FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シルク・ドゥ・ソレイユ
2007 / 06 / 12 ( Tue )
アコーディオン弾き小春ちゃん。。
6歳のときに・・
サーカス団のアコーディオン弾きと目が合って・・
それで・・アコーディオンで生きることを決意したらしい。

ブログの自己紹介にも書かれてるし、
昨年のアコ合宿の時にも、じかに本人から聞いた。

小さい時から、アコーディオンなんか習ってる人っていったら、
cobaさんにしたって・・桑山哲也さんにしたって・・
お父様の影響があったわけだし、
ガリアーノのワークショップでレッスンを受けていた丸茂睦くんだって、
おじいちゃんだかおばあちゃんが弾いてて・・
その影響で4歳から習い始めた・・らしい。

小春ちゃんは違う!!タダモノではないとは思っていたが・・
6歳の時に自らが運命的な・・衝撃的な・・アコーディオン弾きとの出会いがあったのだ。

でも・・
私のイメージだと、サーカスといえば「キグレサーカス」「ボリショイサーカス」。。
いやぁ~!もっと古いイメージかもしれない。。

だから、サーカスといえば・・なんか古くて、暗めのイメージがあって、
「小春ちゃんもお若いのに・・変わってるなぁ~!」ぐらいに考えていた。

そしたら・・先日の小春ちゃんのブログで衝撃的な出会いをしたサーカス団というのが
「シルク・ドゥ・ソレイユ」だった・・というのを知った。

【シルク・ドゥ・ソレイユ】
You Tube動画にありました。コチラです。。
アコーディオン音色は最初から聴こえてきますが・・
アコーディオン弾きさん登場は3分半ぐらいからです。

やはり、私がイメージしていたサーカスとはかなり違っていましたぁ~!
オサレで~~~す!
アコーディオン弾きさんも素敵で~~す!
スポンサーサイト
00 : 38 : 25 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<うたたね | ホーム | 全国ナイスミドル音楽祭>>
コメント
--ブラボー!--

すごいね~!このサーカス。
アクロバティックで、かつ、芸術的~♪
音楽も生演奏なんだ~!

運命的な出会いかぁ~・・
誰しもが何かしら経験してるんだと思う。
foohtaさんだって・・こうしてアコーディオンと出逢ったのも運命的だと思うよ。
by: ちゃお * 2007/06/12 11:49 * URL [ 編集] | page top↑
--かっこいい--

いいですねえ
芸術的な演出でおしゃれなサーカス
by: zen * 2007/06/12 18:57 * URL [ 編集] | page top↑
--大好きです!--

シルク・ド・ソレイユ大好きです!!
もう何を押しても優先して行きます!!
たしか前回のアレグリア2の時のアコ弾きの女性が、私の師匠の家を訪問してアコを弾いたそうです。
私もサーカス大好きで来てれば絶対見にいくけれど、ここは別格ですね。
by: shiho * 2007/06/12 19:59 * URL [ 編集] | page top↑
--サーカスの思い出--

今のサーカスはテンポも速く音楽照明も素晴らしいですね、アクロバチックな群像の中にアコーディオン弾きやクラウンが上手く絡んでいるところは憎いですね。

日本に昭和7年頃ドイツからやって来た「ハーゲンベック・サーカス」が人気で古賀政男さんが「サーカスの唄」を出してヒットしました、その後「木下サーカス」が唯一のサーカスでした。
by: カブトガニ * 2007/06/13 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ちゃおさん、こんにちは。
>foohtaさんだって・・こうしてアコーディオンと出逢ったのも運命的だと思うよ。
ホント!アコーディオンとの出会い・・私にとって運命的です。
しかし・・小春ちゃんの6歳と比べちゃうと、五十路を前にした私が「運命的な出会い!」と言っても「何言っちゃってんだかぁ~!」とか言われちゃいそうなぁ。。。
でも・・こんな晩年になってアコーディオンに出会わせてくれたなんて・・何かきっと意味があるよね。
私ね・・ほんと普段は自信なくて、小さくなって、周りに「スイマセン。。スイマセン。。」言ってるショボイおばさんなのですよ。でも、アコ背負っちゃうと・・自分でも信じられないパワーが出てしまぁ~う!
私がアコーディオンと出合ったことは・・上手い下手には関係なく、きっと何か大きな意味があるに違いな~~いカモ??ね。

♪ZENさんへ
>芸術的な演出でおしゃれなサーカス
ホント演出から・・衣装から・・アーティスティックですよねぇ~!
「シルク・ド・ソレイユ」の本拠地(?)はカナダにあるとか聞いたのですが・・「太陽のサーカス」・・と言いつつ大道芸のスペシャリストが集まって出来たとか・・
いろいろなパフォーマンスが融合されセレクトされサーカスでも大道芸でもない、新しい形のアーティスト集団なのでしょうね。

♪shihoさんへ
>たしか前回のアレグリア2の時のアコ弾きの女性が、
>私の師匠の家を訪問してアコを弾いたそうです。
あぁ~!その話、この間shihoさんに連れて行ってもらった時、shihoさんとK先生がお話してたの、聞いてました。
あの時も・・「アレグリア」とかって私のイメージのサーカスの延長上。。ぐらいにしか考えていなかったのですが・・・
次に来日した時は・・ぜひぜひ見に行ってみたいです。

♪カブトガニさんへ
>アクロバチックな群像の中にアコーディオン弾きやクラウンが
>上手く絡んでいるところは憎いですね。
いやホント!あの、もたついたクラウンの動きのタイミングは凄く難しいんでしょうね。
いわゆる道化のメイク・衣装とは全然違うし、道化師もアコ弾きさんも本来のサーカスとは格が違う感じがしちゃいます。

by: foohta * 2007/06/16 18:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

音楽や、芸術など形として残らないもの、そのときの感動や時間といった流動的なかたちでしか提供できないものを、趣味ではなく、お金をいただいて提供するには、並大抵の努力ではできん(; ;)と痛感しました~~。キモチを入れ替えて、練習します~~v-39
by: mariko * 2007/06/22 08:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪marikoさん、お久しぶりで~す。
>音楽や、芸術など形として残らないもの、
>そのときの感動や時間といった流動的なかたちでしか提供できないものを、
>趣味ではなく、お金をいただいて提供するには、
>並大抵の努力ではできん(; ;)と痛感しました~~。
>キモチを入れ替えて、練習します~~

私もこの「シルク・ドゥ・ソレイユ」の映像を見て、かれらの並々ならぬ努力やパフォーマンスへの情熱を感じ、溜息が出ましたが・・
marikoさんほどの方が「キモチを入れ替えて、練習します~~」だなんて。。。
今だって、普段のコンサートやちんどんのお仕事に加え・・いろいろな新しい企画を手がけられ、その上、イタリアにもアコ留学して常に向上心を失わないmarikoさん。。にも・・
溜息が出ました。
素敵です!カッコエエです!
by: foohta * 2007/06/24 22:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/456-17a42e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。