FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アコーディオン博物館
2007 / 03 / 28 ( Wed )
先日コチラでご紹介した・・
カステルフィダルドにある【アコーディオン博物館】Museo Internazionale della Fisarmonica

現代に至るまでの発展の歴史を150個の様々なアコーディオンを見ながら学ぶ事ができる・・・
とあって。。。

どんな博物館なのかぁ~~!すご~~く気になっていた。
写真・・ありました!ありました!
クリックで拡大します!
accordion1.jpg

accordion2.jpg

またぁ~!こんなの勝手に借りてきて・・
いつかきっとお縄になってしまいそうな・・foohtaさんであります。

そしたら。。
こんなのも・・
http://www.comune.castelfidardo.an.it/
Visitatori/Fisarmonica/museo_fisa.htm

こんなのも・・
http://accordions.com/museum/
あって・・博物館の中の様子もわかります。

それにしても・・これはも~~う美術品!!
実際に行って間近で見てみたいですネ。勿論、音色も聴きたい!!
スポンサーサイト
00 : 12 : 33 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
<<徹子の部屋 | ホーム | スヴェング >>
コメント
--うひょ~!--

スゴイね~!良く見つけてきたねー。お縄にならんように・・。

ホント、美術品、芸術作品のようだね。でも、楽器は人が作ったものだから作品でもあるね。作られた時点で人の魂が込められてるんだもんね。それをまた、人が魂込めて弾く。
それを受け継いでいく人たちが居る・・歴史や重みを感じる・・見てるとジンとくるよ。
1つ1つの楽器の音も聴いてみたいね♪
by: ちゃお * 2007/03/28 08:04 * URL [ 編集] | page top↑
--浜松の楽器博物館--

日本の楽器製造の中心
浜松の楽器博物館もすごいですヨ
もちろんアコーデオンもあります
http://www.gakkihaku.jp/jyousetu/index.html
by: ZEN * 2007/03/28 08:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。おひさしぶりです~(^^)
カステルフィダルド、昨年行く予定でスケジュールを組んでいたのですが、滞在していたバーリからは1泊しなくてはならず、学校のレッスンスケジュールと合わずに、断念。。。

次回は行ってみたいです♪

by: mariko * 2007/03/28 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ちゃおさん、おはようございます。
>楽器は人が作ったものだから作品でもあるね。
ほんと作品だよね。
>作られた時点で人の魂が込められてるんだもんね。それをまた、人が魂込めて弾く。
ちゃおさん・・いい事言うねぇ~!
普通の美術品は触らず見て鑑賞する物だけど、楽器は演奏して音を出して初めて価値が出るものだものね。
精魂込めて作られた楽器に、また違う人が、魂を込めて演奏する。そして、その楽器が代々いくつもの魂の想いを重ねながら・・今に至っているんだろうね。
なんか凄いなぁ~~!やっぱり音も聴いてみたい!


♪ZENさん、おはようございます。
浜松の楽器博物館の画像・・見てきました。
思ったより、広いスペースでした。日本にもあんな立派な楽器博物館があるのですね。
アコーディオンのコーナーがどんなぐらいなのか??ですが・・・行ってみたいです。

それと、浜松が・・「日本の楽器製造の中心」だったんですかぁ~?それも初耳!

♪ mariko さん、わぁ~い!いらっしゃいませぇ~!
留学中はバーリに滞在してらしたのですね。
カステルフィダルドもバーリも古い城下町のたたずまいが残る素敵な町なんでしょうね。
また、イタリアに行かれる予定なのですね。
わぁ~~!凄いなぁ~~!
marikoさんのアコーディオンに対しての飽くなき想い、上へ上へ目指す情熱、素晴らしいです。
まだ一度も、演奏をお聴きしていないのですが・・是非是非聴いてみたい!東京進出はあるのかぁ~?
私もちゃおさんと一緒に、ずーと応援させていただきます。

by: foohta * 2007/03/30 09:52 * URL [ 編集] | page top↑
--楽器製造と浜松市--

浜松には日本の2大ピアノメーカーであるヤマハ、カワイのほか東海楽器、昭和楽器、スズキ楽器、ローランドなどの本社があり、まさに日本の楽器メーカーが集中しています

本拠地が浜松でない有名楽器メーカーとしてはトンボ楽器の本社が東京西日暮里、製造は埼玉、千葉のほか中国の天津です

by: ZEN * 2007/03/30 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
--あこがれの浜松--

学生の頃、吹奏楽部でサックスを吹いてた私は(とても下手でしたが)楽器製造に携わりたいな~と思った事があったのですが、浜松までは遠いな~とすぐに断念してしまいました。いつか浜松に行ったときは楽器博物館に是非いきたい!世界中の楽器、自分がまだ見た事無い物がたくさんあるんだろうなー。
「楽器の存在」自体が好き。全ては人が作り出し、人とともに歩んできたものだから・・。
楽器から音楽から色んな思いや大切なものを与えてもらってるから・・。
by: ちゃお * 2007/03/30 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
--もちろん--

今は、アコーディオンの良さを沢山感じているところです。
by: ちゃお * 2007/03/31 07:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ZENさん、こんばんは。
>浜松には日本の2大ピアノメーカーであるヤマハ、カワイ・・
やっぱり・・そうだったのですね。
何かそうじゃないかなぁ~!と思いました。
以前ZENさんが調律師さんをされてた頃の話が出たとき浜松の名が出たような??・・違ったかな?
>スズキ楽器、ローランドなどの本社があり、まさに日本の楽器メーカーが集中しています・・
それに、スズキにローランドですかぁ~?凄いですねぇ~!
それにしても・・なぜ浜松???

♪ちゃおさん、こんばんは。
>サックスを吹いてた私は・・
エェ~~!ちゃおさん、サックス吹けるのぉ~!!めっちゃ、カッコエエよぉ。
アコーディオンとサックスって合うじゃなぁ~~い!
>楽器製造に携わりたいな~と思った事があったのですが・・
ちゃおさん、凄い!やっぱりアート系だったんだね。
今から、アコーディオン調律師なんかは・・だめかな??
調律じゃなくて製造のほうだものね。
by: foohta * 2007/04/02 00:43 * URL [ 編集] | page top↑
--昔話--

いえいえfoohtaさん、サックス吹いてたっていっても30年くらい前のことだし、上手くなれないままだったから・・。吹奏楽は今もよく聴きにいくよ。今高校生でもジャズを演奏したりして、すごいよ。クラシック、ポップス、アニメソング、映画音楽・・バラエティーに富んだプログラムで楽しませてくれて生徒たちも、指導の先生もホント、頑張ってるのが伝わってくるよ。かつては、色んな音色の、色んな特徴のある楽器たちとともに協力しあってたわけで・・1つ1つの楽器がいとおしい。金子みすずさんの詩じゃないけど、「みんな違ってみんないい」そんな感じです。結婚して、いろいろと現実に追われる日が続いて、ふと、ある生演奏を聴いた時、音楽の素晴らしさをたくさん、たくさん感じた。ギターだったけど、「吹いて音が出る楽器」以外の楽器のいい所を沢山感じたよ。アコも1人でメロディーも伴奏もできる1人オーケストラって感じで、すごいなって思った。それだけに難しい楽器だとも思うよ。やりがいもあると思う。耳を澄まして聴いていると、その楽器の特徴や音色、表現の素晴らしさを沢山感じてくる。曲もその楽器の特性をとても生かしている楽曲に出会うと嬉しくなるんだ♪そして、その楽器の魅力を全て出してる演奏家に出会うと身震いしちゃう。今はまだ聴いてるだけで充分色んな思いをもらってるし、自分自身の生きるパワーにもなってる。楽器をまた始めたい・・そう思う日がきたらはじめます。なんか、取り留めの無い話になってごめんね。アコーディオンは素晴らしいと思ってるよ。
by: ちゃお * 2007/04/02 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
--博物館--

何度もごめんなさい。このアコーディオン博物館や浜松の博物館の写真をみてたら色んな想いが込み上げてきちゃって・・。
1つ1つのそ楽器が何か語ってるように感じる。
「自分はこんな歴史があるんだ」「こんな音が出るんだよ」「こんな曲が弾けるんだよ」・・そんなふうに感じるんですよ。
今はfoohtaさんからアコのこといっぱい教えてもらって有り難く思ってます。いつか博物館に行った時、「今、ここにいる君たちの事、知ってるよ、いい音が出るんだよね。それぞれの歴史があるんだね。」そんな風に楽器と語れるといいなぁ~。
by: ちゃお * 2007/04/02 09:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ちゃおさん、こんにちは。
ちゃおさんの楽器博物館への思いを聞いて・・
今日の記事・・ドイツ・フランクフルトの楽器展のことにしてみました。
そして・・石楠花さんが教えてくださったアコJAZZのHPの「アコーディオンの古楽器」のコーナーもまた凄かったです。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/8623/accoroots.htm
大正村のアコーディオン博物館はけっこう凄いものでした。
by: foohta * 2007/04/04 17:18 * URL [ 編集] | page top↑
--涙が出ました--

foohtaさん、ほんとに色々とありがとう。
色んな情報を教えてくれて、わがままな個人的な想いを聞いてくれて・・foohtaさんっていい方だなぁ・・泣けてきちゃった。
私からは、何もしてあげられなくてごめんね。

「アコーディオンの古楽器」も見てたら涙がでちゃった。古い辞書みたい。亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんに逢えたような気持ちになっちゃった。
by: ちゃお * 2007/04/04 19:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ちゃおさん、こんにちは。
>色んな情報を教えてくれて、わがままな個人的な想いを聞いてくれて・・
>私からは、何もしてあげられなくてごめんね。
いえいえ、ちゃおさんのコメントから私自身も予想しなかった方向への疑問が次々湧いてきて・・私の検索意欲に火がついているのです。それはも~う、逆にこちらが感謝でございます。
ちゃおさんからコメントもらえて・・いつも励まされています。ホントありがとう!!

古楽器・・ホントいいね!
私のエキセルシャーは20年以上前の中古です。
最初は新品の楽器のほうがいいカナ?と悩みましたが・・前に弾いてらした方の楽器への思いとか・・20年前に丁寧に作られた職人さんの思いとか・・古ければ古いなりの、味を感じ・・弾けば弾き込むほどいい音を出してくれる「可愛いEx.303チャマ」は・・私にとって、なくてはならない存在となっています。

by: foohta * 2007/04/07 15:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/370-de05fa60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。