/cyrano/index.html


そして、稽古風景がYou Tubeにありました。。

『シラノ・ド・ベルジュラック』稽古風景

奥のほうに大田智子さんがアコーディオン演奏してるのがチョコっと映ってます。
なんと・・大田智子さんは御喜美江さんのお弟子さんです。
続きを読む
スポンサーサイト



15 : 13 : 28 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |