FC2ブログ
パリ・ミュゼット物語
2006 / 08 / 15 ( Tue )
PARIS.jpg

復刊ドットコム話題が続いてしまうのですが・・・投票をお願いしているからには、
ご存知ない方のために目次だけでもご紹介しておきます。

『パリ・ミュゼット物語』目次

    
    プロローグ・・・ミュゼットへのいざない

フランス「超」概史・・・ラ・セーヌの流れにのって“予感”のする街パリへ

     19世紀・・・ミュゼット文化をつくった移民たち

  1860~1910年代・・・ベル・エポックの社交場バルの前には馬車が列をなして
サロン・ド・カフェ1・・・ベル・エポックの発明家たち

     1920年代・・・ジプシーの哀愁に誘われアメリカン・ジャズに胸さわぎ
サロン・ド・カフェ2・・・なぜボタンアコーディオン?
  
  1930~1940年代・・・占領時下(オキュパション)禁じられるほどに燃えるパッション
サロン・ド・カフェ3・・・映画の中のミュゼット

  1950~1980年代・・・メディア革命ビートルズの登場とミュゼット受難期
サロン・ド・カフェ4・・・女流アコーディオニスト

    20世紀末・・・アコースティックはお洒落だ
サロン・ド・カフェ5・・・トップ・プレイヤーたちの打明け話

    エピローグ・・・たゆたえども沈まず

巻末付録①:『パリ・ミュゼット物語』早見年表
巻末付録②:ミュゼットCD、ビデオ、曲集リスト



・・・フランスに行きたし、されど、フランスは遠し……の日常を送るあなた、CDをかけて、目を閉じて音を聞き込んでみよう。さわやかなアコーディオン・ソロ、それにつづくハッとするようなヴァリエーション、歯切れのよい三連符のアルペジオや連続音、巧みな装飾音やクロマティック・パッセージ。それらがバラバラでなく、実にうまく噛み合い、ごく自然体で展開していく。アコーディオニストの華麗なテクニックに酔うようになれば、あなたの部屋はパリのアパルトマンの一室になっていくことだろう。そう、それが「ミュゼット」気分だ。(『パリ・ミュゼット物語』プロローグより・・・)

そこのあなたも・・あなたも・・
ミュゼットのこと、もっともっと知りたくなっってきたでしょぉ~~!
スポンサーサイト



00 : 27 : 17 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミュゼットってなに? | ホーム | アコーディオンの本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/141-cefe8996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |