FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ある時は・・「スペイン語講師」!ある時は・・「アコーディオン弾き」!
2008 / 03 / 03 ( Mon )
ZENさんから教えていただいた情報ぅ~~~~!!
NHK教育テレビで放映の「スペイン語会話」
本放送: (木)午後11:30~11:55  
再放送: 再放送 翌週(火)6:00~6:25


でぇ。。
先週の28日放送分で・・
バスク地方ダイアトニックアコーデオンの演奏をやっていたんですってぇ。。

もともと講師のミゲール・アンヘルさんはスペインのサラゴサ出身でプロのアコーディオン奏者
今月号のテキストもこんな感じ。。
09291032008.jpg

番組中にアコーディオン演奏することもある・・かもね。。

番組サイトはこちら・・
http://www.nhk.or.jp/gogaku/spanish/program.html

そいでもって。。
再放送が明日の朝6:00~なので・・今急いでお知らせしましたぁ。
私は起きれなさそうなので。。ビデオにとって観ま~す。
ZENさんありがとさんでしたぁ~。。
スポンサーサイト
23 : 55 : 36 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<トリキ音楽・・エエや~ン! | ホーム | 獲ったどぉ~~~!!!>>
コメント
--聞きました--

ダイアトニック
ミファソーミファミレーー/ファミレファミレミードー
と言うメロディでしたが、なるほど押し引きのバランスを取ったメロディですね。
エキセルシャーのアコーディオンも持ち出してMMLで弾いていました。こちらは3度下のハーモニーをつけていました。
by: たしろ * 2008/03/04 06:42 * URL [ 編集] | page top↑
--ダイアトニックアコ--

押し引き異音のダイアトニックアコはクロマチックボタンよりもマイナーな存在ですが、もともと初期のアコーデオンはダイアトニックから始まっています

スペインやフランス、イタリアはもとよりヨーロッパ中、そして南米などに普及していますがスタイルはそれぞれ

ヨーロッパでの主流はG/CとかA/Dのような5度ずらしの2列の楽器ですがアイルランドではB/CとかC#/Dのような半音ずらしの2列の楽器で独特のスタイルに発展していて日本でも愛好者がいます

押し引き異音のダイアトニックは演奏がややこしい楽器ですが、やってみるとハマりますよ
by: ZEN * 2008/03/04 07:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪たしろさんへ
>ミファソーミファミレーー/ファミレファミレミードー
>と言うメロディでした。
>エキセルシャーのアコーディオンも持ち出してMMLで弾いていました。
>こちらは3度下のハーモニーをつけていました。
どうしてこうゆうの・・あの短い時間でわかっちゃうんですかぁ??
私なんか、ビデオで撮って何回も聴かないと(聴いてもわかんないかぁ。。)。。

この「スペイン語会話」のテーマ曲もケパ・フンケラさんの曲みたいですね。


♪ZENさんへ
>ヨーロッパでの主流はG/CとかA/Dのような5度ずらしの2列の楽器ですが
>アイルランドではB/CとかC#/Dのような半音ずらしの2列の楽器で
>独特のスタイルに発展していて・・
ダイアトニック・アコのこと・・何度うかがっても。。
やっぱりよく理解できないんですわぁ。。
ちっちゃいアコには憧れるんだけど・・難しそうで、奥深そうだなぁ。。

by: foohta * 2008/03/08 00:15 * URL [ 編集] | page top↑
--ダイアトニックアコはハーモニカのようなものです--

以下はちょっとややこしい話なので聞き流してください
実際にやってみないとなかなか理解できないと思いますが、ハーモニカって交互に吹く音と吸う音があって、吹くと吸うでは違う音が出ます
ドレミファソとやるのにドで吹いてレで吸ってミで吹いてファで吸ってソは吹く、このハーモニカと似たような感じでダイアトニックアコも蛇腹をドで押してレで引いてミで押してファで引くという具合です
2列ボタン(2row)の楽器では調の違う2本のハーモニカが並んでいると考えてください
by: ZEN * 2008/03/08 02:58 * URL [ 編集] | page top↑
--ダイアトニック考--

>zenさん
 触った事もないので間違っていたらご免なさい。番組中に出てきたメロディーの押し引き操作を見てみましょう。

「ミファソーミファミレーー/ファミレファミレミードー」

をハーモニカと同じと考えると、押し引きの音価数は
   押引押-押引押引--/引押引引押引押-押-
        押5:引5/引4:押6

 ここで/を挟んで引が続くことを考えると、後半の収め方は納得できます。
しかし、やはりメロディの自由度が制限を受ける結果、どことなく民謡風になりますね。楽器が作る民謡という感じです。

 「押し引きのバランスを取る」
    という制限と
 「総て引きだけ」
    と言う制限とでは

どちらが不自由なんだろう?
歌のフレーズの長さが呼吸の制限を受けることを考えると、「総て引き(コンサーティーナがこれに当たりますか?)」というのはあまり苦にならないような気もします。
by: たしろ * 2008/03/08 07:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

たしろさんはハーモニカ世代ですね
おっしゃるとおりハーモニカとほぼ同様に考えるとわかりやすいと思います
ハーモニカを経験されているかたでしたらダイアトニックアコも
案外右手だけならすぐ弾けるようになりますヨ

最近の学校では汎用性が高いということで鍵盤ハ-モニカを使うのが主流で、吹いたり吸ったりするハーモニカはあまり使わないようですね
昔はハーモニカが広く普及した庶民の楽器で、ハーモニカの名人は和音の伴奏まで付けて演奏する人もいました

ダイアトニックアコでは押し(引き)の音がしばらく続くと蛇腹が閉じきって(あるいは伸びきって)それ以上弾けなくなるので、途中で息継ぎのようにエアーボタンで蛇腹を戻すということもします
左手のベースボタンも押し引き異音なので左手ベースが入るとさらにややこしい

アルゼンチンタンゴなどで使われるバンドネオンの主流は押し引き異音(ディアトニコ)ですが、ボタンの数が多く、押しあるいは引きのみでも音階をなめらかに演奏でき、ほとんどの場合引きのみで演奏することが多いようですね

だからバンドネオンの蛇腹はものすごーくよく伸びる
そして蛇腹をすぐに閉じてまた引きで演奏できるようにエアーバルブを開閉する大きなレバーが付いています
by: ZEN * 2008/03/08 11:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪ZENさんへ
>蛇腹をドで押してレで引いてミで押してファで引くという具合です
この辺はナンとかぁ。。
でもぉ~
>G/CとかA/Dのような5度ずらしの2列
>B/CとかC#/Dのような半音ずらしの2列
ってのが。。全然ん~~。。
こりゃぁ~やっぱり・・
右からぁ~左に受け流すぅ~~。。方が良さそうですねぇ。。
by: foohta * 2008/03/09 23:25 * URL [ 編集] | page top↑
--ハーモニカ--

よく長渕剛とかが吹いている10穴20音の小さなハーモニカ
あれは基本的には半音がなく一つの調の音階しか演奏できないので
いろいろな曲の調(キイ)に合わせるために
C調とかD調とかG調などいろんな調のハーモニカがあるんです
2列のダイアトニックアコには調の違う2本のハーモニカが入っていると思ってください
その2列がGとCの2列だったり、BとCの2列だったりする訳です


by: ZEN * 2008/03/10 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/764-b1f2121f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。