スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アンディフェランス
2007 / 06 / 05 ( Tue )
こりゃ~お宝映像だべさぁ~!!
【アンディフェランス】

ベルナール・リュバ(アコーディオン)
アンドレ・マンヴィーユ(ヴォーカル)

のコンビで聴かせてくれちゃいま~~すよぉ!

これ確か・・ビデオ「パリ・ミュゼット2」の一番最後の部分のような気がしますが・・

ベルナール・リュバの・・そのまんま「呑んだッくれおじちゃん」風がイイんだよなぁ~!
スポンサーサイト
00 : 05 : 14 | World Acco | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<マルク・ペロンヌ | ホーム | エマールCM>>
コメント
--アンデフェランス--

アンドレ・マンヴィーユの素晴らしい「アンデフェランス」確かにビデオ「パリ・ミュゼットVol.2」と同じですね。

伴奏のアコ二スト、ベルナール・リュバはふて腐ってアコーディオンをボロクソに云うひねくれ者ですが、本当はアコーディオンが好きです。

この人と同じような事を言った日本の超大物長内端さんもアコーディオンは不完全な楽器でおもちゃに近いとか云って日本中からパッシングに遭った事が有りましたが、当時彼のプレーは日本一でした。
by: カブトガニ * 2007/06/05 06:44 * URL [ 編集] | page top↑
--すてき~!--

foohtaさん、こんにちは。

ちょうど、今、
「アンディフェランス」を練習しているところです、
えへへ~♪(笑っちゃいますよね)。

これは、
す・て・き~!!!

今まで聞いたモノとは、
全く“ベツモノ”の「アンディフェランス」です~!
しかも歌詞があったなんて、驚き!(すみません、無知蒙昧な私です)

こんなお宝、見せていただいて、
いつもながら感動です。
ありがとうございます~♪
by: paris-ako * 2007/06/06 17:16 * URL [ 編集] | page top↑
--お歌の魅力--

素敵ですねぇ・・・、いえ、アコもだけど、特に歌が。
こんな風に歌ってみたいが、僕はeまでしか出ません。なのに、このおじさんは楽にaを何度も出している。それでいてテナーの音色ではなくて実に人間的な味わいのあるのが良いですね。
by: たしろ * 2007/06/06 22:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪カブトガニさん、こんにちは。
>伴奏のアコ二スト、ベルナール・リュバはふて腐ってアコーディオンをボロクソに云うひねくれ者ですが、
>本当はアコーディオンが好きです。
ベルナール・リュバさんがアコーディオンを好きなのはこの映像を見ても分かりますね。
ボロクソに云うほど・・思いが深いんでしょうね。
長内端さんのことも含め・・面白い裏情報ありがとうございましたぁ~。

♪paris-akoさん、こんにちは。
>「アンディフェランス」を練習しているところです・・
練習中でも・・今度お会いした時絶対聴かせてくださいね!

>しかも歌詞があったなんて、驚き!
確か・・CD「パリ・ミュゼットvol.1」のモントーバンの火もアンドレ・マンヴィーユさんが歌ってますよね。
私は最初に歌入りの「モントーバンの火」を聴いちゃったので・・こっちのイメージの方がしっくり来ちゃってます。アンドレ・マンヴィーユさんの歌・・味があってイイですよねぇ~!

♪たしろさん、こんにちは。
>このおじさんは楽にaを何度も出している。>それでいてテナーの音色ではなくて実に人間的な味わいのあるのが良いですね。
そうなんですねぇ~!
凄い歌唱力だとは思っていましたが・・。。
この上から下へ上がったり下がったりのメロディーを歌で・・というのは、やはり、かなりのテクニックがないと出来ないのですね。そうそう、そして、テクニックだけでなく人間味あふれたこの味わい!
もし、こんな声が出たら・・アコーディオンやってないね!


by: foohta * 2007/06/08 10:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/450-89a56cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。