スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
聖なる夜に
2008 / 12 / 24 ( Wed )
【聖なる夜に】
seinaruyoruni.jpg
ピーター・コリントンBL出版

文字はいっさいない、無声映画のような絵本。。

**************************************************************
今日はクリスマス・イヴ。
食べるものが何もなくなってしまったジプシーのおばあさんが
アコーディオンを持って町へ出かけていきます。
おばあさんは街角で歌をうたってお金を稼ごうとしましたが、
人々はだまって通りすぎていくばかり。
しかたなくおばあさんは大切なアコーディオンを売ることにしました。

お金を箱に入れて帰りについたおばあさんでしたが、
不幸なことにひったくりにあってしまいます。
おばあさんが雪に残っているバイクのあとを辿っていきました。

このふとどきなひったくり犯人は、教会の募金も盗もうとしています。
おばあさんは、それを取り上げました。
教会の中へ逃げ込むと閂をして、外の様子を伺いました。

すると・・・馬小屋、マリア、飼い葉桶のイエス、ヨゼフ、
羊飼い、3人の博士が散らばっています。

おばあさんは、それをきちんと治してから家に帰ろうとしました。

降りしきる雪の中、朝から何も食べていないおばあさんは行き倒れてしまいます。

そこへ、先ほど助けた教会の人形たちが助けにきます。
おばあさんを家まで運び、イエスを抱いたマリアは献身な介護をし
三人の博士たちは、質屋に行き、自分たちの持ち物(黄金、乳香、没薬)を差し出し、
おばあさんのアコーディオンを返してもらいました。
その後、おばあさんのために、七面鳥や果物、野菜を買います。
大工のヨゼフは、モミの木を切りに行き、家を修繕し、
羊飼いは、泥棒からおばあさんのお金を取り返し、モミの木の飾り付けをしています。
三人の博士は、料理を作りました。。。

全ての支度が出来上がると・・・彼らは姿を消し
おばあさんは目を覚まします。
部屋の様子に驚き、その仕業がなにか窓を開け探しますが
わかりません。

でも 食事を終え、アコーディオンを弾いている様子は、
このうえない幸せを感じます。

家の外には・・・無数の小さな足跡。。。。
スポンサーサイト
23 : 42 : 43 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<another sky | ホーム | Happy Xmas (War Is Over ) >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/1143-539fdc94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。