FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
数学者とアコーディオン
2006 / 08 / 24 ( Thu )



芸能人アコーディオン趣味にしている人・・・
どれぐらいいるんでしょうね?

以前に「秋山 仁」さんがおやりになると、小耳にはさんだような記憶があり調べてみると・・・
数学に関するいろんな講演先(小中高校)でアコーディオンの演奏をされていて、
なんでも1つのことを3年続けたらできるようになるんだよ・・・とフランス語の素晴らしい歌と演奏を聴かせてくださいました。」
なんて講演の内容なんかものっていた。

ある高校での講演では・・・
アコーディオンと音階の模型を使っての和音・不協和音の法則の実験
ってのもありましたが・・・コレ聞いてみたいなぁ~!

暇さえあればアコーディオンに触っている・・というし、
ニセコの先生のもとに毎月通っているらしく、かなりの腕前と見た。

だいぶん前になるがテレビ東京「音遊人」にも出演している。
スポンサーサイト
01 : 46 : 05 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<行ってきました、アコ合宿!! | ホーム | 鉄仮面・小倉義雄>>
コメント
----

ニセコの先生というと久保先生ですね
久保先生んとこに秋山先生が通っているなんて
ちーとも知りませんでした
by: ZEN * 2006/08/25 19:14 * URL [ 編集] | page top↑
--芸能人とアコ--

東大出がうりの「高田万里子」さんがアコーディオンを弾いている写真を見た事があり、中型のこの楽器、ベースボタンが一つ欠けていたので、修理方法を手紙で出しましたが、返事がありませんでした。
by: カブトガニ * 2006/08/26 08:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ZENさん、こんばんは。
ニセコの久保先生・・のお名前はネット上でも時々出ていますね。秋山仁さん、まさか東京からニセコに通っているわけでないでしょうから、北海道が本拠地なのでしょうかね。


♪カブトガニさん、こんばんは。
高田万由子さんの趣味もアコーディオンですかぁ~?ご主人がバイオリニストだから一緒に演奏するつもりで始めたのでしょうか・・それとも、ずっと前からやっていたのでしょうか?ご夫婦でデュオが出来るっていいなぁ~!
by: foohta * 2006/08/27 22:46 * URL [ 編集] | page top↑
--数学者といえば--

コンサーティナという蛇腹楽器を発明したホイートストーンは数学者だそうです
by: ぜん * 2006/08/31 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
--日経新聞に秋山先生の記事が--

秋山仁先生の執筆記事が日本経済新聞夕刊の『心の玉手箱』という欄に8月28日から掲載されていて、第三回の30日にはアコーディオンについて書かれていました。
「挫折悔やみ50の手習いで再開」というタイトルで綿あめ売りのおじさんから譲り受けたアコーディオン(Excelsior)の写真掲載。
半年に1度くらいニセコの久保先生のところで個人指導を受け、(大きな声では言えないが)北海道や沖縄で自分の演奏会をやっているそうです。
by: かなかな * 2006/09/01 01:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ZENさん、そうでしたそうでした。
「アコーディオンの本」に書いてありましたっけ。
なんでも、リードの音響効果を知るための実験道具としてが始まりだったとか・・
アコをやってらっしゃる方に理数系の方が多いというのを聞いた事があるような??
アコーディオンのボタンの配列とか・・押し引きとか・・5度・3度とか・・が数学・物理となにげに、つながりがあるのでしょうかねぇ~?
by: foohta * 2006/09/01 01:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪かなかなさん、合宿ではいろいろお世話になりました。
丹念に丹念に・・練習しているお姿、刺激を受けましたです。

私も秋山仁先生の記事を探しましたところ・・・
ヤマハの「おとなを、休む日」というサイトにこんなの載ってました。
「アコーディオンを始めたのは3年ぐらい前なんです。北海道を旅していたときに、綿あめを売りながらアコーディオンを弾いてお客さんを集めるおじいさんがいまして、そのおじいさんの奏でるアコーディオンの音色は、とても哀愁を帯びていてすてきでした。それで後先考えないで、弟子入りを申し込みましてね。月に1回ぐらい北海道の片田舎まで習いに行きました。」

ニセコの久保先生って「綿あめを売りながらアコ弾くおじいさん」だったんですね!
なんか素敵だぁ~~!

秋山先生のアコーディオン(確かにエキセルシャー)を抱えている写真が載っていましたが、14キロのアコーディオンとのこと・・重いのお使いなんですねぇ。

by: foohta * 2006/09/01 18:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/148-7afa2145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。