スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
モナリザ、アコを弾く!
2007 / 09 / 09 ( Sun )

アコーディオン奏者ミシュコ・プラヴィ(Misko Plavi)
アルバム「スーパー・ベスト・オブ・ミシュコ・プラヴィ」( 9/16発売)のジャケット。

『ミシュコ・プルァヴィ』
作曲家でありマルチ演奏家としても有名な「ミシュコプルァヴィ」
8歳の時にアーティストとして目覚めて以来「Music Around The World」の理念を持って、ユーゴスラビア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、スロペニア、ギリシャ、ルーマニアなどを渡り歩き、1000回以上のライブをこなしている。
 1995年にはポリグラムギリシャとの契約によりプロデューサー、アレンジャー、スタジオミュージシャンを経て1997年にはヴァージンフランス配給の映画のサウンドトラックも手がけた。あのリュックベンソン監督の映画「グランブルー」でジャックマイヨール役を演じたジャンマルクバール監督の映画「Too Much Flesh」や「Lovers」の音楽にも全面参加し、その偉業に対し多くのゴールドディスク、プラチナディスクが贈られた。
 ミシュコの才能は多彩でアコーディオンをはじめギター、オルガン、ピアノ、ベース、フルート、パーカッション、シンセサイザーにまでいたり、それ故、彼のアコーディオンプレイはあらゆる奏法、ジャンルを昇華、融合しオリジナルな世界を構築している。
スポンサーサイト
01 : 20 : 19 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<宮川泰さん、アコを弾く! | ホーム | 美貌のシンガー、アコを弾く!>>
コメント
--ミシュコ--

 大阪で演奏を聴いたことがあります(アルバムも買いました)が、旧東欧出身だけあってものすごく上手いです。リベルタンゴなんて演奏が始まってから数分はそれと判らなかったぐらい。
by: ふつぞう * 2007/09/09 07:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ふつぞうさんへ
ふつぞうさんはもう生で聴いてらっしゃるのですね。
>リベルタンゴなんて演奏が始まってから数分はそれと判らなかったぐらい。
お~~ぅ!始ってから数分もしないとソレと判らない「リベルタンゴ」ぜひ聴いてみたいです。。
by: foohta * 2007/09/12 14:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/568-6c6a6e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。