スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
母は偉大だぁ~~!
2007 / 07 / 13 ( Fri )
先日の七夕コンサートは・・
大成功に終わり多くの親子が楽しい時間を持つことが出来ました。

最初、私に「今年の七夕コンサートでアコーディオン弾いてくれないかしら・・」
と声をかけられたのが、確かゴールデンウィークの頃。
けいぼん兄ちゃんの同じ学年のお母さんからです。

この七夕コンサートは・・
土曜日に学校がなくて、どこにもでかけられない子ども達のために、
多彩な活動の場を企画・準備・運営も含め行っているお母さん達の作ったグループ
数ある企画の中の一つなのです。

このグループには、同じ学年のお母さんが3名ほど参加していて、今回も企画からかかわっていました。
出演者への交渉、七夕コンサートのチラシ作成・学校内配布・参加者集計、プログラム作成・印刷、子ども達の介助や音響関係スタッフのボランティアの手配、会場や出演者の控え室設営・後片付け、当日の司会、出演者へのお弁当の用意・配布・・たぶん私の知らないところでもっともっとあったはずです。

私は出演者として控え室まで用意してもらって、グループのお母さんが忙しい合間に買ってきてくれたお弁当を戴いていると紙コップに入れたお茶まで持ってきてくれた。
あの日も、私達がリハーサルのため早めに会場に入った時には、もうお母さん達は忙しそうに会場準備に追われていた。そして、コンサートが終わった後もみんなよりおそくまで残って、看板の片付けなどをしていた。

この活動を中心になって行っているお母さんのお子さんは、実は進行性の病気で今までに何回も入退院を繰り返していて、ご自宅でも3時間おきに体の向きを変えてあげなければならず、いつもお母さんは睡眠不足状態。それでも、疲れた顔見せず、いつも走り回っている。

七夕コンサートが終わって、彼女にお礼のメールを送ると・・
『こちらこそありがとう。私たちは大した事はしていませんが、
出演してくれる方、見に来てくれる方、みんなの力で凄くいいコンサートになったと思っています。
ありがとう!
音を楽しもうという気持ちで、会場全体が一つになるのって、いいですよね。
foohtaさんは、みんなに伝えよう、関わろうという気持ちがこちらにも伝わり、
とても暖かいステージ、良かったです。
日頃子どもの世話に追われてるママたちに、
別の世界を持つことはステキ!と思ってもらえたら、さらに嬉しいとも思っています。
また、何かの機会に、是非演奏聴かせて下さいね!』

・・・こんなメールが返ってきました。

彼女の偉大さに愕然!そして、感動!

foohtaさんといえば・・日々アコーディオンにうつつをぬかし・・
自分の事ばかり考えている自分を反省したしだいです。

養護学校には・・ステキなお母さんがいっぱいいます。
いろいろな制約・・悲しみ・・のある中で
ひたむきに、一生懸命に、突っ走っている母たち。。
とても、魅力的な方ばかりです。


そして、きょう・・
養護学校を舞台に、しょうがいを持つ子の母が主役のドラマが放映されます。

森昌子、22年ぶりの主演!
脳性マヒと闘う少年がつづった母への愛と感謝の詩…

金曜プレステージ
『お母さん ぼくが生まれてごめんなさい』

<2007年7月13日(金)21時~22時52分放送>
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/07-173.html
スポンサーサイト
01 : 27 : 27 | けいぼん・あきぼん | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」 | ホーム | きままなジャン>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/07/13 09:56 * [ 編集] | page top↑
--ありがとうございました--

とても素敵なお話ありがとうございます。
それぞれの立場がお互いに感動し尊重しあって皆で素敵な時間を作り上げた、という印象を受け、その中で私も同じ時間を過ごせたことがとても嬉しく思います。
与えられているのは実は自分のほうだと気づかされました。
ありがとうございました。
by: shiho * 2007/07/13 20:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪Nさん、コメントありがとうございます。
匿名コメントにこんな風にお返事してよいのでしょうか??
Nさんのコメント・・チカラもらいました。
私自身、しょうがい児の母としてひたすら突っ走ってきた時期、ちょこっとお休みして「アコキチ」おばさんに突っ走っている(進行形ですね)時期を経て・・
しょうがい児の母としての営業・広報活動もやっていこうと・・こころし始めている今日この頃です。
こんな私も・・気力がわかず、人と話したくない・・外に出たくない・・という時期もありました。
今はアコーディオンのお陰で・・パワフルおばさんに生まれ変わり・・
アコーディオン背負ってれば・・けいぼん兄ちゃん連れてでも、どこへでも、なんでも出来てしまいそうです。

私の場合、いろいろ恵まれていると思いますが・・
日頃しょうがいを持ったお子さんの世話に追われてるママたちに、
別の世界を持つことはステキ!と思ってもらいたいと・・私も思っています。
お母さんが楽しむことで必然的にこどもにも幸せモードが伝わっていくと思います。
また、びたみんAccoに遊びに来てくださいね。


♪shihoさんへ
>与えられているのは実は自分のほうだと気づかされました。
ホントにそうですね。。
ボランティアなども・・人の役に立ちたい、何かお手伝いできたら・・
ということで始められると思うのですが・・
結局はボランティアした方が・・与えられている方が多いと思いますね。

しょうがい児の母たちも・・最初は子どものためにと・・大変ながらも、いろいろな活動を始めたのだと思いますが・・
大きなイベントを成功させられた喜びや達成感・・そして、イベントを通してつながり合えたいろいろな人々との出会い・・などなど
お母さん達にもおおきなご褒美はもらえていますね。
この子がいるから・・あれも出来ない、これも出来ない・・あそこに出かけられない・・
と言う前に少しでも何か始めてみなくては・・
とあらためて・・考えさせられました。


by: foohta * 2007/07/15 18:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/490-9974055b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。