FC2ブログ
上妻宏光「生一丁!」
2007 / 06 / 08 ( Fri )
上妻宏光「生一丁!」Tour2007
~古典曲、そしてアコーディオンとのコラボレーション~

津軽三味線奏者の上妻宏光さんの全国ツアー(全国18箇所20公演)が始まった。

上妻宏光さんは伝統楽器津軽三味線の新しい可能性を追求し、
他ジャンルとのセッションに数多く参加、注目を集めている。

今年はナント!・・アコーディオンとのコラボレーションが売り物。
ゲストは桑山哲也さん。(7/13岐阜、7/16三重公演は田ノ岡三郎さん)

昨日は松戸で初回があったようだが・・
上妻宏光さんと桑山哲也さんのアドリブ演奏もかなり盛り上がったようで、
ぜひ、聴きにいきたいですねぇ!

上妻宏光さんのHPは・・こちら
http://agatsuma.tv/index.html
ページの上のほうの、プロフィールやコンサート情報・・が書かれたバーの部分を上下に弾くと三味線の音が出るのも面白いです。上妻さんとセッション出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 津軽三味線は元々、“門付け”(かどつけ)という家々の前で三味線を弾いたり、唄ったりして、お金や食べ物を貰ったりする芸から始まったと言われている。新潟に、ゴゼという盲目の女性達が“門付け”をしながら津軽に流れて行き、津軽で唄や踊りを取り入れた民謡の一座を組まれるようになったことから、各地で演奏が行われるようになった。それまで伴奏楽器であった三味線の前弾きが、(唄の前奏に入るアドリブ)聴衆の心を掴み、ソロ楽器として認められるようになった。
 現在、伝統楽器の演奏もスピーカーを通し聴かせるのが大半であり、“生音”で聴く機会もほとんどなくなってしまった。上妻宏光は、“洋楽器と三味線の融合による進化の可能性”を追求すると反面、三味線の歴史を考えたときに“生音にこだわる自分”がいてもいいとの思いから、このツアーを行っている。今回は、古典楽曲の他、アコーディオンとのコラボレーションを展開。「臨場感溢れる“生音”の迫力を体感してもらいたい!」 そんな思いを間近で感じられるプレミアムツアー!
(上妻宏光さんHPより・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生一丁!」“生音にこだわる自分”・・イイですね!!
スポンサーサイト
09 : 13 : 28 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<Kalinka | ホーム | 天使の一座>>
コメント
--でたぁー!!!--

このライブ、こちら九州にもこられるのよぉ~。チラシみて、いきたいなーいきたいなーと思ってた所なのです。
まだ、席あいてるかな~~?
ちょっと遠いし、行った事ない場所だしまだ考え中・・。上妻さんの三味線は聴いたことあるんだけど、その時は、押尾コータローさんとのデュオもあって、その他の出演者も豪華絢爛でスペシャルライブでしたのよぉ~~。
foohtaさん、聴きにいかれるの~?
by: ちゃお * 2007/06/08 12:10 * URL [ 編集] | page top↑
--聴きたいなぁ--

最近三線の方達と一緒に練習しているので、凄く興味があります。
聴いてみたいなぁ。
by: てるお * 2007/06/08 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ちゃおさん、こんにちは。
>上妻さんの三味線は聴いたことあるんだけど、その時は、押尾コータローさんとのデュオもあって、
>その他の出演者も豪華絢爛でスペシャルライブでしたのよぉ~~
ちゃおさん、いろいろ聴きに行ってるねぇ~!
実は、うちのけいぼんは吉田兄弟のCDが好きで、よく聴いてノリノリになってるのですが・・
上妻さんはまたチョッと違う域に入りますかね?
いろんな新しい試みを意欲的に挑戦されてるようで・・・応援したいですね。

♪てるおさん、こんにちは。
>最近三線の方達と一緒に練習しているので、凄く興味があります。
先日、てるおさんのHPで沖縄民謡の三線の方との演奏を聴いてきて・・「三味線とアコーディオン」って以外に合うんだなぁ~、と思いました。
とても素敵な演奏、コラボレーションでした。
桑山哲也さんと上妻さんのコラボも聴いてみたいですね。
てるおさんも・・いろいろ挑戦されてて凄いです。
by: foohta * 2007/06/10 15:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/454-c83a54f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |