FC2ブログ
トリキ音楽
2006 / 12 / 28 ( Thu )
たぶ~~ん、foohtaさんがお届けする・・今年最後の大当た~~り映像!!

バスク地方で大衆音楽として親しまれてきたのが「トリキ音楽」
トリキティシャというボタン式のアコーディオンとパンデロアというタンバリンが
基本の楽器構成でそこに歌が乗る。
伝統音楽的なユニット形式から、バンドサウンドによるROCKやPOP系のアレンジを加えた
「トリキ・ポップ」「トリキ・ロック」なども生まれている。

写真は・・
地図にない国バスクから登場した天才トリキティシャ(アコーディオン)奏者・・
ケパ・フンケラで~~す。
000519.jpg


ライトを浴びたステージ上に何台ものトリキティシャを並べる映像から始まり・・
オーケストラの演奏に続き・・民族衣装を身にまとった女性コーラスは
日本の「姫神」を思わせる透きとおるような美しき声。
そしてそして・・
ケパ・フンケラトリキティシャが奏でられます。
http://www.youtube.com/watch?v=BDQKkzaScUY&mode=related&search=
コレ・・絶対イイから見てねぇ~~!

ついでに、コチラも載せておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=VLxIsl3U-2Y&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=foKARA5xSHY&mode=related&search=

トリキ音楽もいいですねぇ~~!
アコーディオンって世界各国でいい音楽を奏で・・
そして、楽器や奏法だけでなく音楽性そのものを、どんどん進化させていっている。
年の瀬にきて、あらためてアコーディオンの素晴らしさに感服でございます。

来年も・・みなさまと「素敵なアコーディオンの音色」との出会いが・・
たくさ~~んありますように!お祈りしております。
スポンサーサイト



00 : 51 : 30 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ハルダンゲル・ヴァイオリン | ホーム | フランシスコの2人の息子>>
コメント
--ダイアトニックアコ--

映像を見ると2列のダイアトニックアコ(押し引き異音)を弾いていますね
ダイアトニックアコはアイリッシュだけでなく、広くヨーロッパで使われています
楽器が小さく、軽くて歯切れの良い音がします
ダイアトニックアコもやってみると楽しいですヨ
by: ZEN * 2006/12/28 07:49 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとう !!--

Madame foohta,
何時も珍しいアコーディオン情報ありがとう !!

雑誌「アコーディオン・ジャーナル」が無くなってから世界のアコ情報に飢えている私達に珍しく貴重なニュースを配信してくれる「びたみんacco」は本当に"びたみん"です。

来年も素晴らしいアンテナでキャッチした情報をお聞かせ下さい。
by: カブトガニ * 2006/12/28 09:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ZENさん、こんばんは。
ケイジャン音楽・・コロンビアのバジェナート・・トリキ音楽・・ケルト音楽・・
ダイアトニックアコが活躍する音楽がこんなにもあったんですね。
>楽器が小さく、軽くて歯切れの良い音がします・・
ダイアトニックアコ・・難しそうですが、弾いてみたくなりました。


♪カブトガニさん、こんばんは。
>珍しく貴重なニュースを配信してくれる「びたみんacco」は本当に"びたみん"です。
こんな素晴らしいお褒めの言葉・・凄く嬉しいです。有難うございます。
先日、書いた「表現欲」のなかにアコーディオンの演奏だけでなく、私の場合、このブログも私にとっての無くてはならない表現欲のひとつになっています。みなさんに読んでいただき、アドバイスをいただくことで、本当に多くのことを学ぶことが出来ました。
私自身にとっても「びたみんacco」は本当に"びたみん"・・元気の素です。


>来年も素晴らしいアンテナでキャッチした情報をお聞かせ下さい。
チョッとプレッシャーを感じますが・・あまり無理せず私なりの視点でアコーディオンの素晴らしさや感動をお伝えしていければと思っています。来年もご指導、よろしくお願いいたします。

by: foohta * 2006/12/30 00:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/266-875b80bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |