FC2ブログ
チョッとお休みします
2006 / 09 / 25 ( Mon )
先週けいぼんのお友達が亡くなり、お母様とも仲が良かったので、
深いショックを受けてしまい、まだ立ち直れていません。
こんな時こそ・・アコを弾いて・・元気になろうと思うのですが・・

ブログのほうも、いつものfoohtaさんパワーが少しずつ戻ってくるまで、
しばらくお休みさせていただきます。
見に来ていただいた方申訳ありません。
スポンサーサイト
04 : 17 : 23 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<手風琴のしらべ | ホーム | ビストロ『レ・プリムール』>>
コメント
----

foohtaさん。こんな時なんて声をかければよいのでしょう・・・
子供を亡くされたお母様は、どんなに悲しまれていることでしょうか・・
たくさんの思い出を置いて、天使になられたお友達のご冥福を、心よりお祈りいたします。

foohtaさん・・ゆっくり待っていますね。





by: accomama * 2006/09/25 17:05 * URL [ 編集] | page top↑
--foohtaさん頑張れ。--

何時も拝見しておりましたよ・・・・
いつもパワー全開のfoohtaさんに元気を貰っていました。
ご心痛、お察し致します。
どんな言葉が慰めになるのか、なかなか見当たりませんが、元気なfoohtaさんがブログに帰って来るのを待っていますよ・・・・

foohtaさん頑張って   水兵さん



by: 水兵さん * 2006/09/26 01:52 * URL [ 編集] | page top↑
--いのち--

ゆっくりと無理をせずにいきましょう。
人間の命って、本当に重たいですね。
by: shiho * 2006/09/26 12:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

foohtaさん、人間の気持ちは無理やりに動かそうといてもダメな時はダメですね。分かります。今が真夜中だとしても、あと数時間経てば夜明けです。美しい朝日が見られる日が早くきますように!
by: くどう えり * 2006/09/26 15:05 * URL [ 編集] | page top↑
--それでも生きていくしかありません--

footaさん
僕の身近に長男に先立たれが男が2人いますが、このようなお話を伺うのは辛いですね、当事者の方がもっともっと辛いのは分かっているけれど。

あなたがご友人に対して出来ることとと言えば「○○くんの笑顔を、けいぼんも私も何時までも忘れないよ、あなたの中でも何時までも何時までも生かしてあげてね。」と声をかけるくらいだろうか・・・。

それでも当事者に代われるものではないから、あなた達が○○くんの分まで懸命に生きていくしかありません。

・・・ブログは、footaさんが必要だと感じたときに、そのときの身の丈に合った形で再開なされば良いと思います。
で、そのときは川井さんのところの掲示板にでも一言書いて合図して下さいね。待ってます。
by: ろばの耳 * 2006/09/26 22:51 * URL [ 編集] | page top↑
--ゆっくり休んで--

いつもすごく元気で明るく頑張っているfoohtaさん。
元気がでないときは、笑顔になれなくても頑張れなくてもいいんですよ。頑張りすぎないで。ゆっくり休んでくださいね。
by: marie * 2006/09/26 23:54 * URL [ 編集] | page top↑
--夜明けの歌--

きぴしい嵐に 負けないで

夜明け見つめて 歌い続ける

仲間と歩いた 険しい道は

何時かデッカイ 道となる


愛の歌 歌うんだ

幸せの歌 歌うんだ

すばらしい仲間と一緒に

夜明けの歌 歌おうよ

by: 田舎のアコ弾き * 2006/09/27 18:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪みなさまへ~~~!
たくさんの温かなコメント有難うございます。元気いっぱいもらいました。
あんな風に書いてしまったので、みなさまにご心配をかけてしまったでしょうか・・スミマセン!
もう、だいぶ元気戻っています。その他にもいろいろとありましてパワーダウン気味。ボチボチ・・ゆっくり・・行きたいと思います。よろしくお願いいたします。

by: foohta * 2006/09/27 22:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

それでも、食べて生きるって辛いですね。
知人は、自分の子供の死が納得できる言葉を必死に探し求め、いくらか楽になったと話されてましたがそれでもつらいつらい日は続くと思います。
時間はかかっても、どこかで気持ちのよりどころがみつかると見つかるといいですね。
foohtaさんも「ブログ書かなくては」なんて思わないで気持ちのまま無理しないで下さいね。(コメント不要)
by: Makiko * 2006/09/29 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪accomamaさんへ
励ましのコメント有難うございました。
「しばらくお休みします」・・・なんて書いておいて、一週間で戻っているなんて、チョッと人騒がせなぁ~!という感じでお恥ずかしいのですが・・・早くも戻ってまいりました。

>たくさんの思い出を置いて、天使になられたお友達・・・
そうですね。天使になったんですよね。
けいぼん兄ちゃんが最近よく斜め上方をジーと見つめていたりします。天使になったお友達が見守っていてくれているのかもしれませんね。

>子供を亡くされたお母様は、どんなに悲しまれていることでしょうか・・
そうなんです。今はいろいろと忙しくしていて気が張っているでしょうが・・・もう少ししたら、時々顔を見にいこうと思います。


♪水兵さんへ、お久しぶりです。
こちらのブログ見ていてくださったんですね。有難うございます。

>いつもパワー全開のfoohtaさん・・・
ゆっくり・・ボチボチ・・と言いながら、もうパワー全開気味のスタート?何か器用に生きれないんですよね。ぶっ倒れるまで、突っ走って・・また、這いあがって、突っ走る・・コレが私のスタイルなのかな??しょうがないねぇ~~!
でも、ブログも・・アコーディオンも・・私にとっては元気の素!どちらも自分を表現できる大事なものであり、それを見たり、聴いたりして受け止めて下さる方がいてくれる。それが、私の大きな支えになっている・・今回あらためて実感したことでした。


♪shihoさんへ
>人間の命って、本当に重たいですね。
ホント重たいですね。
2~3年前までは、一緒に児童館のイベントなどに参加していた仲間でした。あれよあれよ・・という間に医療ケアが必要になり、お母様が学校に付き添うようになりました。それでも、毎日ではなくても学校に通えていたのに・・重度の子は元気そうに見えていても・・いつ何があってもおかしくないんだ・・ということを突きつきられた思いです。
どうしても、けいぼんのことと重ね合わせてしまいます。
by: foohta * 2006/09/30 17:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪えりさん、コメント有難うございます。
>今が真夜中だとしても、あと数時間経てば夜明けです。
そうですよね。明けない夜・・やまない雨・・はないですよね。
実は仕事上でもミスをしてしまい、ダブルパンチ。こういう時はいろいろ重なってしまうものですね。こんな時こそじっと夜が明けるのを待ちたいと思います。でも、一週間ぶりぐらいにアコ抱っこして、ガンガンに弾いて・・グッと来るものがあって・・涙流して・・そしたら、すぅ~っと落ち着いてくる感じがありました。

♪ろばの耳さんへ
そうなんです。お友達のお母様が一番辛い。そして、ぽっかり空いた心の穴をどうやって塞いでいってあげればいいか・・とても時間のかかることでしょうし、私なんかが何か力になろうとしても、かえって傷つけてしまいそうで怖いです。
by: foohta * 2006/09/30 22:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪marieさんへ
>いつもすごく元気で明るく頑張っているfoohtaさん。
有難うございます。こう書いて頂いただけでも、何か嬉しくて元気になってきます。
>元気がでないときは、笑顔になれなくても頑張れなくてもいいんですよ。頑張りすぎないで・・・
自分のとりえは「元気で明るく」しかないので、とにかく笑顔でいなくては!!・・というのはあります。そう!無理して・・頑張って・・笑顔にしなくてもいいのかもしれませんね。訳もなく涙が出てしまう・・ため息ばかりついてしまう・・それも今の自分!
頑張れ頑張れ!と自分のお尻を叩いて突っ走ってきた私。頑張りすぎないで・・のお言葉は、とても温かく感じます。しかししかし、パワーダウンしているのに突っ走ってしまっている私、コレも今の私。これからも、無理せず・・頑張りすぎず・・そして、時々すっ転びながらも、突っ走っていきたいと思います。


♪田舎のアコ弾きさんへ
・・・夜明けの歌・・・
いい歌詞ですね。いづみたく作曲の・・とは全然違うのですね?

>きぴしい嵐に 負けないで
>夜明け見つめて 歌い続ける
>仲間と歩いた 険しい道は
>何時かデッカイ 道となる・・・・

いいですねいいですね・・
あと・・曲が分からないので・・田舎のアコ弾きさんが、チョイとアコで弾いてくださると嬉しいのですが・・・

♪Makikoさんへ
コメントありがとうございます。
>それでも、食べて生きる・・・
そうなんですよね。実際、自分が落ち込んでいたとしても、子供たちはお腹をすかせ・・洗濯物はワンサカ出て・・お風呂に入れて・・宿題をさせて・・学校へ出す・・日常の生活は変わらず続いていく。でも、そういうことが、悲しいこと・・辛いこと・・を一番忘れさせてくれるのかもしれませんね。

>どこかで気持ちのよりどころが見つかるといいですね。
最愛の我が子を亡くしてしまった友人へかける言葉はやはり難しいですね。いったい何が拠りどころになるのでしょうか?時々顔を見に行くぐらいしか出来なそうです。
by: foohta * 2006/10/01 22:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/171-380093e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |