スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サン・ジャンの私の恋人
2008 / 07 / 03 ( Thu )
【サン・ジャンの私の恋人】
3506634.jpg

アコーディオン・ミュゼットのコンピで。。
メダール・フェレーロ(1906-1972)、ギュス・ヴィズール(1915-1977)、ジョー・プリヴァ(1919-1995)
3人のアコーディオンの名手たちによる30年代から50年代の録音を集めたもの。
ジャケットのイラストはロバート・クラム
タイトルとなっている"Mon Amant De Saint Jean"(邦題『サン・ジャンの私の恋人』)
もともと、美人シャンソン歌手、リシュエンヌ・ドリールが
1942年に吹込んで彼女の代表作のひとつとも評されるようになった曲で、
アコーディオン奏者のエミール・カララが作曲したナンバー。

『サン・ジャンの私の恋人』
どんな曲かといえば。。

酒場でお客さんと一緒に歌いながらの演奏。。素敵ね!


スポンサーサイト
00 : 51 : 34 | アコーディオン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ピンぼけ。。『メタボーズ』 | ホーム | ト音記号ブローチ♪>>
コメント
--サンジャンの恋人の思い出--

昭和49年、私が初めてパリを訪れた時、サン・マルタン通りを歩いていると小さなレコード屋のウインドーにEmile CARRARAとブルーの小さなネオンがついていたので、入ってみたらエミール・キャララ婦人の店で、「サンジャンの恋人」の作曲者エミールは一年半前に亡くなったとの事だった。

その後毎年パリに行くたび、彼女と食事したり、手紙のやりとりしてお付き合いしていたが、10年ほど後娘さんから母が亡くなったと手紙が来た。
彼女はエミールと結婚前はムーラン・ルージュの踊り子だったといっていた、会うたびにエミールのLPを頂いたが、サン・マルタン通りの店も無くなった様だ。
by: カブトガニ * 2008/07/03 20:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

♪カブトガニさんへ
ムーラン・ルージュの踊り子だったエミール・キャララ婦人とカブトガニさんのお写真。。
送っていただきありがとうございます。
とっても素敵なお写真!お店の中も素敵ですね。
お若い頃のカブトガニさんにも・・ビックリです!
アップしてもイイかしらぁ~?
by: foohta * 2008/07/03 22:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foohta303.blog28.fc2.com/tb.php/913-57b55875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。