スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
エディットピアフ ~愛の讃歌~
2009 / 01 / 04 ( Sun )
本日。。お昼にぃ~~!!
なな~んと!

2007年秋上映されて。。
footaさんがぁ~映画館で小タオル噛みしめて号泣しちゃったぁ・・
あの映画「エディットピアフ ~愛の讃歌~」
テレビ東京「新春シネマスペシャル」で放映されますよぉ~!!

「エディットピアフ ~愛の讃歌~」
2009年1月4日(日) 午後1時25分~午後4時00分



***************************************************
数多くの名曲で知られるフランスの偉大なシャンソン歌手、
エディット・ピアフの波乱万丈な生涯を描いた感動の伝記ドラマ。
(2007年/フランス・イギリス・チェコ)


貧しく孤独な子ども時代から47歳で死に至るまで愛を歌い続けたエディット・ピアフの人生を、
オリヴィエ・ダアン監督がドラマチックな映画に仕上げた。
20歳から晩年までのピアフを全身全霊をかけて表現したマリオン・コティヤールの演技は
各方面から絶賛され、アカデミー賞主演女優賞をはじめ数々の映画賞を獲得した。

出演者
マリオン・コティヤール、シルヴィー・テステュー、パスカル・グレゴリー、
エマニュエル・セニエ、ジャン=ポール・ルーヴ
ストーリー1
1915年、フランス・パリの貧しい家庭に生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガション(マリオン・コティヤール)。彼女は、幼くして両親の元を離れて祖母が営む娼館に身を寄せる。一時期、目の病で失明してしまうものの奇跡的に回復。やがて成長したエディットは、日々の生活費を稼ぐために路上で歌を歌うようになった。

ストーリー2
そんな彼女に突然の転機が訪れる。パリ市内の名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)にスカウトされ、その才能を見出されるのだった。その歌声から“ラ・モーム・ピアフ(小さい雀)”と名づけられた彼女は、歌手としてデビューするや、瞬く間にスターダムへと駆け上っていくのだったが…。
スポンサーサイト
09 : 04 : 54 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<D30。。「太っ腹人生 楽しむ」 | ホーム | 尾崎豊ワールドを。。アコで!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/1163-bc2e923b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。