スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ダニエル・コラン「パリ、街角のアコーディオン~私の愛した名曲集~」
2009 / 09 / 14 ( Mon )
danikora1.jpg
9月16日リリースのアルバム
ダニエル・コラン
「パリ、街角のアコーディオン~私の愛した名曲集~」


アコーディオンの名手、ダニエル・コランが奏でるパリ、街角の名曲集!!
ミュゼット・ワルツ、タンゴ、ラグ・タイム、パソ・ドブレ(スペインのリズム)、ポルカなど、インターナショナルな街パリ、そしてパリ発ワールド・ミュージックと言われるミュゼットの魅力が堪能出来るアルバム!
M-1では今年80歳になる伝説のアコーディオン奏者、ジャン・コルティとの共演が楽しめます。

【アルバム内容】
 今年68歳になるフランスを代表するアコーディオン奏者、ダニエル・コランが、2009年春にパリで録音した待望の新作です。
 様々な人種、文化が共存する街、パリ。そんなパリの街角から聞こえるメロディーやリズムをモチーフにしました。M-3のパソ・ドブレ、M-4のタンゴ、M-8のブルース、M-9のポルカ、M-12のラグ・タイム、そしてM-2のミュゼット・ワルツなど多彩な曲調です。レコーディングでは5台のアコーディオンを使い分けているほか、M-4ではバンドネオンを演奏しています。
 本作はアコーディオン奏者、ダニエル・コランのさまざまな側面を聞いて頂けると共に、パリだからこそ生まれたアルバムであり、ミュゼットがパリ発ワールドミュージックと言われる所以もこのアルバムの中にあると言えます。

**********************************************以上・・リスペクトレコードHPから抜粋
■収録曲 
1. イディーユ Idylle (Jean Corti)
今年で80歳になるアコーディオン奏者、ジャン・コルティのオリジナル曲。ダニエル・コランとジャン・コルティ、二人合わせて148歳のアコーディオン奏者の共演曲。

2. 甘い喜び Douce joie (Gus Viseur)
ミュゼットの名曲として知られる。名アコーディオン奏者、ギュス・ヴィズールの作曲。

3. さらば、セヴィリア Adios Sevilla (Tony Murena-Jacques Chanzol)
スペインのリズム、パソ・ドブレの曲。こちらも名アコーディオン奏者、トニー・ミュレナとジャック・シャンゾルの作曲。

4. ラ・ブール・タンゴ La Boule Tango (Dominique Cravic)
本作のプロデューサー&ギタリスト、ドミニック・クラヴィクのオリジナル曲。

5. ハリネズミのワルツ La valse des niglos (Gousti Malla-Jean Davon)
マヌーシュ(ジプシー)の好物である、ハリネズミのスープにちなんだワルツ曲。

6. マド Mado (Emile Vacher)
「ミュゼットの父」と言われるエミル・ヴァシェの最愛の妻マドに捧げたワルツ。

7. モンターニュ・サント・ジュヌヴィエーヴ Montagne Sainte-Genevieve (Django Reinhardt)
スィング・ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト作のミュゼットワルツ。

8. グリスビーのブルース Le Grisbi (Marc Lanjean/jean wiener)
ジャン・ギャバンとジャンヌ・モロー主演の1954年のフランス映画「現金に手を出すな」の主題歌。

9. プレザンス・フォックス Plaisance-Fox (Emile Vacher/Jean Peyronnin)
6と同じくエミル・ヴァシェの作。軽快なフォックストロット(プレザンス・ポルカ)。

10. マリア・モレナ Maria Morena (Juan Portal)
メジャー調のパソ・ドブレ曲。

11. メグレ警視のテーマ Kommissar Maigret-theme (Ernst-August Quelle)
BBCテレビが、1950年代後半にテレビ映画化したものを、さらにドイツ向け版にした際に作曲されたテーマ曲。大ヒットした。

12. アコーディオン・ラグ Accordeon Rag (Dominique Cravic)
ドミニック・クラヴィックのオリジナル曲。軽快なラグ・タイムナンバー。

13. 愛と春 Amour et Printemps (Emile Waldteuffel)
「スケーターズ・ワルツ」で有名なエミル・ワルトトイフェルの作。

14. プレリュード#1 Prelude #1 (Daniel Colin)
ダニエル・コランのオリジナル曲。次の曲「失われし楽園」より刺激されて作曲した曲。

15. パラディ・ペルデュ(失われし楽園) Paradis perdu (Roger-Fernay/Hans May)
CD盤面には「失楽園」となっておりますが、正式邦題はこちらになります。映画「失われし楽園」のテーマ曲。シャンソン。歌手リュシエンヌ・ドリールのレパートリーでも知られる。

16. プリンセス・アコーディオン Princesse Accordeon (Roger Dufas)
日本のアコーディオン愛好家の間でも人気の高い、1954年の作品。

17. コラネット Colinette (Daniel Colin/Francis Carpentier)
ダニエル・コランのオリジナル曲。

スポンサーサイト
00 : 18 : 05 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<放さんか爺~~ぃ!! | ホーム | 人工芝突き抜けて。。彼岸花!>>
コメント
--おお!--

新録音のアルバムですか。すごい。で、また年末に東京でコンサートがあるんでしょうかね。
by: ふつぞう * 2009/09/14 08:30 * URL [ 編集] | page top↑
--お久しぶりです--

コンサート、ありますよ!
もうチケット販売されています。
12月12、13日の2日間!
多分、行きます!
by: murakami * 2009/09/14 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ふつぞうさんへ
毎年の恒例になってきましたね!!
ジャン・コルティさんとの夢の競演が売りでしょうか?

12/8福岡、12/10沖縄、12/12&13東京にてリリース記念コンサート開催。。だそうですが・・
毎年・・沖縄が入っているのは。。コランさんの希望(観光目的?)もあるんでしょうねぇ??

♪murakamiさんへ
お久しぶりです~ぅ!!
やっぱり行かれるんですネェ?
思い出しますぅ。。あの悪夢のような「ラ・クラクラシータ」の演奏の時に頂いたチケットで・・
後日、最前列でのコランさんの演奏をかぶりつき状態で聴かせて頂いた夢のような時間。。v-10
murakamiさんには今でも・・ホント感謝してますよぉ。。
今はとてもライブなど出かけられる状況ではなく・・やっぱり行ける時に行っといて良かったなぁ~と思う今日この頃でヤンスv-421

by: foohta * 2009/09/16 23:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/1354-347f0af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。