FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
トゥーツ・シールマンス
2007 / 11 / 13 ( Tue )
【Bluesette】


アコーディオンの技術はいっこうに上がらないが・・
弾いてみたい曲がどんどん増えちゃって困りま~す。

1962年にジャズ・ハーモニカ奏者トゥーツ・シールマンスによって作曲された
『ブルーゼット(Bluesette)』
トゥーツ独特なスタイルである『口笛とギターの1人ユニゾン』での演奏もいいけど・・
アコーディオン・デュオでの『Bluesette』も素敵です!!

トゥーツは、もともとはアコ-ディオン奏者でありギタリストだったそうだ。

トゥーツが37歳のとき、ジャズを演奏しているライブで
そのパフォーマンスに魅了されたのが19歳のジョン・レノン
ジョントゥーツの演奏を見て影響を受け、そのスタイルに憧れ、
トゥーツが当時使っていたリッケンバッカーのショート・スケール・モデルとハーモニカに傾倒し、
自身もトゥーツと同様にリッケンバッカーのモデル#325とハーモニカを使うようになったんだって。
スポンサーサイト
09 : 28 : 27 | アコーディオン | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
<<ボジョレー・ヌーボー解禁! | ホーム | 自分に酔う!>>
コメント
--ブルーゼットだぁ~~~!--

この前この曲やったんですよぉ!それも、クロマチックハーモニカの奏者と!!!ジャズの感じを出すのが難しかったです(涙)左手伴奏をジャズワルツで取りながら、右手でフェイクを弾くときなんて、緊張のあまりぶっ倒れるかと思いました。ハーモニカさんは、めっちゃうまかったです。シールマンスそのものの名演奏でした。
by: yaco * 2007/11/14 00:20 * URL [ 編集] | page top↑
--ブルーゼット--

元々はジャンゴ・ラインハルトに捧げる意味で作られた、と聞いたことがあります。ブルース+ミュゼット、でブルーゼット、なんでしょうね。

桑山哲也さんのアルバム「アカプルコの月」のラストにこの曲が収録されていますね。なかなかいい感じです。
by: ふつぞう * 2007/11/14 06:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪yacoさんへ
>左手伴奏をジャズワルツで取りながら、右手でフェイクを弾くときなんて
お~ぉ!なんと高度なテクニックぅ~~~!!
この「右手でフェイク」が出来る事が私の憧れですが・・どうやって修行したらいいかも分かりましぇん。。
yacoさんはもうかなり本格的な演奏をされる方だったのですね。凄いです。
>ハーモニカさんは、めっちゃうまかったです。シールマンスそのものの名演奏でした。
上手い方と共演することが上達の早道なんでしょうね。
それにしても、yacoさんの「ブルーゼット」聴きたかったなぁ。。


♪ふつぞうさんへ
>元々はジャンゴ・ラインハルトに捧げる意味で作られた、と聞いたことがあります。
おぉ。。またまた、貴重な情報ありがとうございます。
>ブルース+ミュゼット、でブルーゼット、なんでしょうね。
ひゃぁ~!そういうことだったんですね。
ガリアーノさんのタンガリア(タンゴ+アリア)・・みたいな。。



by: foohta * 2007/11/14 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/644-794db2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
( 口笛 )についての最新のブログのリンク集
口笛に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… クチコミコミュニケーション【2007/11/13 10:50】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。