スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フクシマ50
2011 / 03 / 18 ( Fri )
米ニューヨークタイムズ紙電子版(NYT)2011年3月15日付の記事では。。
福島第一の作業員を特集している。

記事は。。
「無名の作業員50人が、
燃料棒の一部が融解して放射線物質を放出している危険極まりない原子炉に海水を注入して、
数百万人の日本人が被爆する危機を防ごうとしている」と続く。。

東北関東大震災の影響で停電となり、真っ暗な原発施設内を、
懐中電灯ひとつを頼りに動く作業員。
頻発する爆発音を耳にしながら、
放射線から身を守るために白い防護服をまとい、
重たい酸素ボンベを背負って作業に携わっていると臨場感をもって伝えている。

海外メディアでは。。
この50人のことを『フクシマ50(フィフティーズ)』と呼び、

「フクシマ・フィフティーズ 危機迫る原発にとどまる50人のヒーロー」だ。。

「多くの人を救おうと命をかけている作業員に神のご加護がありますように」など、
国内外から応援のメッセージが続々とよせられている。。と


私は。。
「フクシマ50」の言葉を今朝のニュースで初めて知った。

50人の作業員が現場に残っているニュースは知っていたが…
この勇敢なヒーローたちの事は。。
海外メディアの方が詳しく報道しているように思われる。


私たちのために。。

現場に残って原発事故と戦う「フクシマ50」。。
自衛隊、消防、警察など現地で戦う人々。。
心から感謝し…讃えたい。

祈ることしかできないけど。。
祈り続けます!!!





スポンサーサイト
07 : 12 : 09 | 大震災 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<正念場 | ホーム | 原発くん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/1566-c8a426fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。