FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
聖なる前に
2006 / 12 / 08 ( Fri )
20061208225927.jpg
イギリス人絵本作家、ピーター・コリントン『聖なる夜にA Small Miracle』

・・・・・・クリスマスの朝だというのに、食べ物もお金もない一人暮らしの老女は、アコーディオンを肩にかけ、慌しいクリスマスの街に出ます。その歌声に足を止める人はなく、老女には生活の糧である楽器を売るしか方法がありません。そうして得たお金も若い男に奪われ、老女は雪の中に行き倒れてしまいます。そこへ駆けつけてきた小さい人たち――それは、善良な老女が若いひったくりの男から守った教会の「クリブ=キリスト降誕人形」たちだったのです!マリアとヨゼフ、三人の博士と羊飼いは、各々に与えられた才能を生かして老女に素晴らしいクリスマスの一夜を贈ります。・・・・・・

文字が一切なく、繊細で緻密なコマ割の絵が、そっと静かに、小さな奇跡を知らせてくれる温かい物語です。


日本で言う・・「笠地蔵」のようなお話らしいが・・

「老女には生活の糧である楽器を売るしか方法がありません。
そうして得たお金も若い男に奪われ、老女は雪の中に行き倒れてしまいます。」


きゃぁ~!この辺は、なんだかぐぐぅ~っと来ちゃうよぉ~!
foohtaさんが好きそうなストーリーでしょ。
近くの本屋さんで探しているのだけれど・・・なかなか見つかりません。
コレは注文するしかないかなぁ!

私も老女になってもアコーディオン担いで街角で弾いていたいなぁ~!
でも、行き倒れにはならないように・・しないとね。
スポンサーサイト
23 : 04 : 42 | お気に入りCD・DVD・書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<芋たこなんきん | ホーム | 超ビッグ親子デュオ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/243-35df34cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。